« 10月21日はあかりの日 | トップページ | 数年ぶりに徹カラ行ってみた »

秋のラノベレビュー(80)

ついに80回目のラノベレビュー。
平均3冊ずつ記してるとして、累計240冊か。
どんだけだよ俺。

Dsc03182

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」(渡航/ガガガ文庫)
「アクセルワールド9-七千年の祈り」(川原礫/電撃文庫)
「ゴールデンタイム3-仮面舞踏会」(竹宮ゆゆこ/電撃文庫)

今回も3冊。

【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】
千葉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いきなりなんの叫びかと思われるかもしれないが、
またしても千葉が!舞台!
千葉市立総武高校ですよ!(※実在しません)
くーマジで千葉聖地だなおい!(※たぶん立川には負ける)
千葉横断ウルトラクイズとかめがっさ笑ったわ!

主人公は比企谷八幡。
表紙の少女は雪ノ下雪乃。
このほか、セカンドヒロイン由比ヶ浜結衣、
教師の平塚静、男の娘(と断定)戸塚彩加と――
何故かサブキャラに神奈川の地名がズラリと並ぶ。

ダメな方に残念な比企谷と、
優秀すぎるがゆえに残念な雪ノ下の物語。
正直、この手の話もだいぶ食傷気味で飛び抜けてすげぇ!
ってなわけでもないんだけど、かと言って嫌いでもない。
テンポも悪くない。中の上といった感じ。

なにより千葉加点で高ポイントを獲得。
続刊も見かけたら買ってみよう。

【ゴールデンタイム3・仮面舞踏会】
付き合うことになった主人公、多田万里と加賀香子。
大学生設定にしてもそうなのだが、
これ、ラノベジャンルにしては珍しい設定ではなかろうか。

クライマックスで遂に動き出した、万里の幽霊設定。
加賀香子と、林田奈々のWヒロインが遂に動き出すか!

考えてみれば「田村くん」にしても「とらドラ!」にしても、
Wヒロイン体制(大河とみのりんとか)だったもんな。
やはり氏の持ち味はこれか! 4巻超期待。

【アクセルワールド9・七千年の祈り】
アニメ化決定の人気シリーズ新刊。
表紙は安定の黒雪姫。
だがしかし!
駄菓子菓子!
今巻最大のマックスゲージはそこではないッ!

「……好きです」

新キャラクター・リン。
初登場にして巻頭挿絵を飾っている彼女、
いったい何者なのか、新手の罠なのかくらいには疑っていたが、
まさかそう来るとは……。
思わず我が目を疑って、何度も読み返してしまったぜ。

もちろん黒雪姫も嫌いじゃないんだけど、
リンの破壊力はあまりにあまりだった。

そして6巻から続いてきた「災禍の鎧」編も完結。
<<最強のカタルシス>>の名に恥じない読了感に大満足。

ソードアートオンラインと交互に刊行してきたこのシリーズ、
次回はSOAを飛ばしてAW10巻が登場するようで。
シリーズ初の短編集、さらにSOAとのコラボもあるようなので期待大。



アニメ版AWは何処までやってくれるのか。9巻まで来ると2クールは余裕なのだけど

|
|

« 10月21日はあかりの日 | トップページ | 数年ぶりに徹カラ行ってみた »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/53053544

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のラノベレビュー(80) :

« 10月21日はあかりの日 | トップページ | 数年ぶりに徹カラ行ってみた »