« 3連休中日を満喫するスレ | トップページ | 地球寒冷化現象のお知らせ »

冬のラノベレビュー(63)

さて、新年一発目のラノベレビューは、
あの大好きなシリーズの最新作を、と考えていたが、
あまりに積みすぎてしまっていたので
古い方からまず放出することにした。

Dsc07926

「れでぃ×ばと!10」上月司:電撃文庫
「サクラダリセット2」河野裕:角川スニーカー文庫
「これはゾンビですか?4 うん、先生が最強だよ!」

【れでぃ×ばと!10】
遂に10巻目。
上月氏の著作だけでもう16冊も読んでるんだな。
(カレカノ6巻を含む)

第24話。
ピナとデートというお題目で、みみなと鳳を引き連れてアキバ探訪。
オタク知識前提なこの手の設定はあまり好みではないのだが、
合法ロリなみみな先輩がデレデレで萌えた。

第25話。
セルニアが秋晴をデートに誘う話。
エアホッケーの挿絵は反則だろう。(主に胸部的な意味で)
尾行する朋美を含めて、朋美デート回の真逆設定らしいのだが、
実のところ良く覚えていなかった残念な俺。

番外編。
従育科の女生徒、岡と四季鏡、秋晴と大地のダブルデート話。
お得意の前半秋晴視点、後半が大地視点でネタばらし。

「だって大地君、日野君のこと好きでしょ?」

これは良い直球ストレート!
進展が牛の歩みなセルニア、朋美を一気にぶち抜く大地すげぇ。
番外の位置づけなのでこれからも番外なんだろうけど、
分岐ルートで大地編も最後まで見てみたい気もする。


【サクラダリセット2】
記憶保持能力を持つ主人公、浅井ケイと、
リセット能力を持つ春埼美空ほか、能力者が住まう町咲良田の物語。
シリーズ第2弾。
正直、第1弾はおぼろげにしか覚えていなかったりするので
巻頭のキャラクター紹介はかなり助かった。

今回の中心は、管理局の頂点に近い位置にいる「魔女」。
数々の能力を組み合わせて、
魔女に挑む(ネタバレ防止のためこの表現にしておく)
流れはなかなかにスリリング。リセット能力はまさに反則級の威力。

さらりとキャラ紹介にも描かれてる「野良猫のような少女」が
重要な役割を担っていたとは想定外。
続きが気になって仕方ない。3巻も早く探さねば。

【これはゾンビですか?4 うん、先生が最強だよ!】
「この世に悪があるとすれば――それは人の心だっ!
 インディグネーションっ!」

爆笑。この口上自体は結構いろんなところで見るが、
こんな使われ方してるのは初めてだよッ!

相変わらず絶妙なパロディと斜め上なネタの応酬、
そして空回り感漂う本編。
4巻まで買い進めてるのにストーリーをちゃんと理解できていないのは、
そもそも俺が悪い。バカテスみたいに1話で締めてくれればいいのに。

しかし、今日にもアニメがスタートするようだが、
副題まで入れてナンボなタイトルが完全に出オチな作品、
下手にストーリーを組み立てるとかえって失敗するんじゃないか、
などと無用な心配をしてみるテスツ。

キャラデザが好みじゃないとか、アニメオリジナルの番組ロゴに違和感とか……
まあ文句言わず見てみよう。
テンポが命の作風だけに、案外ビジュアルの相性は良いのやも。



SOAとかココロコネクトとか大作レビューも近日!

|
|

« 3連休中日を満喫するスレ | トップページ | 地球寒冷化現象のお知らせ »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/50551117

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のラノベレビュー(63):

« 3連休中日を満喫するスレ | トップページ | 地球寒冷化現象のお知らせ »