« お届けものです~2008夏part2 | トップページ | D.C.II P.S.プレイ日記(13)茜色に染まる麻耶 »

夏のラノベレビュー(15)

実は先週の北海道旅行中に読んだラノベ(4冊半)の
レビュー記事でも書こうと思ったら、
それ以前のネタストックを放出してなかったことが発覚。
うっかり前回から2か月以上空いてしまいました。
今回分を読み始めたのはゴールデンウィーク頃からだったと思われます。
そんなわけで今回はレビュー4冊。

Dsc06082

【彼と彼女と召喚獣・1&2巻】
やたらと評判が良かったのは知っていたのだが、
ブックオフに4巻まとめて置いてあったので購入。
なるほど、これは面白い。
バカでラブコメで適度に熱い展開で、まさしくラノベ向き。

ただ、肝心の「テストと召喚獣」の部分がいまいちしっくりこなかった。
テストの得点が召喚獣の強さに依存するってのは正直分かりにくい。
いや、理屈は分かるんだけど、身もふたもないことを言えば理由付けとして弱い。
総論OK、各論微妙?が率直な印象だった第1巻。

2巻からは召喚獣バトルもこなれてきて、バカ度も加速。
キャラが立ってきたおかげで萌えポイントも高め。
読んでる側である俺が慣れてきたせいもあるかもしれない。
改めて1巻を読めばもうちょっと楽しめるかも?

それより感じたのはこれはラノベよりマンガとかアニメ向けだなぁ、と。
ビジュアルで見た方が面白いのは間違いない。
ラノベの命である挿絵も可愛いわけですし。
各所で耳にする評判の良さを考えると、アニメ化も時間の問題か……?

【狂乱家族日記・7巻】
7~8巻が上下巻構成なのは知っていたので、
8巻をずっと探していたのだがここにきてようやく購入。

今回はクラゲこと月香当番回。
内容は説明するのが面倒なので、表紙裏のあらすじでも読んでくれ。
クーデレ属性持ちの月香は意外と嫌いじゃない俺です。

【狂乱家族日記・8巻】
表紙にいるのは凶華かと思いきや、
良く見ると猫耳も尻尾もありません!

ミルカトピって番外のキャラじゃなかったっけ?
ここまで登場人物が入り乱れると追いつきません。
ひとまず「来るべき災厄」編で締めたのは良いんだけど、
こうなると月香は「閻荷とは無関係だったのか」。
じゃあ誰が?って話なんだけど。う~ん……

それにしてもこのシリーズ、ラノベとしてもかなり異端だと思うんだが、
その良さをことごとくスポイルしやがったアニメ版の罪は重い。



全部ファミ通文庫なのは単なる偶然

|
|

« お届けものです~2008夏part2 | トップページ | D.C.II P.S.プレイ日記(13)茜色に染まる麻耶 »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41895941

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のラノベレビュー(15):

« お届けものです~2008夏part2 | トップページ | D.C.II P.S.プレイ日記(13)茜色に染まる麻耶 »