« 御礼320000HIT | トップページ | 帰ってきた週末ニート »

CLANNAD聖地巡礼の旅~大地の果て

先週行って来た青森旅行のついでに、ネタとしてひとつ。
目星をつけていたポイントを巡ってきたので、
アニメ版時系列に沿って(俺の行程とほぼ逆)公開。
ベースとなったAFTER STORY第18話レビューはこちら


 ↓

01b

お馴染み「こまだ」の舞台は新幹線「はやて型」の車内と推測。

> この駅のモデルに行ってみたいです。
> って、いつもそんなこと言ってるんだけどさ。やっぱり八戸駅だろうか。
> というか何度も行ってるじゃねぇか俺。(OA時レビューより)

02b

大・正・解!
JR八戸駅新幹線コンコースでした。
ただ、この後出てくる売店は特定できず。
駅中コンビニとデザインが違うのは明らかなので、別の場所がモチーフか。


03a

朋也と汐が乗り換えたこの特急列車は、

03b

JR北海道の「スーパー白鳥」車両。
(写真は同じ車両の「つがる6号」。)

04a1 04a2

その車内で『ガラクタ人形』と戯れる汐。
2枚目のバックに良く分からない模様が描かれているのだが

04b

背面テーブルに張ってある、青函トンネルの説明文だった!
芸が細かすぎる!


  12a

果ての駅として描かれ、朋也と汐が降り立ったこの駅は

10b_2 11b_2

JR大湊線の陸奥横浜駅。
劇中では左から右に列車が入ってきて、右手が終端のように描かれていたが、
実際には左手が終点方向。さらにこの駅は途中駅で、

12b

3枚目の終端だけが、終点の大湊駅であった。


09a

汐を象徴するワンシーンでもあるこの花畑。

09b 14b

陸奥横浜は菜の花の産地らしい。
もう2週間早ければ黄色のじゅうたんが見れたものを!
(右の写真は道の駅「よこはま」にて)

ここまでが下北半島側。


05a

朋也が何かに引き寄せられるように向かった岬。

05b1 05b2

俺はぬこに誘われるように。

06a 06b

大地の果てと呼ぶにふさわしいこの場所は、
下北半島の対岸、津軽半島の突端の竜飛崎。
陸奥横浜からだと半日は掛かろうか。
実際には初日に竜飛崎、2日目に下北半島を攻めてたりする。

おまけ。


15b

竜飛崎の直下には津軽海峡トンネルの「竜飛海底駅」があり、
今回はここから竜飛崎に向かったのでした。人間様の技術力すげぇ。



人生すげぇ

|
|

« 御礼320000HIT | トップページ | 帰ってきた週末ニート »

CLANNAD」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/45321115

この記事へのトラックバック一覧です: CLANNAD聖地巡礼の旅~大地の果て:

« 御礼320000HIT | トップページ | 帰ってきた週末ニート »