« 蒸気機関とGreen machine | トップページ | 冬のラノベレビュー(21) »

机上旅行からweb旅行へ

むかしから机上旅行――地図とか時刻表とか眺めて楽しむ――は
よくやってたんだが、今の時代はネットで楽しむことが出来るわけで。
自分では絶対やらないであろう「酷道」探訪は面白かった。
そんなこんなでweb旅行してた今日は一歩も家から出ず。

昨日は毎年恒例の丹沢(神奈川県伊勢原市)に日帰り弾丸してきたので、
その反動もありまして。アウトドア派引きこもり俺。
web拍手コメントレスです。

> もし音●の声が別の人だったら?

コンシューマ厨の俺にしては珍しく、実はだかぽは
アニメ版(初代D.C.)→PC版「D.C.」→PS版「D.C.P.S.」の順で入ってたりします。
なので当然「別の人」も経験しているわけです。

わけですが……覚えてないわ。
「音○=野さく」が強烈過ぎて。PCキャストはこれっきりというのもあるけど。
でも別の人でも誰でもどうでもいいです。理由は「どうでもいい」から。

> なんかもう、ゆかりんボイスだと、どんなキャラでも裏に黒いモノが有る様に見えてしまう。

(・∀・)イイヨイイヨー
最近だとよいちの三女キャラですかね。
芽衣ちゃんもまたしかり。

アニメ感想「ホワイトアルバム」「とある魔術の禁書目録」「ガンダムOO」3本。

【WHITE ALBUM】
おお……遂に名曲が来た。
これはここまでのグダグダっぷりを吹き飛ばす好感触。

「お前って……漫画の主人公みたいな奴だな」

むしろエロゲの主人公みたいな奴だ。
そのまんまだった。

【とある魔術の禁書目録】
御坂「あいつは、無自覚であーゆーことを言う奴なのよ!」

12

まさかビリビリツンデレに俺が心奪われる日が来ようとは。
意識してなかったけど、中の人は今をときめく長女キャラ佐藤利奈さんと知ってまた驚く。
「明日のよいち」に続いて1週間で2度も恋人ごっこを見るとは思わなかったぜ。

次回も御坂絡みで楽しめそうだ。
しかしこんな短編でも脇役に追いやられてるインデックス……

【機動戦士ガンダムOO】
「父親殺しの男と家族の敵を討とうとするする女。お似合いよ、あんたら」

05

小熊「准尉、我々は理想のために(以下略
ケメコ(できるだろうか。わたしに。彼を、サジを撃つことが)

得意のプリップリン体操でテロリズム返り討ち!
それはともかく、どさくさに紛れてなにやってんだ小熊。
父親殺しと言われてムキになっちゃうあたり相変わらずの小物っぷりだが、
セルゲイ派でありケメコ派である俺の怒りゲージは上がる一方だ。

08

吹いた
先週の次回予告さえフェイクと来たもんだ。
お前らいつの間にそんなところまで進展してたんだッ……!
しかしこーゆー場面と白石涼子ボイスが全く結びつかないので、
新鮮というか斬新というか……。
いや、何を言っても言い訳にしかならない位驚いた。

ライル「アニュー。聞いてるか」
アニュー「どうしたの?」
ライル「愛してるよ」
アニュー「!」
ラッセ「まさに狙い撃ちだな!」
独身(30)「ていうかいつの間に?」
ドリル「ですぅ」
ミスター・ブシドー「皆まで言うな。先刻承知だ」

09

さすがライセンサーのミスター・ブシドー。先刻承知だったようです(大嘘)
というか、ラッセの突っ込みが的確すぎて笑った。

サジ「ルイス」
ルイス「サジ」
小熊「母さん」
ソーマ「大佐」
ハブラレ「マリー」
ライル「アニュー」
絶望「ヴェーダ」
刹那「ガンダム!」

各人の思惑が絡みつつ戦闘へ。
矢印の向きがバラバラなのも笑ったが、ガンダムをオチに使うなって!



ハガレン2期は1期を無視して再開するんだろうか。謎だ

|
|

« 蒸気機関とGreen machine | トップページ | 冬のラノベレビュー(21) »

アニメ感想(09年01月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/44000433

この記事へのトラックバック一覧です: 机上旅行からweb旅行へ:

« 蒸気機関とGreen machine | トップページ | 冬のラノベレビュー(21) »