« 物凄い勢いで一週間が過ぎ去っていく | トップページ | そして瞬く間に週末は終わってゆく »

D.C.III ダ・カーポ3プレイ日記(7.5)番外編

だかぽ3プレイ日記番外編として、
多数寄せられたweb拍手コメントへのネタバレ返信特集。
プレイ日記では敢えて避けた部分にも言及しているので自己責任で。

000

テキストオンリーのうえ、長文注意。

> あ~、巴さんは要はくのいちというか忍者なのか~
> なぜかここのレビュー見てて初めて気づいた(笑
> 確かにそれならいろいろと追加ルートとして何か作れる余地は残されてますね
> むしろ前作の某忍者と関係あったりするかも(汗

忍者……?そういえばそれっぽいことを言っていたような、
いなかったような。どんな些細な設定でも拾ってくるだかぽのこと、
前作忍者も拾い兼ねないから困る。

> それと、葛木兄妹にあたえたトラウマの数々とかエピソードとして面白そうというか、> それのためのネタ振りと解釈しておくべきなんでしょうな(サーカスさん的な意味で
> 姫乃というか、その系列の姉妹キャラクターにまで、
> 主人公と同レベルのトラウマを与> えた昔なじみキャラクターって、
> 少なくともシリーズ中にはいないですし、ちょっと楽しみだわい
> 中の人も移植版の際にはヒロイン昇格を目指すとか宣言してますし(汗

既に明言されている、だとッ……!?
過去の例からすると立ち絵が用意されているキャラ=昇格な気がしてならない。

> 最初からフラグ立っているで思ったんですが、
> 特定のヒロインに偏ら?ないように分散して移動したらどうなるんでしょう?
> そういえば誰とも結ばれないエンドってなかったような…。

そうそう、試してないけれどバッドエンドはなかったはず。
初音島編はカウントすることなく風見鶏編へ、
風見鶏編は好感度高いルートに流れる?
どなたか検証求む。

> あとボイス設定で、シャルルさんOFFにすると『またまた~ご冗談を~』、
> ONにすると『よ~しがんばるぞ~』と言ってくれます。
> これまでで一番のごほうびでした。

ボイス設定は真っ先に試していたりw

> 宣言どおり語ります!反転あったらよろしくお願いします!

敢えて反転は無しで!

> まず葵ちゃんルートを始めてすぐ、IIのまひるルートみたいだと思いました。
> 2人とも明るくて能天気で重いもの抱えててどこか儚げに見えたのがそう思った要因かなと思います。

なるほど、言われてみれば確かに共通項。
シナリオのなぞり方も割と似ていた、か?

> しばらくするとほむほむと同じ事してないかと思っていたら本当にその通りで。
> そうなってしまった経緯は責められないかなと。
> もがいてあがいてその結果ああなったわけですし。
> ただ、その代償が見合ってないのがなんとも。

そうかほむほむ!
指摘されるまで気が付かなかったとは迂闊。
「ワルプルギスの夜」なんてワードまで出てたのに!

> で、その前後から流れていたラジオがあんなに絡んでくるとは驚きでした。関係ないですが、葵ちゃんのラジオネームで真っ先に水戸ホーリーホックを思いついたのは私だけではないはず、と信じたい。

これは自分も気付きました。
仕込みとして想定内だったうえ、ネタまで真っ先に気付いてしまったので。
ラジオ関連を『クリティカルネタバレ』で感想カットしてしまったのだけど、
ボツ原稿ではこんなのを用意してた。

> しかし「ホーリーホック」って。
> サッカーの水戸ホーリーホックの由来を知ってる俺には
> まるで伏せられていなかった。

解説すると、水戸徳川家由来の「葵」の意。まんまですな。

> さて、ラジオが絡む辺りは泣きっぱなしでした。
> 特に、2人が連名で手紙を出して読まれるところはあまりにも泣きすぎて
> 自分で引いたくらいでした。
> それからの2人のやりとりは甘いけど安心してみていられるというか恋人通り越して
> 夫婦のような安定感がありました。
> ただ同時にいつかは終わるものという自覚を2人とも持っていて
> 終わって欲しくないと葛藤するあたりはさしもの清隆も完全ではないと
> 気付かされました。この辺りもまひると通ずるかなと。

