« ハッピーマンデー撲滅委員会 | トップページ | 宅建挑戦記(12)知識の軸がブレている »

喉をやられたかもしれない

愛車であるライフ新型のサイトが公開されている
実はディーラーで営業用資料を見せてもらったことがあるので、
この3タイプというのは知っていたのだが、新型ディーバは概観からして微妙。
先代前期型(つまり俺の型)が持っていた造形美がまるで無い。
ライフパステルは面白い試みだと思うけど。
実車見たら印象も変わるんだろうか。うむむ。

クルマネタ終わり。ウェブ拍手コメントレスです。

> あかねいろには原作だと実妹とのピーのシーンが有るんだから、
> DCIIPCにはさくらさんとのが有ってもいいと思ったりする

あかね色の妹ちゃんは攻略対象なのか!
昨今のエロゲ事情にはさっぱり疎いものでして。
さくらさんはどちらかというとポジション的には「親」だからなぁ。
そーゆー系のお話というのもアリなのかもしれませんけれども、作風的にはどうだろうか。
どうせならアイシアをですね(以下自粛

しかしアイシア=宮崎羽衣(ニアイコールではなくてイコール)な印象ゆえ、
「P.C.」はどうなるんだろう。
ああ、これが「原作厨」が感じる感情ってヤツですかそうですか。

> ツンデレは、夏目さんくらいライトなのが良いな。
> ルイズのアレはキツスギテ、マの付く属性の人じゃないと無理だろう。

俺称するところの「ハードツンデレ」ルイズに関して激しく同意。
二次元の趣味嗜好に好き嫌い言い出したらキリがないのは承知だが、
少なくとも俺の嗜好に合わないのは確か。

夏目さんって誰だろう……と思ったんですが、ひだまりでしょうか。
ソフトツンデレというか、昔ながらのツンデレって感じですな。

> 早くなずなと乃莉を、コミックやアニメで観たいなぁ、
> 自分的なCVイメージは、なずなは福原香織、乃莉は伊藤かな恵です。

福原香織はらきすた以来見ないなぁ。残念賞。
伊藤かな恵はしゅごキャラの主役の人ですか。迂闊にして全く存じませんでした。
この業界も栄枯盛衰が激しいですな。

> ひだまり小説の三巻出ないかなぁ、一緒テスト勉強したり、焼き芋したり、
> 夜の学校探検したり、一味違った処が観れて良いんだよなぁ。

小説版どころかコミック版すら見たことが無い俺で申し訳ありません。
ということで、時間ができたらまずコミック版から入りたいと思います……。

アニメ感想「喰霊」「ef」「ケメコデラックス」3本也。

【喰霊-零】
Dsc07847

ゴツイアナゴが!しかも2体!!
これは強烈なインパクト。

これまで公式でメインとされてきた5人組はマジで全滅らしい。
スポンサークレジット背景も真っ黒だったし。
公式サイトの扱いもさることながら、
あれだけ一線級のキャストを揃えておいて、とんだフェイクだ。

茅原ヴォイスの少女もまさか今回限りなのか?
これでお亡くなりなんてことは……ないよなぁ。

【ef~a tale of melodies】
「ユウくんは妹は、要らない?」

要らないんならその妹をひとつ俺にください。(まっすぐな目で

人懐っこいコスプレ娘でも良いです。

【ケメコデラックス!】
第2話にして妹キャラたまちゃん(12歳)メイン。
全力で掴みに掛かってくるな!

Dsc07849

「な、なんなのこの部屋……突っ込みどころが多すぎるうえに、
 どの角度から突っ込めばいいのか分かんない……」

とりあえずだんご大家族に突っ込みを入れるのがよろしいかと。
これはきっと、
たまちゃんファミリーがだんご大家族のように仲良しという隠喩に違いない!(超適当)


Dsc07850

糸色先生、お久しぶりです
まさか絶望先生がパロられる側になろうとは……いやはや。

「兄弟喧嘩はいずれ全てを壊す。古今色んな例があろう……」
「そして、角川●☆@※□

電撃=メディアワークスって角川系ですよな?
第2話にしてスポンサーをも恐れぬこの所業!
にしても飛ばすなぁ。中身は無いに等しいが、演出小ネタパロディ、
その他もろもろ勢いだけで飛ばす意味では最強。



ミズキ&タマちゃんの中の人は今期のダークホースかもしれない

|
|

« ハッピーマンデー撲滅委員会 | トップページ | 宅建挑戦記(12)知識の軸がブレている »

アニメ感想(08年10月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/42790349

この記事へのトラックバック一覧です: 喉をやられたかもしれない:

« ハッピーマンデー撲滅委員会 | トップページ | 宅建挑戦記(12)知識の軸がブレている »