« Heartful spot10周年のお知らせ | トップページ | 青葉つぐみと大場つぐみって似てるよね »

2009年アニメアウォーズ!に参加する

今年もおちゃつのちょっとマイルドなblog様の
「2009年アニメアウォーズ」に参加してみることにした。
1年間のアニメ総括も兼ねて。
その割には先週の水曜くらいから全然見れてないんだけど。
項目は以下の通り。

・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)

最優秀作品【化物語】
オンエア版はやや疑問符がつく回もあったが、
西尾維新の世界観をビジュアル化した技量は見事。
各キャラクターごとに用意されたオープニングボーカル曲も素晴らしい。
オンエア版最終回も締めとしては最高だった。

特別賞:【そらのおとしもの】
「捨てがたいもの、大穴だったものなど」……俺の中では、
2位という位置づけではなくてダークホース。もしくは化けた作品。
これはかなり迷った。
迷ってるところに滑り込んできたのが本作。
暴走する保志総一朗、文字通り全世界を震撼させた空飛ぶぱんつと見どころ満点。
全力で馬鹿やりつつ、シリアスチックな要素がナチュラルに溶け込んでる作品は
そうそうないんじゃなかろうか。

キャラ部門:男性【上条当麻】

「主人公らしい主人公」という表現が適当なのかわからないが、
主人公の立ち位置で人気があるキャラクターは最近じゃ珍しいのではなかろうか。
このビジュアルは濡れても仕方ない。

キャラ部門:女性【内田ユカ】

OVA入れていいならあの御方で決定なのだがダメらしい。
ということで「アホ可愛い」この子に決定した。
アホ可愛さでは他の追随を許さない。キタエリボイスも至高。
「アホ可愛い」なんてジャンルが他にあるかしらないけど。

OP部門【Only my railgun】とある科学の超電磁砲OP/fripSide
ビジュアル込みの評価、という表現で真っ先に思いついたのがこれ。
というか、正直今年ほぼ唯一と言ってもいい。
fripSide再始動と言われても全くピンと来なかったんだが、
中の人が南條愛乃氏と聞いてこれは驚いた。
一撃でナンジョルノボーカルの虜になってしまったじゃないか。

ED部門【Don't say "Lazy"】けいおん!ED/桜高軽音部
どうせ誰もかもがランクさせるであろう「けいおん!」は
できるだけ外そうと思っていたのだが、これだけは圧倒的だった。
まだキャラクターの名前も把握していなかった第1話、
主人公唯を差し置いての澪ボーカル、本編を覆す勢いのクオリティはただただ圧巻。
数多くリリースされたけいおんボーカルでもオンリーワンにしてナンバーワン。


下書きで用意してしまったのだが、声優部門って他の人の企画だっけ?
途中まで書いてしまったのでそのまま載せておきます。

・主演男優賞:神谷浩史
・主演女優賞:斎藤千和

「懺・さよなら絶望先生」の主人公・糸色望役の神谷浩史氏、それまでのあらすじ役の斎藤千和さん。
まさに今年のツートップにふさわしい。さらに化物語でも競演していたという情報も。

・助演男優賞:保志総一朗
今年の代表作としては「戦国BASARA」「そらのおとしもの」。
出演作全てで氏の声を聴くと笑い出す領域。もう勘弁してください。

・助演女優賞:小林ゆう
画伯。どんな脇役だろうと常に強烈なインパクトを残す印象派。
どこまでが演技なのか、底が知れない。

・新人賞:豊崎愛生
今期一番ブレイクだったことに異論はなかろう。
最高ヒット作「けいおん」の主演であり、豊富な出演作に恵まれたことを考えると、
主演賞も助演賞も総ナメといえるのかもしれない。

 :

昨年に比べると小粒な印象が目立った今年。
10月開始作第2クールの1月期のラインナップはかなり強力で、
ただスタートが去年なんでちょっと選びにくかった(選んでも良かったんだけど)。

それと逆に、はっきり言って微妙な作品も少なからずあり、少なからず見てしまった。
宇宙を駆けたり、夏が終わらなかったり、臓物が出ていたり、ムント様だったり、
敢えてどの作品かは言わないけど。

