« D.C.II.S.S ~第10話「夢の終わり」レビュー | トップページ | D.C.II P.Sプレイ日記(2)白河の名を泣かす者 »

耳で聴くのにアイフォーン

カタカナ表記だと「アイフォーン」と伸ばすらしいですね。
そんなわけで今日のネタ。

HSDPA対応の「iPhone 3G」、7月11日発売

 ↓

まず「年内」と聞いていたのでもっと先かと思ってたら7月ですか。
それにまず驚きですよ。そしてその次に、

> 米国での販売価格は、オペレーターとの2年契約時で16Gバイト版が299ドル、8Gバイト版は199ドル。

なんという凄まじい価格設定。
世界共通価格というのが公式見解なので1ドル=107円だとしても21,000円台ですよ。

実際のところ、iPhone3Gがどういった形態で販売されるのか全く不明ながら、
仮に「ホワイトプラン+割賦販売」で購入できるのなら馬鹿売れ必至。
(→日経ITプラス誌報道によればその方向らしい)
普通に欲しいよ。買うよ。

ただ、良くある論調で「ドコモ死亡」(au)というのはちょっと違う気がする。
たしかにiPhoneは日本の携帯電話業界にとって「黒船」だが、
これが日本の携帯電話を置き換えるとは思えない。

たとえばメール。
日本語のメール文化はもちろん日本国内ドメスティックなものだけど、
これにiPhoneが対応しているとは思えない。
そもそも、タッチパネルの操作性がどれだけ優れていても、
文字入力という点でテンキーにはかなわない。
もちろん絵文字なんかも使えない。
したがってプライベートなケータイメールを置き換えるには至らない。
 #そもそもソフトバンクメール(旧スカイメール)には対応してるんだろうか?
 #3G共通のSMSは載ってるだろうからその気になれば使えちゃうのか。絵文字はともかく。

ドメスティックという点ではFelicaやワンセグにももちろん非対応。
ワンセグはともかく、Felicaはいつの間にか普及してたりするので、
これを置き換えるのはなかなか難しい。
Felicaもワンセグも要らねーって意見は少なからず聞くが、
それがついている端末の方が売れてる日本の現実があるわけで。
Felica導入の際に誰かが「携帯電話は生活インフラ」と表現していた記憶があるが、
この黒船来襲に先手を打っての発言だったとしたら大したものです。

で、別に「iPhone」に否定的なわけじゃなくて、
これは2台目需要の創出につながるんじゃないかと。
新規需要が頭打ちになる中で、注力してきた2台目需要を一気に確保できる
ソフトバンクはとても良い買い物をしたに違いない。
ドコモは……林檎社の条件を飲めなかったんだろうなぁ。逃がした魚は大きいですぞ。

で、個人的に期待してるのはiPhone参入をきっかけにした海外メーカー参入。
さすがにiPhoneみたいに「まんま海外仕様」では勝ち目はないんだろうけど、
「PRADA Phone」レベルの日本ローカライズ仕様が増えてくれば面白い。

要するに何が言いたいのかと言うと、ソニエリグローバルモデルの日本参入を!


|
|

« D.C.II.S.S ~第10話「夢の終わり」レビュー | トップページ | D.C.II P.Sプレイ日記(2)白河の名を泣かす者 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41496125

この記事へのトラックバック一覧です: 耳で聴くのにアイフォーン:

« D.C.II.S.S ~第10話「夢の終わり」レビュー | トップページ | D.C.II P.Sプレイ日記(2)白河の名を泣かす者 »