« タモリの器のデカさを改めて知る | トップページ | かえってきた一人糸電話 »

いまさらDQ6プレイ日記(2)幻の妹

さてすっかり間が空いてしまいました主人公ズンイチのドラクエ6プレイ日記。
前回はみんなのヒーローハッサンが仲間になったところまで。

この時点では主人公ズンイチのホイミ、ルカニ以外は殴り攻撃しかできないのに、
雑魚敵が結構強くて困る。
そういえばDQ6は雑魚モンスターが強いんだっけ。
いま考えるとノーコスト特技とのトレードオフなのかもしれない。

そんなわけでレイドック城から東へ進んで下の世界に向かいます。

Dq6_007


●サンマリーノ
昼ドラ愛憎劇のようなイベントを見てからミレーユと合流。
そういえばこんなのもあったなぁ。
この昼ドラ愛憎劇はエスカレートしてDQ7でもあった気がするが、
堀井はどんだけ昼ドラが好きなんだ。

●マーズのやかた~夢見の洞窟
強引に連行されて夢見のしずく回収のおつかいイベント開始。
あれ、ミレーユはまだ仲間にならないんだったか。
ベビーゴイルのギラ連発がマジ脅威。
最深部に辿り着いてブラディーポ戦。「星のかけら」を使うのが定石。

> ブラディーポは混乱している!
> ブラディーポはにげだした!

( ゚Д゚)ポカーソ
おいおい仮にもボスだろう。逃げるなよ。

●再びマーズのやかた
ようやくミレーユが仲間に。
この段階でホイミ、キアリーを覚えててこの後ヒャド、イオを覚えるミレーユは賢者タイプ。
攻撃馬鹿の主人公&ハッサンのパーティに
ミレーユが加わるのは「2」でムーンブルク王女が仲間になったような感覚。
オリジナルプレイ時にそう感じたか不明だけど。

実体化したところでサンマリーノへ。
オリジナルプレイ当時は無視を決め込んでたカジノへ。
言い忘れてましたが今回のプレイではエミュレータ使ってます。

Dq6_010

反則上等。
「プラチナメイル」「ドラゴンシールド」を主人公ズンイチとハッサン分を確保。
これでしばらく敵なしです。

●下の世界レイドック
村の少年ズンイチ、偽王子疑惑で大臣にハメられる。
大臣から訊かれる「妹の名前」は……

Dq6_009_2
(画像クリックで拡大)

ズンイチに実の妹なんていませんから!
いませんからッ!!

何を熱弁しているのだ俺。

●アモール~鏡の塔~レイドック
アモール→鏡の塔と順当に進めてバーバラが仲間に。
上レイドックでイベント済ませて上ムドー城こと地底魔城。
下ムドーは覚えてるけど、上ムドーもこんな面倒なダンジョンだったっけ?
バーバラはロクに鍛えていなかったものの、
ズンイチとハッサン(の防具)が強いのでさして苦戦することもなく上ムドー撃破。

Dq6_015

「気づいたとき わしは……わしは……魔王ムドーだったのじゃ!」

ドラクエ名台詞のひとつとしてあまりにも有名。
分かっていても笑ってしまうな。

しかし理屈は理解してるんだけど、この夢レイドック関係は
もう少しゲーム内で噛み砕いた説明が必要じゃないかと。
練りこみ不足なのか、容量の都合によるイベントカットの弊害なのか分からないけど、
リメイク版の折には追加イベントなり「はなす」システムなりで解消してほしいところ。
上ムドーを倒したところで、次回に続きます。



実の妹なんていません。いませんとも!(ゴルベーザっぽく)

|
|

« タモリの器のデカさを改めて知る | トップページ | かえってきた一人糸電話 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/43235825

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらDQ6プレイ日記(2)幻の妹:

« タモリの器のデカさを改めて知る | トップページ | かえってきた一人糸電話 »