ということで「他人と同じことをしても仕方ない」をコンセプトに
なるべく「けいおん!」関係は除外しようと思ったのだけど、
結局“Lazy”とあいなまさんが残ってしまった。
さらっと他のサイトをみた感じでは、意外とけいおん総ナメという感じではないようだけど。

毎年の傾向として女性キャラナンバーワンに必ず迷う。
去年が黄泉(喰霊-零)で今年が内田とか何考えてんだ俺状態。
ただ、例えば人気キャラで澪ちゃんを挙げるとして、
もちろん嫌いじゃないけど、俺の中で1位ではないんだよな。
それなら青葉つぐみの方が上、みたいな。
要するに俺はセカンドヒロインの方が好きなんだよ。

そんな分かったような分からないような1年のまとめ。
来年も良い作品に巡り会えますように。



声優部門の千和ヴォイスは毎年ランクし続ける気がする。と去年も書いていた

|
|

« Heartful spot10周年のお知らせ | トップページ | 青葉つぐみと大場つぐみって似てるよね »

アニメ感想(09年10月期)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
僕もどちらかと言えばありがちな選考は避けたくなり迷うタイプですw
人気投票じゃないので、「自分が選ぶならこれだ」でOKです。
「ありがちだろうけど選ばざるを得ないほど好きなもの」はわざわざ外さなくても良いですけどw
で、女性キャラに内田というのはかなりレアな選考ですね。
みなみけのまったりした緩い雰囲気は僕も大好きですけど、みなみけキャラでも特に緩い感じの子ですよね~。

今回も参加頂きありがとうございました!
今後もどうぞよろしく!ではではよいお年を。

投稿: おちゃつ | 2009.12.30 17:03

>おちゃつ様
このたびはありがとうございました。

内田は……一応年間を通して推し続けたキャラクターなのでw
お前は本当に内田がナンバーワンなのか?
と聞かれると返答に窮しますが、余人を持って代え難いのは確かかと!

それでは、また来年もありましたらよろしくお願いします。

投稿: 鏑木 | 2009.12.30 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/47141143

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年アニメアウォーズ!に参加する:

» 2009年アニメアウォーズ! [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
おちゃつのちょっとマイルドなblogの管理人、おちゃつさまからお誘いいただいた企画、『2009年アニメアウォーズ! 』に参加してみました。 と言うことで年末なんですね。 あんまり実感がわかないのですが、もう今日は冬至なのでこういう企画に参加して季節感を感じていないと…時間の流れに取り残されてしまいそうです。 サテサテ…今回のセレクトは以下の要領でセレクトしました。 〜2009年アニメアウォーズ〜 ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 00:48

» 2009年アニメアウォーズ [のらりんクロッキー]
おちゃつさんからお誘いをいただき、今年も参加しました。 おちゃつさんありがとうございます(^-^) ~2009年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品 ・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど)→けいおん!、GA ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 07:27

» 2009年アニメアウォーズ!に参加してみる。 [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 というわけで、おちゃつさん主催の2009年アニメアウォーズに参加してみます。詳細はリンク先を参考にしてください。  最優秀作品  大正野球娘。    晶子さんの唐突な(しかし切実な)思い付きで野球が始まり、仲間達と成長しあい……お話の導入から盛り上がりまで実に隙がなかった。女の子たちの野球が上手くなってゆく姿に感動すらおぼえ、そして辻討(打)ちの真面目なバカバカしさに抱腹絶倒。悪人の居ない、そして微笑ましいヤマトナデシコたちの姿、そして描かれては居ないが20年後の彼女たちの行く末までも考えさせら... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 18:02

» 2009年アニメアウォーズ! [本隆侍照久の館]
『おちゃつのちょっとマイルドなblog』のおちゃつさんからのお誘いもあったとことで、2009年アニメアウォーズ!に参加させていただきたいと思います^^ 去年は完全に見る側で、まさか参加することになるとは思っていませんでした。なんか感慨深いものですね。フフフ…… それはいいとして、詳細です。... [続きを読む]

受信: 2009.12.30 09:12

« Heartful spot10周年のお知らせ | トップページ | 青葉つぐみと大場つぐみって似てるよね »