« 今日はぬこの日(ふっふ~) | トップページ | sugar sweet nightmareが至高な件 »

劇場版「涼宮ハルヒの消失」レビュー

少し間が開いてしまったが、先週土曜日にようやく見てきた。
原作はハルヒTVアニメ第1期終了直後に読了。
逆に言えば、それ以降読んでいないので細部は忘れていた状態。

劇場版だけの感想じゃどうもまとまりがつかないんで、
原作版を読み返してから(つまり劇場版→原作版)書いてみることにした。

Dsc06165

原作表紙は朝倉さんだったのか。
長門は他の巻でも飾れるからかな。いまリテイク版出すなら変わりそうだけど。

それはさておき劇場版。(以下ネタバレ注意)
評判良かったのでそれなりに期待はしていたんだけど……
消失長門萌え

なんてフレーズが陳腐になってしまうほどのレベル
ラノベ原作アニメは大失敗作が相次ぐ中、ほぼ唯一の成功事例として、
(とらドラ!は売れたと思うが、原作信者としては微妙)
挙げられるのがなんと言っても「涼宮ハルヒの憂鬱」。
この「涼宮ハルヒの消失」は「憂鬱」を超えたと言ってもいい。

まさかここまでとは。
ここまで徹底的に「原作通り」を踏襲されてしまうと、もはや文句のつけようもない。
どうして他のラノベも同じようにできないのかとさえ思ってしまう。
いやはや。
TVアニメ版の原作再現にも定評はあったが、ここまで周到にやられるとは恐れ入る。
会話はもちろんのこと、キョンのモノローグに至るまで
基本的に抜け落ちている場面はないんじゃないか。

細々としたところ――たとえば、毎朝起こしに来る妹ちゃんとか、
ファミリーマートの場面追加とか(原作では3年前7月7日を確認するときだけ)
原作だとハルヒの番号に掛けているところとか、
(劇場版ではメモリ登録ごと消えている――どっちかというと原作のミステイク)
の違いはあれど、基本的には9割5分くらい原作通り。

印象的だった場面はいくつもあるが、

・朝倉登場時のキョンの取り乱しっぷり
・改変ハルヒとの再会
・文芸部員長門を問い詰めるキョン

あたりのビジュアライズは強烈。
キョンとキョンのやりとりはちょっとオーバー感もあったか。
原作版で挿絵がある場面はやっぱりビジュアルでもインパクトがあって……
というか、インパクトという意味では数十倍にも増幅されていた。
キョンの服を引っ張る消失長門の健気さと言ったらもう!

読み進めていて気がついた決定的な違いは2点、改変時空のキョンと古泉の会話が
踏み切りでかき消されるところと、エピローグ付近のキョンと長門の会話場面。

古泉の場面は原作だと喫茶店(劇場版はファミレスぽいが)の中で
展開されていて、もう少しあっさりしたものだった。
これはよりドラマチックにアピールされてると見るべきかな。
自己主張が少ない古泉にとって、これは注目に値する。

そしてクライマックスになる、長門とキョンの会話。
原作版は病室でのやりとりだった
考えてみれば、病み上がりのキョンが屋上で待ってるのも変な話で、

「……ユキ」

を言わせたいがための、追加設定。
(敢えて説明するまでも無いが雪と由希のダブルミーニング)
改めて文章で説明するとなんだか陳腐だが、
積み上げてきたものがあるだけに強烈なインパクトだった。

あと、やたら強調されてる長門の「エラー」、この遠因が
エンドレスエイトの1万回(及び8回も付き合わされた我々)というのは
結構広く知られてる話で、俺もそうなんだろうと思っていたんだけど、
原作読み返すと、「エラー」というのは宇宙人長門自身の表現で、
キョンは「それが感情なんだ」と言っているな。
改変長門のポジションを思えば、そっちの方がはるかにしっくり来る。

エンディングテーマは「本気の茅原実里」ボーカルで良かったんじゃないかな、
と思うのだが、気になったのはそれくらい。
元々、第1期TV版の頃は、長門にも、茅原さんにもさして興味を持っていなかった俺が、
いつの間にかこうして長門にも、茅原さんにも関心を持っていくに至っただけに、
まったく感慨も深い。

 :

もう一点、これを果たして「劇場版」でやる意義があったのかと問われると、
基本的に「地上波アニメならタダで見られるから」みたいな普段の俺のノリで言えば、
素直に第2期としてやって欲しかった、というのはある。
笹の葉ラプソディ~エンドレスエイト2回~消失全6話構成で
話数的にもぴったりだ。

その前提の上で、消失ならば劇場版をやる価値はあったと言いたい。
エンドレスエイトの失策(商業的にも評判上も)を補って余りあるレベル。
元々、原作でも好評のストーリーだとはいえ、さすがと言わざるを得ない。

設定が設定だけに、一見さん(特に笹の葉ラプソディ未見者)には厳しいが、
触れたことがあるのならば見ない理由はない。
現代ジャパニメーションのトップクラスを味わえる。
とりあえず、見るか見まいか迷ってる奴は行っとくべし。




それはそうと原作版の続編はいつ出るんだろうか。……出るんだろうか



:


:


【おまけ】
拾い物。

            i⌒i ――そんな非日常な学園生活を 、
      ./ ̄\ | 〈|     お前は楽しいと思わなかったのか?
      | ^o^ | / .ノ||
      ,\_// ii|||| バチーン!!
    / ̄   / iii||||||  バチーン!!
   / /\   / ̄\ii||||      .'  , ..
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \从// ・;`.∴ '     
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__〉 < ,:;・,‘  
  ||\        / ̄\.' , ..
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ | ^o^ | やめてください、死んでしまいます
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄, \_/ 
    .||      / ̄   ̄\         
         / /\   / ̄\
       _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_ 
       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__〉
        ||\          \
        ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
           .||              ||


爆笑した


|
|

« 今日はぬこの日(ふっふ~) | トップページ | sugar sweet nightmareが至高な件 »

レビュー(他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/47647066

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版「涼宮ハルヒの消失」レビュー:

« 今日はぬこの日(ふっふ~) | トップページ | sugar sweet nightmareが至高な件 »