悲劇の結末が見えているがゆえの、というか。
いわゆる「泣きゲー」が得意とするジャンル。
俺もこのようなゲームを好んでやっている以上、嫌いではないですぞ。

> で、当日。これで終わってどれくらいのロスタイムがあるのかと感慨に耽っていたら
> 何故か終わることが出来ずそのまま終わってしまってぽかーんとしました。
> 肩透かしをくらったかのような。まあそのあと続きになったので持ち直しましたが。

そうそう、頭の片隅では『終わらない』ことを想定していたにも関わらず、
ここは完全にやられた。
『もしかしたら時が動き出した瞬間、葵ちゃんの身体を力の濁流が襲うかもしれない』
とかブラフを入れやがって。

清隆「待ってる!俺に教えてやってくれ!アホだけど、絶対判ってくれる!」

このフレーズがマジイケメンすぎて死ぬ。

> 以上葵ちゃんルートについて語りましたが、宣言します。一番萌えるのはサラ、
> 一番愛しいのは葵ちゃんです。葵ちゃんは俺の嫁!と叫びたい。幸せにしたいです。

いやぁ、葵ちゃんは相思相愛の記憶を持ったまま、
相手がリセットしちゃってる報われない属性がたまらんですよ。俺的に。
最終ルートではやっぱり結ばれない(誰ともだけど)わけで。
そういえば今作、「誰が一番」ってのは無かった。
だから白河を出せとあれほど!

> ここからは、疑問に思ったことなどを書きます。
> その一。過去にも予知夢を持ったヒロインいましたが
>(胡ノ宮神社の巫女さんとか由夢ちゃんとか)、関係あるのかどうか。
> 正直よく分からんです。

「夢」に関する魔法は割とポピュラー(少なくともだかぽでは)なので、
あまり気にすることはないのかな、というのが正直な印象。
ただ、実は関係ありという後付伏線にも使える便利設定は狙ってる可能性が!

> その二。もしzeroでループが解けたとして、葵ちゃんはどこまで生きる事が
> 出来たんだろうか。葵ちゃんの予知夢は本人の主観でしか語られていなくて、
> どれほど正確なのか分からない。もしかしたら予知夢が間違っていたかのしれないし。> ただそれだと悲劇でしかないですね。リッカさんルートで予知夢に関して話していたので確認します。

これは最終ルートでも言えることですな。
思いつく限りでは、①リッカ達の魔法でなんとかした、②運命を受け入れた、
だけど、敢えて答えを提示せずに想像の余地を残したというのが本命。
スピンオフストーリーで語られるのか、否か。
――リッカルートで何かヒント的なものがあったっけ?

> 文字制限近いので続きは後半で!…こんなに書くとは思ってなかった。

個別回答で俺自身が分割してしまっております。
申し訳。

> 続きです。その三。リッカさんルートで出たジル。
> 姫乃ルートでも出ていましたが、何だったんでしょう。何故出てきた?

これは意味深な割に無意味だった感。
リッカ→姫乃の順番だったので違和感なかったけど、逆だったら意味不明では。
リッカルートへの伏線、と考えられるくらいかなぁ。

> その四。疑問でもなんでもなく、葵ちゃんルートを始めるまで
> 初音島編そのものが誰かがいつまでも変わらない時を過ごしたいと願った結果、
> つまり夢オチなのではと思っていました。
> いや、姫乃ルートで似たようなのがあったので。で、願ったのが葵ちゃんか清隆かなと。> この時点で葵ちゃんラスボスなのは確信していたので
> どんな理由でラスボスなのか考えた結果でした。
> 清隆は…意外と主人公が実は真のボスだったとかありそうだなとか思ってです。
> 姫乃ルートと同じ事やったんじゃね?とか。

なるほど。
そこまでの発想には至らなかったものの、夢オチ――というか、
現実世界こそ幻、というのは割と良くある話。
あまりに著名なところではドラクエ6。
ぶっ飛んだところではスタオー3。

