« やまとなでしこジャパン | トップページ | マーゴンは混乱している! »

夏のラノベレビュー(72)

ストックを溜め込みすぎたので間髪入れずにお届けするラノベレビュー。

Dsc00223

「学校を出よう!4」谷川流 電撃文庫
「アクセルワールド6 浄火の神子」川原礫 電撃文庫
「RIGHT×LIGHT8」ツカサ ガガガ文庫

【学校を出よう!4 Final Destination】
今巻の表紙絵の少女は中嶋数花。
彼女が主人公――ではなくて、
例によって物語の語り手として中心になるのは茉衣子。
「巻き込まれ型」なキャラゆえ描きやすいのやも。

のべ350ページほどの物語だが、全てはラスト一行に集約される。

> 高崎春奈が生きている世界が、どこかにある。

んー。
ここで1巻に繋がってくるとは。熱いぜ。

しかし4巻まで読み進めているが、ハルヒもびっくりなSFっぷり。
これが谷川流氏の作風なのか。
ハルヒがあれだけ人気になったんだから、こちらもなにかしらの
メディアミックスの話がなかったとは思えないけど、はてさて。

【アクセルワールド6 浄火の神子】
常に新刊購入を続けてるソードアートオンラインに比べて、
読了ペースが明らかに落ちてしまってるアクセルワールド。

相変わらず黒雪姫プッシュな表紙だが、
今巻のヒロインは新キャラクター四埜宮謡=アーダーメイデン。

ネタバレをしてしまうと、サブタイトルまんまなのだけど、
“アーダー”の意味はまるで思い付かなかったなぁ。文字通りに熱い。

しかし登場キャラクターの年齢がどんどん低下しているような。
元々の設定が設定だけに、上の世代には振りにくいのだけど。
その意味では「ソードアートオンライン」と上手く棲み分けできてるのかな。

ストーリーとしては例によって「続く」なので続刊も速やかに。

【RIGHT×LIGHT8】
「散りゆく雪華と赤い月を仰ぐ夜鳥」がサブタイ。
相変わらずいい意味で厨ニテイスト。
やはりたまにはこの手の王道系が読みたくなるもの。

久々に冬上雪絵が登場して活躍!
と思ったら、なりを潜めていたキャラが活躍=死亡フラグをまさかの完遂。
初期から登場していたキャラクターだけに正直俺も少なからず動揺した。

啓介、友月、アリッサの三角関係(?)が相変わらず絶妙。
なるほどそう来たか、みたいな。
だがそろそろその関係にも進展が欲しいところ。
前々から言っていたが、俺はこの作品が大好きだから困る。



実のところ、全て続刊も読了してる状態。どんだけ溜め込んでるんだ俺

|
|

« やまとなでしこジャパン | トップページ | マーゴンは混乱している! »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/52262441

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のラノベレビュー(72):

« やまとなでしこジャパン | トップページ | マーゴンは混乱している! »