« 夏のラノベレビュー(16) | トップページ | 心にふれるRPG(笑) »

D.C.II P.S.プレイ日記(最終回)夏の夜の春風

ダ・カーポ2プラスシチュエーションプレイ日記第15回。
web拍手コメントレスです。

>今回最終回と予告しましたが、あと1回だけお付き合いくださいまし
> わっふる!そういえば、実際にプレイしているときは音声は聴いてるんですか?

たいていこの手のゲームをやるときは「1センテンスだけ」聴いてます。
ボイスを堪能しつつテンポ良く進める妥協点です。
D.C.IIではテキストと微妙に違う読み上げをしたりする場面も多々ありますし。
多いのは「…………」表記でヒロインが何か呟くパターンですが、
テキスト表示と全然違うフレーズを読み上げる芳乃さくら(CV田村ゆかり)なんて荒業を繰り出す
al fine追加ルートに至っては反則にも程がある(笑)

> 全キャラクリアお疲れ様でした~ 今回は隠しキャラ日記でかなりでっかいネタバレでしたね。
> 前作では頼子さんや叶さんは隠しだったんですよね。普通に公式に出てるのでつい忘れがちですが…

どうもありがとうございます。そういえば頼子は大元は隠しだったような気がします。
猫耳メイドはアニメ(初代)にも出てきたくらいで途中から全然隠す気ゼロでしたが……。
叶は隠し扱いでしたっけ?完全に忘れていました(笑)

> 植田佳奈さんと言えば、最近深夜番組でナレーションをされていて驚きましたが……つんでれ忍者ですか。
(一部ネタバレ反転施してあります)

なんだったか忘れましたが、自分も意外なところで氏の名前を見た記憶があります。
忍はツンデレというよりデレデレ」というのがふさわしい気もします。
もはやネタバレ反転だらけでなにがなんだか。

> 前期のライダーに変身する度に他人の記憶から消えていくライダーがいまして彼の名も、さくらいと言う

それはインスパイヤされたに違いありません!(事実無根)
どっちがどっちをインスパイヤしたのかは追求しないのが大人の対応というものです!(偉そうに勘違い)

さて本題。
初回版の特典について触れて締めたいと思います。


Harukaze1

調べたところではPC版「D.C.II」に先駆けて配布されていたのが、
「春風のアルティメットバトル」。
その「P.S.」仕様とでも呼べるものが「春風P.S.」らしい。
とりあえずプレイ開始です。

> 時は流れる―ー
> 流れ続ける――
> 無常に――
> 絶えることなく――

さくら(CV田村ゆかり)で始まるモノローグ。
ゆかりんヴォイスのモノローグはどんな場面でも反則球だから困る。


Harukaze2

小恋・麻耶「なんで焼きおにぎり屋なの!?」

また小恋ちゃんにお会いできて嬉しい限りです俺。
まだまだ小恋ちゃんいじりが楽しめるなんて!
素晴らしい、素晴らしいぞ春風P.S.!

PC版がどうだったか知る由もないが、少なくともPS2版は本編と同スペック。
もちろんコンシューマキャスティング。ってことは、なに?
「春風P.S.」って特典のためだけに音声新録してるの?
なんという大盤振る舞い……

そんなわけで時期は本編の9ヶ月前、1年前の卒パが舞台のようで。
本編中でちょろっと言われていた「卒パ」を追想できるわけですか。
もっともPC版は本編より先行だったわけで本来は逆だったんだろうけど。

> 俺はしばらくの逡巡の後、小恋の両肩を掴んだ。
義之「あの、さ……小恋」

小恋「ひゃい!」

以上、最後の小恋ちゃん祭りをお届けしました。


Harukaze4

美夏「せっかくの初回特典なのだ。そのくらいの恩情があってもいいように思うのだが……」
エリカ「わたしからもお願いしますわ。新キャラでいたらない身ではありますが……」

春風本編終了後(クリア後?)に登場する「Curtain Call」。
エリカが出てきてるということはこの部分は完全新規っぽい?
本編で直接絡まない二人が、妙に生々しいこと言ってて笑った。

ということで全編でプレイタイム2時間くらい。
面白かったのは杏編かな。やっぱり杉並が絡むと面白い。
選択肢も少なく、ゲームとしては極めてシンプル、おまけには違いないんだろうけど、
この特典版のため「だけ」に、
コンシューマキャスティングで録り直す気合の入りっぷりには驚いたですよ。

初回特典はまだ3つありまして、レビューのしようが無いサントラは割愛。
「らぶらぶボイスキーホルダー」は未開封。ということで、残る1つ。


Harukaze5

「D.C.II~ダ・カーポII TVアニメRemix-DVD」
Remixなどと言っているが、その中身はアニメ版ファーストシーズン全話を
ダイジェストで25分に圧縮したもの。
高垣彩陽(音姫)、南條愛乃(小恋)、浅沼晋太郎(義之)の3氏が担当する
オーディオコメンタリー版を聴いてみた。
小恋の中の人って「なんじょうよしの」って読むんですね。知らなかった(酷ぇ
『よしの』かぁ。へぇ。

特典としてはこれくらいが妥当ですよね普通。
春風プラスシチューションとか、頑張りすぎ。
ファーストシーズンは正直どうでも良いので、
どうせならセカンドシーズンのコメンタリーを聴いてみたかった。
(どっかで出てたりするんですかね?)

せっかくなので最終話のシーンから2つほど抜粋。


Harukaze6

「あれ?ピアノ弾いてるの誰?」
「杉並くーん」
「これ杉並ですよ」

なんで杉並がピアノなのwww
全然気付かなかったというか意味がわからねぇ!


Harukaze7

「この歌もね、スタジオで録って凄いですね、ホントに」
「そうですね、このままね」

渉がオプーナに見えて仕方ないのはさておき(画像クリックで拡大)
スタジオ収録したという茅原の中の人すげぇ。
アニメ最終話はリアルタイム視聴時以来見てないんだけど、確かにボーカル版とは違う。
ちなみに意味不明エンドと名高いななかエンディングでしたが、
この「桜笑み君想う」はかなり好きなボーカル。というか毎日のように聴いていたり。

何故か最後をななかで締めてしまった。
ななかに始まりななかで締める!(本編評価Cだけど)
D.C.IIプラスシチュエーションプレイ日記これにて完結!

引き続き感想、質問その他諸々ありましたら遠慮なくどぞ。

【再掲:キャラ別評価】
S:アイシア(S+)・さくら
A:音姫・エリカ・まひる・由夢(A-)
B:小恋・茜・杏(B-)・莉乃(B-)
C:ななか・まゆき・麻耶・忍・美夏(C-)


初回限定版今なら幾ら位で売れるかなぁ(生々しい

|
|

« 夏のラノベレビュー(16) | トップページ | 心にふれるRPG(笑) »

D.C.ダ・カーポ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41977232

この記事へのトラックバック一覧です: D.C.II P.S.プレイ日記(最終回)夏の夜の春風:

« 夏のラノベレビュー(16) | トップページ | 心にふれるRPG(笑) »