« クロノカウントダウン | トップページ | お届けものです~2008夏 »

D.C.II P.S プレイ日記(8)小鳥遊とことりは無関係

小鳥遊とかいてタカナシ。
現職場の前課長がタカナシという名前でした。漢字は普通のタカナシ。
正直あまり良い思い出はありません。
もちろん小鳥遊まひるとも無関係。白河ことりも無関係。

あぁ、朝倉姉妹はまだかって? あせんなって!(ティーダっぽく)

Dsc06226

女子生徒「わたしが……わたしが見えてますか?」
女子生徒「わたし、小鳥遊まひるって言います!付属の1年生です」
まひる「あの、実はですね、先輩」

まひる「わたし、幽霊なんですよ!」

いやぁ、幽霊設定は正直予想できていたのでいいとして、
広橋涼ヴォイスの能天気少女もいいものですな!
いい。実に良い。

ということで、攻略難度が高くちょっぴり舌ったらずなまひるルート。
どうやら条件としては七不思議を全部聞くと入れる、らしい。
「場所選択」なんかで何も無いところを選択していかなければいけないので、
自力でやるには骨が折れそう。(いつだって攻略サイト頼りな俺)
一方で、他のキャラルートに入らないように進める必要もあるので、
帰宅時は「芳乃家」直行になるんだけど、
まっすぐ帰ると意外とさくらさんと会えたりするのね。
他のシナリオだと常に不在なイメージがあるので意外な発見。

さくら「やあやあ、みんな。遅くなっちゃった。ごめんごめん」
さくら「あれ~言ってなかったっけ? 補習授業はボクが担当することにしたんだよ」
さくら「ちなみにボクは板書が苦手なので、あまり黒板をつかいません。そこのところ、よろしくね」

芳乃先生キター
そういえば『I』でもありましたっけ。芳乃先生。

義之「それで、食事ってどうするんですか?」
水越「そんなの、決まってるじゃない」
水越「鍋よ!」

鍋ktkr!!
いや、鍋だよな。鍋に決まっていますとも

麻耶「はい、注目~。今日のボランティアですが、桜公園の掃き掃除をしてもらいます」
> 知ってのとおり、年中桜が枯れないこの初音島において、桜公園の花びらほど手ごわいものはない。
> 清掃業者も『桜公園がある限り安泰だ』と言われているほどの桜の量だからだ。

この桜が散ってしまったら清掃業者も商売あがったりじゃないですか。
さくらさんも罪な人だなぁ……

 
Dsc06230

小恋「……えへへ」
まひる「…………」
> 右手のほうを見ると、まひるが頬をふくらませながら、そっぽを向いていた。

杉並企画の納涼肝試し(大晦日だけど)。
義之のペアになったのは小恋ちゃん。
義之と手をつないで嬉しそうな小恋ちゃんにはもちろんまひるの姿は見えておらず。
これは酷い噛ませ犬っぷり!
もう小恋ちゃんはミス噛ませ犬とでも名乗るがいいよ!

まひる「好きなんです」
 「先輩のことが、大好きなんです」
 「おかしいですよね。わたし、幽霊なのに」

まひるの告白。女の子からの告白はもはやデフォルトのようで。

まひる「ばかですね、先輩」
 「わざわざ幽霊なんて選ばなくても、いっぱい恋人候補がいるのに」

その数、なんと12人以上!

> 嫌な予感がする。
> いや、それは予感というよりも確信。
> 来るべき未来への、確かな足音。

ふむ、このシナリオの義之はずいぶんと鋭くてよろしい。
考えてみれば、幽霊のまひると魔法で作られた義之って
すげー組み合わせだな。ありえない。
まぁ宇宙人もかなりありえないけど。

まひる「未練が解消されてるんです」
 「わたしの中にある未練が、少しずつ解消されているんですよ、先輩」
義之「一緒に頑張ろう。もう、止めようなんて言わないから」
 「最後のその瞬間まで、一緒に居よう」

なんと男前な義之か。
別の結末を知っていると「義之自身」とオーバーラップしてみてしまうなぁ。
それも狙ってやってるんだろうけど。

まひる「幸せになってね、先輩

『さよならの向こう側で』仕様のエンディングは初めて見たのでこれは迂闊にも。
最後の別れの場面からボーカルを乗せて、
そのままエンディングに流れ込むアニメ的演出は卑怯じゃないかッ……!


Dsc06253

義之「こんにちは」
??「え?」

正直ベタだが、俺はベタな展開は大好きなんだぜ?

ふむ。
実は「D.C.I」にも幽霊少女の話はあってだな、
これがすげー駄シナリオで、正直、まひる編も全く期待してなかったんだがこれは当たり
幽霊と真逆の位置にいるような広橋涼ボイスの好演も光る。
地味なところで「ディスクチェンジ」のタイミングも絶妙。
あんなタイミングで来るとは思ってなかったので思わず唸ってしまったぞ。

D.C.IIの根幹たる桜の魔法とは全く関係ない話ではあるものの、
こんな王道悲恋モノがあったっていいじゃないか。
そんなわけで、

まひるシナリオ:評価A

ここまでのまとめ
A:エリカ・まひる
B:小恋・杏(B-)
C:ななか・まゆき・美夏(C-)


次回予告:正義の魔法使いに大切なこと

|
|

« クロノカウントダウン | トップページ | お届けものです~2008夏 »

D.C.ダ・カーポ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41736290

この記事へのトラックバック一覧です: D.C.II P.S プレイ日記(8)小鳥遊とことりは無関係:

« クロノカウントダウン | トップページ | お届けものです~2008夏 »