« 恩師に再会する | トップページ | D.C.II S.S~第6話「桜迷宮」レビュー »

マンネリ打破に向けて

「向けて」何をするでもなく、ネットで時間をつぶす怠惰な土曜日。
GW中は毎日出掛けてたんでその反動かも。

明けて日曜日の今日は夕方から当直勤務ですって。
来週はまた一段と一週間を長く感じることになりそうです。
いやはや。

さてアニメ感想「図書館戦争」「紅」「ToLoveる」「マクロスフロンティア」「ペルソナ」ほか。

 ↓

【図書館戦争】
沢城「彼女は切り抜けられるのか!」

(;´Д`)なにこのノリ……?

毎回文句を言いつつ見てしまうのは井上マリナ演技の魅力。
逆に言えばそれだけ。そろそろ潮時か?

【紅】
何故ミュージカルなのか全く不明、よもやのカオス回。
そして中の人が頑張りすぎ。
紫が演技する(中の人の)演技は良かった。
新谷の盛大な外しっぷりに至ってはあれ自体が「演技」と考えればもはや芸術の領域

【ToLoveる】
デスピサロかよ!

そんな投げやりな感想はともかく、展開がワンパターンなのがイマイチ。
「原作通り」だとしてもテンポが良くないせいだろうか。

次回はレン登場回。
ルンもちらりと写っていたが正体バレととも早々に投入しますかッ?
ルンちゃんスキーとしては期待。

……レン&ルンってネーミングは某ボーカロイドとダダ被りだよなぁ。
だからなんだと言うわけではないのですが、
どうせ来週以降あちこちの感想ブログで言われるだろうから先に言っておくテスト。

【マクロスフロンティア】
「絶対に死なないと約束した」

なんてこった……。
中の人込みで死亡フラグがキュインキュインじゃないか。
出撃準備とシェリルボーカルを被せつつそのままエンディングに流れ込むのも絶妙。

しかし各所の感想を見ててここまで手放し絶賛される作品も珍しいですな。
実は俺はそこまで熱狂的に好きと言うわけでもないんですけれども、普通以上に面白い。

【ペルソナ】
富山湾ってモロ先週行ったところなので妙にリアリティが。
巻き込まれなくて良かった!(あさっての方向見ながら)

相変わらず1話1話が飛ぶよなぁ。
と言いつつここ数週間、マトモに見てないんですけれども、
沢城ヴォイスの演技が微妙に変わってる気がするのは、
俺の気のせいではないよな?

【ラジオ仮面のメイドガイ】
例によってダウンロードしてドライブしつつ楽しむ。
今回のゲストは小林ゆう氏。
どの役だか全然知らないけど。

新コーナー「天才小林画伯」で力ちゃんが必死にフォローする
画伯の絵はいったいどんなものかと思っていたが、帰宅後に見て泣いた

本編はあと20分でオンエア。感想は次回。


「ペルソナ→図書館戦争→紅」の順で視聴したら、意図せぬ沢城3連発にビビる俺であった

|
|

« 恩師に再会する | トップページ | D.C.II S.S~第6話「桜迷宮」レビュー »

アニメ感想(08年04月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41165333

この記事へのトラックバック一覧です: マンネリ打破に向けて:

« 恩師に再会する | トップページ | D.C.II S.S~第6話「桜迷宮」レビュー »