« 窓7 | トップページ | 禾火のラノベレビュー(35) »

ファンタジー生活第3弾が発売になってる件

2のプレイ日記が思わぬ反響を呼んだ作品の第3弾なのだが、
いつの間にか嫁の数が増えまくってて吹いた。
ほっちゃん、キタエリくらいまでは知ってたが、新谷だの茅原だの静御前だの
俺イチオシの藤村歩氏だのとキャストも凄いことに。
それと今作では「子供」も初期設定で伏せる気ないんだなw
これは買うべきだろうか。
web拍手コメントレスです。

> 解説しよう!ほっちゃんモードとは歌と演技が上手くなるかわりに掃除ができなくなる能力である!

なんという萌えっぷり。
ほ っ ち ゃ ん マ ン セ ー!

というか、ほっちゃんは「歌と演技が上手い」って認識であらせられるのですな。
いやそれでいいと思うのだけど。

> つうかタッチパネル機能いるかぁ?窓7…。

密かに思ってるのはgoogleストリートビュー見るのに便利そう。
対応してるのか知らないけど。
ただ現時点での追加コストを考えると無理につける必要はないのかなと。

> ナデシコ全然しらねぇ・・・とりあえず鏑木さん的におすすめですか?

もう十数年も昔の作品ゆえ、思い出補正が掛かってしまっているのは
否めないし、お勧めと強要する気はないことを前提に言うと、
リアルタイムOA見ていた印象だと「素直に面白かった」と。
やっぱりキャラが立ってる作品は記憶に残るよなぁ。
現にルリルリなんていまだに通じてしまうワードなわけで。

アニメ感想「けんぷファー」「にゃんこい!」2本。

【けんぷファー】
カラオケ回を投入してきたということはキャラソンCD出す気満点だな。
考えるまでもなく、出さないと勿体無い布陣ではあるか。
いっそオープニング水樹奈々、エンディング田村ゆかりでやれ。

沙倉「わたしミスコンに出ます。全校生徒の前で正々堂々とナツルさんに告白します!」
紅音「そんなことはさせませんっ! 私もミスコンに出ます!」

ミスコンで告白なんて一体何処の歌姫だよッ!
そういえば中の人は元々「キラッ☆」な歌姫だったっけ。

よく考えてみると、そんなことさせませんとか言ってる中の人は、
『ミスコンで告白した歌姫』その人だった。もはやなにがなんだか。

【にゃんこい!】
正直俺は

1696

こーゆー健康的なエロスの方がお好みです。

小林ゆう(以下画伯)ボイスのイケメンが登場してどんな展開を迎えるのかと思ったら、
イケメンを根底から覆すぶっ壊れキャラっぷりに吹いた。
これは画伯キャスティングに納得せざるを得ない。
女装少年から男装少女までなんでもアリだぜ!

というかこの作品、普通に人間模様描いてた方が面白くね?


むしろ画伯が全部持っていったというべきか

|
|

« 窓7 | トップページ | 禾火のラノベレビュー(35) »

アニメ感想(09年10月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/46565004

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジー生活第3弾が発売になってる件:

« 窓7 | トップページ | 禾火のラノベレビュー(35) »