« 俺だれ?ごまダレ | トップページ | D.C.II P.S.プレイ日記(14)忍んだ末にこだわりの終演 »

これが本当の武勇伝

女子中学生、テント押すヒグマ撃退 妹と思い蹴る、知床(asahi.com)

( ゚Д゚)クマー

さて、web拍手コメントレスです。
プレイ日記関連は数多く頂いているんですが後ほどまとめて。

> D.CⅡImaginary Futureは巻末の四コマもイイんですよ

買うか!買うべきか!むしろ買え!
昨日のブックオフめぐりでついでに探してくるべきだったなぁ。
SNOWのコミック版(全1巻)なんて買ってる場合じゃなかった。


Dsc06906

さすがに全1巻では尺足らずもイイトコだが、そんなことは些細な問題で、
裏表紙のしぐれと芽衣子がやべぇ。ジャケ買い上等

アニメ感想「狂乱家族日記」「セキレイ」「ゼロの使い魔」3本。
誰だよ全部微妙とか言ってる奴は!(俺です

 ↓

【狂乱家族日記@tvk】
二十歳で人妻で魔法少女で何が悪い!(→参考サイト

もういいから落ち着け。(主に俺が)
帝架は今回ですっかり妙なキャラクターが定着してしまったな。
これは当番回大活躍の伏線と願いたい。
全然関係ないが千花&優歌の戸松遥&花澤香菜コンビはなかなか強力と理解した。

【セキレイ】
また花澤香菜か。最近この声ばかり聴いてる気がするが、
段々とこれはこれでありと思いつつある俺ガイル。

だがこれみよがしの萌えキャラ投入のうえ、
説明不足の駄ニメではついていきようもなく。永遠にさようなら

【ゼロの使い魔3】
なんとティファニアはエルフだった!!

……ファンタジー世界でエルフなんて常識すぎて、これでどう驚けと。
おまけに第3話になっても詰め込み設定の説明が続いてる状況は無理があるなぁ。

さて。
キャラソンは歌の上手い中の人を宛てがえと常々主張している俺ですが、
能登のボーカルはうわ何をするやm



せっかく共演してるのだからここは川澄&能登のデュエットで(以下自粛

|
|

« 俺だれ?ごまダレ | トップページ | D.C.II P.S.プレイ日記(14)忍んだ末にこだわりの終演 »

アニメ感想(08年07月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41928745

この記事へのトラックバック一覧です: これが本当の武勇伝:

« 俺だれ?ごまダレ | トップページ | D.C.II P.S.プレイ日記(14)忍んだ末にこだわりの終演 »