« 冬のラノベレビュー(43) | トップページ | ケータイ版ドラクエ3プレイ日記(12)記憶の淵 »

十余年の時を経て蘇る幻の大地

Dsc04800

来ましたぞ。早速プレイ開始。
ケータイ版ドラクエ3終わってないんだけど。
web拍手コメントレスです。

> まぁ、ひだまりラジオとかコメンタリーでも、からかい半分とは言え、ミズハス、シンタス、ゴルベーザに、エロイエロイって言われて、アスミスがわたわたして弁解してるんですけどね。

左様ですか。

> 原田ひとみって、バカテスにも出てるんすねぇ。

それもヒロイン役で!(「メインヒロイン」は秀吉なので残念ながら違う)
いま売り出し中なのかな。
残念ながら、俺のダメ絶対音感はまだイコールで結びついておりません。

> VCといえばバーチャルコンソール!Wiiで懐かしのゲームがダウンロードできるサービスさぁ!
> 実際に使ってるのはWiiウェアばっかだけど。逆転裁判最高。
> 今じゃハードの入手すら難しい古ゲーを、こうして現行ハードやらケータイやらでできるのはよいですな。

ついにVCの正解が判明した!
バーチャルコンソール!すげぇ!
しかし、Wiiはせっかくビンゴ大会で当てたのに売ってしまったんだよなあ。
原資はネットブック→これも売って現VAIO Pと受け継がれてるので良しとしよう。

>「ミユキス」「サワシロン」が初出の、某ラジオでのゲスト回すら「みゆきさん」メインで呼ばれてる罠。
> そういえば、「みゆきち」の由来を知りませぬな。
> 男役が比較的多いからか、運がいい人なのか(「吉」ね)、はたまたまったく関係ない理由か。
> どうでもいいけど、叶ちゃんより工藤くんの方がかわいいんだ。きっと間違ってないと思う。思うったら!

沢城歴十数年に及ぶ俺だが、由来は知らないなあ。
かなり昔から呼んでいた気がするけど。
俺は叶ちゃんの方が好きです。
というか、女の子モードに切り替わったときのギャップが最強。

> ごめんなさい。……理由はおわかりかと思うので、脈絡もなく謝りました。
> …え?わからない?………10時間かけても「ちりつもやまとなでこ」をさらに適切に縮められませんでした。
> まことに申し訳ない。実力不足。

否!さらに適切に縮める必要などないのです!
なぜなら「ちりつもやまとなでこ」が最適解なのだから!

でもこっちの「やまとなでしこ」の方がもっと好きです。

> VC=vocaloid!これぞ正解のはず!・・・よけいに誰得?

おっとまた新たな正解が!
試しに当てはめてみよう。「ボーカロイドウエカナって誰得?」

……申し訳ない。無理だ。
や、一応言っておくとそこまで嫌いじゃないんだよ。好きでもないけど。
トマトは嫌いだけどケチャップは平気くらいには大丈夫。

> 11巻と言えば、インデックスが珍しく、ちびっとでも役に立った時だ。

そういえば活躍してました!インなんとかさん!
うっかり感想に書くの忘れてたけど!

> ようわ、美琴って悪い意味でガキって事だね、戦隊ヒーローが正しいってだけじゃ納得できない事があるなんて言うご時世に余りにも現実が見えてない発言だらけだし。

定期的に現れるアンチ美琴。もう巣にお帰り。
ここの管理人は美琴じゃなくて白井黒子ファンだから。
でもココちゃんの方がもっと好きです。

> でも確か作画監督か誰かが、入浴シーンはサービスで、普段よりゆののチチを増量してるんですって言ってたけど。

誰かが言ったから、じゃなくて個人が感じたとおりに楽しむのが正解なんじゃないかな。
正直、最近のコメントは押し付けがましいものが多いのでうんざり。全件レスやめようか

アニメ感想「刀語」「バカテス」2本。

【刀語】
「名乗りが遅れてしまったな。私はとがめという」
「とがめ? 変な名前」

変な名前言うたら西尾維新作品は全部変だよ!
それにしても、やっぱりゆかりんボイスはいいな!
低音ベースのとがめ声から「ぎゃふん」までハイレベル。
さすがすなぁ。

喋りの言葉遊びが実に西尾維新。
ゆかりんボイスとのコラボレーションは強烈すぎる。

4805

やばい惚れた。とがめ蕩れ。

本編も面白かったが、最大のサプライズはエンディング。
妖精帝國かよ!
忘れた頃にやってくるから困る。

密かに姉ちゃんの中の人(セルニア=伊織=フレイムハート)もいい。
正直そーんなに期待してなかったんだが、これはあり。

【バカとテストと召喚獣】
原作のバカテイストがすっかりシャフト節に染まった頃、

4806

すっかり忘れていた最後の良心、葉月ちゃんが登場!

今回は美波のベタなテンプレートツンデレ話。
こーゆーベタな話、俺は嫌いじゃないぞ!
しかし、どうも水橋かおりボイスはヒロインキャラに合わない感じなんだよな。
原作だと、姫路さんと双璧ヒロインなのに(ただし正ヒロインは秀吉)
どうしても立ち位置が「その他ヒロイン」(ライバルにすらならない立ち位置)
くらいに感じられてしまう。
別に中の人に否があるわけじゃないんだけど……

それと、俺のポリシーとして「オープニング&エンディングは必ず見る」ことにしてるんだが、
あのエンディング曲は余計に後味が悪くなるのでカットすることに決定。
後悔はしていない。



考えてみると西尾維新ヒロイン第1弾が千和さん、第2弾がゆかりんとは分かってるな

|
|

« 冬のラノベレビュー(43) | トップページ | ケータイ版ドラクエ3プレイ日記(12)記憶の淵 »

アニメ感想(10年01月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/47416718

この記事へのトラックバック一覧です: 十余年の時を経て蘇る幻の大地:

« 冬のラノベレビュー(43) | トップページ | ケータイ版ドラクエ3プレイ日記(12)記憶の淵 »