« 冬のラノベレビュー(37) | トップページ | 続溝ノ口太陽族が相変わらずカッコ良い件 »

学習と科学または魔術と科学

頻発するPCエラーは昨日のうちに解消に成功。
調子に乗って「google IME」も導入してみたが、これは凄い。
こんなん無料でいいのか。

googleついでにブラウザの「chrome」も導入してみた。
軽い軽いというからどれだけ軽いのかと思っていたが、
そんなに違いないじゃないか……と最初は思ったが、
常に動作が軽いというのはじわじわ効いて来ると気付いた。
これであと半年は戦える。
web拍手コメントレスです。

> 丸投げすんあwwww
> まぁ冗談抜きに興味があるのならピクシブ、MSN、スカイプで「**」と検索かけて下さい。こちらもお話したいですし。私も鏑木さんのブログ読みはじめて三年くらいは立ちますしね、そろそろ楽しませてくれた分貢献できたら嬉しいです。

どうも私信のように見えるので、一応名前は伏せてみました。
ちゅーことでご連絡しようと思ったのですが、ちょいとこの週末は忙しいものでして。
忙しいというか単に土曜当直なだけなんだけど。

それにしても3年もの長きに渡ってご愛顧戴いていたとはありがたいことです。
こんなダメ日記に。
3年前というと「ラノベレビュー(1)」が3年前の12月だったそうだ。へぇ。

> 原作だと、モテ男ジャミングのお礼にリンゴ飴を渡すんですけど、アニメは別の事に使ったんですね。
> 解釈の違いだろうけど、ノーアイテムでありがとうって言うだけじゃ、デレるには説得力弱いかなぁ。
> その辺はアニメスタッフに任せるしかないのかな。
> にしても、演技と演出がアレで1話で切ってたんですけど、9話まで来て随分質が良くなってるようで。
> 今期見るアニメ無かったし、また見てみようかな。

りんご飴というキーワードはちらほら聞いているので気にはなっているんだけど。
結論としては、ぱんつ

> 雪村さん(便宜上こう呼ぶ)はプレイ前から話の評判が高いのは聞いてたので、12人中トリに回してました。
> 義之の記憶だけ忘れられるツボに入ってたのは、記憶障害と義之の消滅の重複によるものでして。
> ラストシーンの唐突な記憶の復活は、片方(義之側)の事情が解決したのが原因なので、
> (あの世界観では)以外と理にかなっていたりします。いいトリックだけど、説明不足が過ぎるような。

あー……
いま、この4行を読んで、ようやく雪村さんルートの全容を把握した。
この瞬間、ようやくツーボトム(もう1人はいうに及ばず)を脱したわ。
だかぽスキーの俺でさえ分かってなかったんだから、これは説明不足だよなぁ。

> そんなことより、雪村杏について語ってみないか?(宗旨替え)
> なんとおおおおおおおおおおおおお!
> 自分はこの1文でテンションマックスですよ?
> 世間では地味なのが泣けるんですよ・・・。
> あんなにかわいい&レアキャラなのに!

見た目ホシノルリ亜種なのに性格的には杉並とタメを張りつつ、
桜の魔法の影響下にあるという面白みがあるキャラなのに、
こうイマイチ感が漂うのは何故か……

要するに立ち位置が中途半端なのが原因と見た!
ひとりいじられキャラのココちゃんみたいに、
オンリーワンの地位を確立すべきなんだよ!!!!

ついさっき全容を把握したばかりなのに無理やり語ってみた。
アニメ感想「けんぷファー」「にゃんこい!」「とある科学の超電磁砲」

【けんぷファー】
2615

禁断のほちゃ×ゆかりんキター
それだけ。


2616

終盤に出てきたモブ4人衆がまーたキャストで遊んでるようだが、
微妙なだけでなんとも思わない。

【とある科学の超電磁砲】
Dsc02627

カエル顔キタワァ!
ヘブンキャンセラーがこんなところに出張ってくるなんて勿体無い。
時系列は禁書よりこっちが前なので、
美琴たちは先にカエル顔に会っていたということになるんだろうか。

さて本編。前半の時点ですでに最高潮。
いいなぁ、久々に見たど真ん中ストレートの友情物語。
マジ泣き初春可愛すぎるだろ。

それにしても伏線の敷き方が上手いな。
美琴と佐天さんの前回の会話も、美琴が戦う動機にまで作用するとは
ちょっと思いつかなかったし、
さらにずっと前のかき氷にまで意味があったとは思わなかった。
本命は最後にやってくる。
ラスボスだか中ボスだか知らないが、ビリっと解決しちゃってくれ。

【にゃんこい!】
戸松双子まさかの魔法少女!そして無駄変身!
しかも片割れは手動で着替えてて笑った。
しかし今ひとつ盛り上がらないというか、世界観にミスマッチすぎるというか……
要するにこれが戸松の法則


2620

ポッキーは戦う女の子の必須アイテムということで把握した。
私を姉と呼ぶな的な意味で。

ちなみに2002年で立てられた例のあの猫の雪像は
見に行きました


Dsc02621

イケメンニャムサス×目立たない妹ちゃんメイド!
まだ新ジャンル開拓の余地があったとはにゃんこい恐るべしッ……!



けんぷ→けんぷファー。にゃん→にゃんこい。とある→とある科学の。google様すげぇ


すげぇけど「魔術」より「科学」が先にくる現実も目の当たりにした。

|
|

« 冬のラノベレビュー(37) | トップページ | 続溝ノ口太陽族が相変わらずカッコ良い件 »

アニメ感想(09年10月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/46941990

この記事へのトラックバック一覧です: 学習と科学または魔術と科学:

« 冬のラノベレビュー(37) | トップページ | 続溝ノ口太陽族が相変わらずカッコ良い件 »