> 今度こそ以上です!随分と長く書いてしまいすみませんでした。あ、最後の疑問です。渉と耕助、どっちが変態だと思いますか?どっちもどっちは無しで。

渉は馬鹿な変態、耕助は馬鹿なフリをした変態だと思いました。

> くっ、相も変わらず「ゲーム」を皮肉る荒技を使いおって…!
> 1の全員クリア後にタイトルから選択できるさくらの姿のおばあちゃんからの
> メッセージを読むと、即座にOPムービーが始まるということをやった実績があるわけで。
> 今度はちゃんとシナリオありとは…なんとも…

これなんだっけ?
初代だかぽのギミックなんてもはや忘れてしまったよ……

> そして、パッケージに出てないヒロインが最終ヒロインというブラフも以前やってるわけで。味をしめたか…!遊ばれてる、俺たちは遊ばれているッ!

だがしかし、手のひらの上で踊らされるならば上等!

> ところでシルエットがただ腕をたたんでいるのやら何か抱きかかえてるのやら、ちょ気に

確かに見える。
少なくとも俺は「何か」に気付くことはなかったのだけど、
これ、なにかギミック仕掛けられてるのなら誰か解説頼む。

> 葵ちゃんルートもといZEROルート、地味に最後のダカーポ表示がないんですね
> おかげで本当に終了後に即ジャンクションなムービー挿入なんで初回は結構驚きますね
> しかもそのムービーがまた良曲だったりしますし

そうそう、このルートはあまりに違和感なく連続していたので、
しばらく別ルートに入ったことに気づいていなかった。
意図的に連続にしたのでしょうな。上手い。

> いわゆるギャルゲーのIF同士な扱いであるそれぞれのルートを、
> 今回はあえてこのような束ね方をしてきたのはちょっと意表をついた演出としては
> 面白かったですね

ヒロインごとのストーリーをどう処理するか、特にメディアミックス展開なした場合に
しばしば問題になるのだけど、これは上手い演出方法だなぁと。
もはやまんまアニメ化できる勢い。

> ある意味、三部作のラストだから許されるというか、いるのかわからないですが、
> スリーからプレイしている人は反応がかなり違いそうな気も…(汗

だしょうな。正直ここまで『古参歓迎・新参お断り』で来るとは。
アプローチとしては、3から入って1・2と買ってもらう戦略なのかもだけど。

> そういえば地震ネタは、あえてそれを阻止するという部分が大事であって、
> 地震が実際におこったりしなければそこまで不謹慎ではないのではないかと
> まぁこれもそれぞれの受け取り方しだいなんで、所詮はゲームのネタとはいえ難しい問題ですが…

自分はあまり気にしないタチだが、非日常を楽しむゲームでは
敢えて触れないのが常套かなという思い込みから。反応した時点で俺の負け。

> そういえば、追加ヒロインネタの仕込みといえば、瑠璃香さんの母親が奇術師
> だったりというのもなんだかものすごいおもわせぶりにネタフリしてましたね(笑
> でも今回は声優さんが変更される移植版が存在しない可能性があるというか、
> 少なくともヒロイン追加の第一段階であるコンシューマーゲーム機への移植の際には
> 田村なゆかりんさんあたり以外はほぼ変更なさそうなだけに、
> 後藤邑子さんが体調不良で休業というのは気がかりでありますなぁ…

そうそう、キャスト変更は基本無しという予想は同感。
それを見越したキャスティングというか。
厳密には、さくらの他に2人ほど(でないと困る)変更しそうだけど。
そんなわけで、ゴトゥーザ様の復活を心待ちにしております。

 ◆

書き終えたぜ!正直、思ったより大変で嬉しい悲鳴。
さもプレイ日記は全部終わったような書きっぷりだけど、
(ゆえに敢えて触れていない部分もある)
まだ最後の1回を残しているので乞うご期待!



俺の「だかぽスキー」は元々ネタで始めた節があるのでマジ考察に弱い。誰か補強たのむ

|
|

« 物凄い勢いで一週間が過ぎ去っていく | トップページ | そして瞬く間に週末は終わってゆく »

D.C.ダ・カーポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/54750452

この記事へのトラックバック一覧です: D.C.III ダ・カーポ3プレイ日記(7.5)番外編:

« 物凄い勢いで一週間が過ぎ去っていく | トップページ | そして瞬く間に週末は終わってゆく »