« DS版ドラクエ6プレイ日記(12)シスタープリンセス | トップページ | 久々にカレンダー通りの連休が »

勇者咲耶はギガデインをとなえた!

昨日の日記の話。適当にあんなサブタイつけたばっかりに、
シスプリキャラでドラクエやれとか思いついてしまったじゃないか。
……やりませんよ。

むしろシスプリなんて大昔のネタがちゃんと通じてるのか不安になってきた。
web拍手コメントレスです。

> みんなもっと頑張って!
> ごめんよー
> 読んでたんだけど、面白かったんだけど面白いコメントが思い浮かばなかったんだ(ダメじゃん)

ありがとうございます。
というかむしろコメントがつかないような日記しか書けない俺こそ猛省すべき!
ネタがないがゆえにドラクエ6プレイ日記を連打してるのもちょっと反省。
もう少し続くけど。許してせんせいさん。

>本編クリア後の方がお楽しみ要素満載。プレイ日記はまだ続きまする
> ΩΩΩ<な、なんだってー!!
> こちらのは、ラスボスに三回連続全滅させられたからレベル上げしてるんだぜー!!

いやー。ムーア強かったわー。
ドレアムにフルボッコされる印象しかないもんで、すっかり油断した。
ちなみに、レベルと職業はどんなもんですか?

> 6→4→5みたいなので奴がピンク色の戦士について行くのも間違いがなさそうな...

例によって思わせぶりなセリフだけはかせて結論はないんだろうけど、どですかねー。
そういえば、DS版4の移民の町でも、ホイミンが思わせぶりなセリフを吐いていた気がするけれど。

> あの意味不明エンドは健在か...
> 漫画版で保管するのが良いみたいですね

コミック版というと、バーバラが現実世界に残るあれでしょうか。
あれはちゃんと、実体がない設定との整合性取ってたんだっけ。
完読はしてるはずだけど覚えてないなー。

> 8のラスボスのラプソーンは最高だったじゃない!
> と、思ったらアレはシチュエーション燃えでした。おおぞらにたたかう。

「8のラスボスの」の部分がなかったらラスボスと気付かなかったかもしれない。
それほど印象が薄いラスボスだ罠。
ご指摘の「おおぞらに戦う」は強烈な印象で覚えてるので、シチュ負けと言わざるを得ない。

そんなわけで、ようつべで「おおぞらに戦う」聴きながら、
アニメ感想「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」「バカとテストと召喚獣」2本。

【バカテス】
秀吉オンリーCDとかまたコアなものを!

でもアニメ版秀吉はそもそも売り方間違えてるからな。爆死の悪寒。

本編は覚えていない。
と、今まで半分ネタで書いていたのだが今回は本気で覚えてない。

【ソラノヲト】
燃ユル雪原とは良い副題。
負傷ローマ兵が来訪するにわかに重い話。
……と思ったら、

Dsc06314

一撃でローマ兵少女のハートを(物理的な意味で)鷲掴みにするノエルに蕩れ。

リオが居なくなったところでこの展開は面白い。
シリアスな部隊モノとして見りゃ甘いと言わざるを得ない面もあるが、
最後くらい熱い展開で、相応しい締めに期待。



最終回もあいじょーゆーじょーで頼みますよ

|
|

« DS版ドラクエ6プレイ日記(12)シスタープリンセス | トップページ | 久々にカレンダー通りの連休が »

アニメ感想(10年01月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/47846320

この記事へのトラックバック一覧です: 勇者咲耶はギガデインをとなえた!:

« DS版ドラクエ6プレイ日記(12)シスタープリンセス | トップページ | 久々にカレンダー通りの連休が »