« D.C.II S.S.~最終話「巡りくる季節」レビュー | トップページ | 夏の新アニメについて2008 »

08年6月度検索ワードランキング

2008年も今日で折り返し地点だそうですよ!
1年早ぇぇぇぇ!!

そんなわけで月末恒例の検索ワードランキング。

1位 so906i レビュー
2位 so905i レビュー
3位 プレイ日記 ダ・カーポ2 プラス
4位 純一爺さん
5位 記憶の淵
6位 壊れゆく春
7位 鏑木 感想
8位 芳乃さくら
9位 ラノベ レビュー
10位 エリカ・ムラサキ

 ↓

まず1位はso906i レビュー
日々の検索ワードを見ても気付いておりましたが、これがぶっちぎり。
まともなレビュー記事じゃなくてすいません。買ったわけじゃないし。

続いて2位は(も?)so905i レビュー
905iシリーズってまだ製造してるんですか?

ケータイネタが続いたんでついでに書いてみますけれども、
iPhoneはまた微妙な価格設定をしてきましたなぁ。
ランニングコストを考えるとちょっと出ない気が。
趣味機と考えればパケホーダイ解約するのもありなんだけど。

続いて先に9位のラノベ レビュー
そういえば、ラノベレビュー記事1本用意してあったのを忘れてました。
最近のD.C.II関連の記事に押し流されて消えてしまったようです。
そのうち公開します。

以下全部だかぽ関連。興味の無い人すいません。
いましばらくのお付き合いを。

3位はプレイ日記 ダ・カーポ2 プラス
妙に中途半端なところで切れてるんですが、検索集計の字数制限の可能性大。
実際は「プラスシチュエーション」を含んでるものと思われます。
試しにググってみると上から4番目に表示された。
ちなみに攻略に当たっては、2番目のサイト様を活用させていただいています。
(6月30日現在)

4位はD.C.IIで空気のごとき活躍を見せた純一爺さん
ちなみに、基本的に記事中では全て「鈍一」と表記しているはずですが……
はてさて。

5位&6位は「記憶の淵」「壊れゆく春」とアニメ版サブタイが。
いやぁ、あの鬱展開は見事でした。
特に第12話「記憶の淵」は圧巻。
実のところ、実際のゲームプレイは「da capo」まで進んでいるんですが、
見事なほど原作を踏襲していたのですねアニメ版セカンドシーズンは。
どおりでデキがいいわけだ。

8位は芳乃さくら
ヒロインというか、もはや主役

10位にはエリカ・ムラサキ
いまレビュー記事を読み返すと異常なまでにプッシュしてますが、
面白かったのは事実。杉並が

以下ランク圏外。

さくらんぼとお兄ちゃん
これもアニメ版サブタイ。
これは神回を通り越して、反則回と認定したい。

D.C.II P.S.プレイ日記/D.C.II P.S. 感想
このあたりも多く頂いております。
特に「ネタバレ注意」とは書いてないんですが、大丈夫ですよね?(他人任せ

ダカーポ 噛ませ犬
白河ことりのことかぁーーーー!

と、思ったんですが最近は月島小恋のことを指しているような気がします。
鏑木は噛ませ犬恵まれないヒロインを応援しています。全 力 で!

おはようございました
そんなわけで全力さん。いまだにたまにヒットするようです。
R2の全力さんはまだ全力を出していないんで、面白みが無いですな。
「また選択肢を間違えそうな気がする」とかワケ分からんこと言ってる
ルルーシュの方がよっぽど面白いですよ!

ルーンファクトリー2 攻略 パレルモ神殿
攻略というほど厄介なものでもない気がしますが……
神殿奥の畑がちょっと面倒なくらいでしょうか。寝袋大量に持参で。

メイドガイ 柚木
冷静になって考えると結構露骨なんだけど、理解あるファンサービスは大切ですよな。
ラジオなんか実際面白くて2回聴いてしまったし。

夏 新アニメ
夏新番リスト、いつもならこれくらいの時期だと「まだ書いてる途中です」という
言い訳をしていますが、今期はまだ何もしてません
書く気はあるんだけど、だかぽがですね(殴

今月はこれまで!



ウイシアktkr(独り言

|
|

« D.C.II S.S.~最終話「巡りくる季節」レビュー | トップページ | 夏の新アニメについて2008 »

検索ワードランキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41699429

この記事へのトラックバック一覧です: 08年6月度検索ワードランキング:

« D.C.II S.S.~最終話「巡りくる季節」レビュー | トップページ | 夏の新アニメについて2008 »