« 久々に鳥の詩を聴いて泣きそうになる俺 | トップページ | 野球の神が舞い降りた »

世紀の一戦という形で、堂々と勝負をしたい

と、WBC日本代表の原監督。
この人の台詞はいちいちカッコいいから好きなんだ。
まさしく「サムライ」というか。
こんな人が日本代表を率いているというのがなんとも心強い。

一方特亜はビーンボールの報復を考えていた。

※注:ビーンボール自体が事実無根

WBCの今後を考えると、極東の島国が優勝してしまった前回は番狂わせで、
ベースボール大国アメリカがアジアの小国なんぞひと捻りで優勝を決めて欲しい
という思いが個人的にはあったんだけど。

【21時頃追記】
正直、開幕前に2連覇を真剣に予想した人はどれだけ居ただろうか。
もちろんこのカードが組まれた時点で是が非でも勝たなければならなかったわけだけど、
それを成し遂げるのは並大抵のことじゃないし、やってみせたんだから素晴らしい。
侍JAPAN万歳!

web拍手コメントレスです。

> とあるは一年通してやってもらいたいよな
> ハガレンやるくらいならあの時間帯で一年やれ
> っとハガレンのキャスト変更反対の自分が言ってみる

キャスト変更の好例なんて一つもないのに全く懲りてないスクエニのお家芸。
「禁書目録」はいまどき珍しい原作ストックが豊富な作品だし、
聞いた話では2期やってもまだ余裕があるんだとか。
レールガンが2010年らしいので、2期の実現はさらに先?

> 親父を殺したギレン・ザビも小熊を見て草葉の陰で泣いてるだろう。

武士道とは氏ぬことと見つけたりという言葉もあってだな。

アニメ感想「ハルヒちゃんの憂鬱/ちゅるやさん」「まりあほりっく」「みなみけおかえり」。

【ハルヒちゃんの憂鬱】
やっぱり長門とあちゃくらのパートが一番面白い

【ちゅるやさん】
> 金魚 中 博史

中の人の無駄遣い吹いた

【まりあほりっく】
相変わらず酷ぇオチだ(←褒めてる)

ということで、なんだか分からないうちに最終回。
ネタのストックさえあれば、二期があっても全然不思議じゃなさそう。

【みなみけおかえり】
「おい馬鹿野郎、ちょっと静かにしてもらえない?寝てるから」

06

07

08

20

09

10

12

15

16

18

内 田 最 高 !!
内田・マキ・マコちゃんと俺の好物ばかり取り揃えやがって!

今回の話もそうなんだけど、
決して中心になってるのは内田ではなくて(千秋でありマキであり)、
それでいてこれだけの輝きを放つのが内田の魅力でありアホの子最強伝説。


おまけ。

22

寝ぼけ眼のマキも良いが、手前の子を誰か紹介してくれ。



そしてAパートで力尽きたか……

|
|

« 久々に鳥の詩を聴いて泣きそうになる俺 | トップページ | 野球の神が舞い降りた »

アニメ感想(09年01月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/44448199

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の一戦という形で、堂々と勝負をしたい:

« 久々に鳥の詩を聴いて泣きそうになる俺 | トップページ | 野球の神が舞い降りた »