« 真冬の寒さだと天気予報は言うけれど | トップページ | ニッポンは大きなメダルを手に入れた »

冬のラノベレビュー(45)

好評不評織り交ぜてアニメ版放映中の「バカテス」と「れでぃばと」。
原作版を急ピッチで追い上げ中。

Dsc06090_3

ということで、井上堅二「バカとテストと召喚獣」6.5巻と
上月司「れでぃ×ばと!」5巻+6巻。


【バカとテストと召喚獣6.5】
・アタシと愚弟とクラス交換
・僕と海辺とお祭り騒ぎ(前編・後編)
・雄二と翔子と幼い思い出

3.5に続く番外編4本立て構成。
召喚獣は出てこない。というか要らな……げふんげふん。

1本目は木下秀吉とその姉・優子の話。
表紙絵にして初イラスト化された優子は見た目まんま女版秀吉で、
性格も(他のキャラとの相対比較で)ぶっ飛んでるわけではないので、
劇中で描かれてるほど“可愛くない”印象ではないんだけどな。

2本目と3本目は本編6巻の続きで、一行が海に行く話。
前編が水着。後編が浴衣。
個性豊かな女の子が居るのに3本連続で女装ネタなのがバカテス。

4本目は異色ともいえる雄二と翔子の幼少期。
普段とはテイストが全く違ううえ、それでいて扉絵の破壊力が抜群。
バカテスの世界観では浮いてるのは確かだが、
1つくらいこーゆーのがあっても。俺は嫌いじゃないぞ。

【れでぃばと!5】
感想書いてる時点ではアニメ版より先行。
あと表紙は釣り

第11話。
ピナ=スフォルムクラン=エストー登場。
今更なんというか……ベタだなぁ。
だがそれが好きなんだ俺は。
オチが思わぬ方向に向かっていったが、
設定の割にはインパクト不足?

第12話。
かなり昔から登場していた中国娘、鳳(フォウ)出番回。
だが、日頃と違った態度を取るセルニアの影に隠れて、
結局目立たなかった感。作者的には色々と設定を用意してるらしいけど。

第13話。
朋美とセルニアによる体育祭決戦。
おお、ようやく本番か!
と思ったらまさかの「つづく」。生殺しだぜ!

【れでぃ×ばと!6】
第14話。
そんなんだからエロコメって言われるんだよ!
服装交換する借り物競争に始まって、上育科が上に乗る騎馬戦。
これはビジュアル映えしそうだ。

第15話。
ちゃんと体育祭決戦の後始末エピソードも描かれてるのはさすが。
一行がトライアクアランドに出向く話。
巻頭カラーイラストがネタバレになってしまってたのは残念。
締めは上手いが、そこに至るまでの心理描写がちゃんと描かれてるから
原作版はいいんだよな。アニメ版はまるまるカットされそうでこわい。

番外編。
大地薫(男装少女)がルームメイトの日野(主人公)相手に、
苦手な組み手を克服する話。
もはや脳内釘宮がノンストップで止まらない




そろそろアクセル・ワールド3巻と4巻をまとめて一気読みしたい

|
|

« 真冬の寒さだと天気予報は言うけれど | トップページ | ニッポンは大きなメダルを手に入れた »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/47578666

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のラノベレビュー(45):

« 真冬の寒さだと天気予報は言うけれど | トップページ | ニッポンは大きなメダルを手に入れた »