« DS版DQ5プレイ日記(1)少年は三たび旅立つ | トップページ | 記事ナンバー1199と08年7月度検索ワードランキング »

熱血バトル魔砲少女と心に響くマホウの物語

敢えてヌルーしようかなぁと思ってたんですが、
反響の大きさに無視できなくなってきました。

完全新作と言われてもなぁ。わざわざ見に行く程熱狂的なアレでもないし。
「The MOVIE 1st」ってことは「2nd」もやるつもり?
むしろ「2nd」の劇場化が本命とみたね。
中の人は同じぽいんで、新テーマソングには期待しておきます。

さて小ネタ。

Dsc06924

いつものブックオフめぐりで「ヒビキのマホウ」2巻を購入。
1巻はだいぶ前に購入して既読。
原作がKeyの麻枝准、絵師が依澄れい氏。

元々だーまえ節スキーであるところの俺に依澄れい氏によるビジュアルは超強力。
第2巻1話目収録のストーリーから涙腺緩むとは思わなかったぜ。
この作品はもっと高く評価されるべき。
……と思うんだけど続刊が出て無いんだな。
まだ本編は続いてるぽいんだけど。鏑木はヒビキのマホウを応援しています。

さらにweb拍手コメントレス。いつもありがとうございます。

> まひるルートは、ちょこちょこ可愛いさくらさんが見れる。

ベースがさくらさん主催の年末合宿ルートですからねー。
はりまおを頭に載せたさくらさんが見られるのもこのルートでしたっけ?

> 風見学園七不思議って、無駄に怖すぎません?

あぁ、確かに……。基本的に怪談は平気なんですが(ましてゲームだと思ってやってるし)
「名医」の話なんて出来すぎですよね。元ネタはあるんだろうか?

> 待ってましたリプレイ! …でも私は5に好印象がないのですよ…
> SFC版で、相手がリスクのない高威力攻撃してきたから…

何をもって「ノーリスク高威力」なのか文面から判断できないんですが、
敵より味方の「ノーコスト高威力」攻撃の存在が個人的にNGだったりします。
要するに消費MP0の特技系統だったりするんですが、
仲間モンスターに限られていた5はともかく、6・7の惨状は目を覆うばかり。
8を個人的に評価してるのはそのあたりのバランスが取れていたからだったりします。

5の場合、序盤にブーメラン、チェーンクロスといった集団攻撃武器があるものの、
逆にこれがないと集団の敵(スライムナイト×6とか)に対処できないわけで、
ゲーム全編通しても(魔法軽視の傾向はあるものの)極端に特技偏重なわけでもないし、
絶妙なバランスだと思っております。
ちなみに4人パーティのリメイク版はヌルめという認識。
「FC版ドラクエ2」の世代なもので、元々難度高めの方が好みという補正はありますが。

> Ⅴは自分の金で初めて買ったゲームなので、レビューが本当に楽しいです。
ありがとうございます。ビアンカ派でしょうかフローラ派でしょうか。
5は自分も思い入れのある作品なのでじっくりレビューしたいなと思っとります。
事情があってなかなか進んでないのですが、お付き合い頂ければ幸いです。



ちなみに未だにラインハット付近をうろうろ

|
|

« DS版DQ5プレイ日記(1)少年は三たび旅立つ | トップページ | 記事ナンバー1199と08年7月度検索ワードランキング »

アニメ感想(08年07月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/42016991

この記事へのトラックバック一覧です: 熱血バトル魔砲少女と心に響くマホウの物語:

« DS版DQ5プレイ日記(1)少年は三たび旅立つ | トップページ | 記事ナンバー1199と08年7月度検索ワードランキング »