« なつかしのアニメレビュー(6)D.C.S.S~ダ・カーポセカンドシーズン(後編) | トップページ | デラックスなシングル »

アニメレビュー番外編~D.C.S.S外伝ドラマ「ジキルとハイドと工藤と叶」

Dcss5661

2回にわたってお届けした「D.C.S.S」のレビューで
ネタ集めをしている最中に公式サイトにて外伝ドラマの存在を初めて知る。

Amazon先生で検索してみたら「在庫あり」。
思わずぽちっとしてしまいました。
そんなわけで全3巻のうちの第2巻「ジキルとハイドと工藤と叶」のレビュー。

タイトルを見れば分かるとおり、第2巻は工藤編。
後述しますが、第1巻と3巻は買ってません。
演技力には定評のある沢城みゆきち演ずる男装美少女のストーリー、
しかもアニメ本編では出番なしと来れば、これは視聴に値する。

以前『D.C.P.Cことり&工藤編』のラノベレビューをした際、
ぜひとも「みゆきちボイスで読み上げていただきたい!」と書いたことがあるが、
形は違えどドラマCDは存在していたわけだ。
もちろんキャスティングはアニメ・コンシューマ機版と同じ。

> 朝倉鈍一  泰 勇気
> 工藤 叶  沢城みゆき
> 朝倉○夢  野●さく●
> アイシア  宮崎羽衣
> 白河ことり 堀江由衣

工藤が2番目に来るキャスト表記なんて他では見られませんよ!

 ↓

ところでこのジャケット、専用書き下ろしだとは思うのですが、
肝心の工藤叶「女の子バージョン」のビジュアルがありません。
どうやら、セカンドシーズンでは女の子工藤のキャラ設定そのものがなされていない模様。
あったらあったで逆に驚きだけど。やれやれ。

「こんにちわ。うたまるですにゃ~」

うたまるかよwww

「とある夏の日。にゃんとにゃんと、あの○夢ちゃんが保険の研修生として風見学園に帰ってきたにゃ~」

タイミングとしては最悪ですね

アイシア「結婚式!花嫁さん、どこですか~?」
○夢「うわぁ……ウェディングドレス、かぁ……」

これは悪夢のような伏線ですね!
氏ねよ。

眞子「せっかくなんだから、工藤君も来ればよかったのに」
  「よ~く考えてみると、彼がプールにいるとこ、見た記憶がないのよね」

○夢「そういえば、身体測定の日も休んでたわね……」
鈍一「って、なに勝手に盛り上がってるんだ……」

ことり「ちょっと、杉並君」
杉並「これも全ては!工藤を守るためだ」

なんで杉並も知ってるんだwww
つか、セカンドシーズンの鈍一はちゃんと工藤フラグも立ててたのかよ!
それが一番驚きだよ!
そこまで設定を用意してセカンドシーズンで工藤編をやらなかったんだ……
勿体無い。嗚呼勿体無い。

アイシア「待ってください!私でよければ力になります!
 一人でも多くの方を、幸せにして差し上げるのが、仕事ですから!」

工藤「わかったわかった。それじゃあ、アイシアだけには言っちゃおうかな」
「ほんの一週間、いや3日でいい……。
 人目を気にせず、素直な自分をさらけ出すことが出来たら、どんなに楽か…
 そして、大好きなあいつに、ありのままの姿で、自分の本当の思いを伝えられたら」

アイシア「……あいつ?」

アイシア「とにかくこちらを向いて、目を閉じてください!」
工藤「ん、こうか?」
アイシア「3日だけ、工藤に、ありのままの姿を!う~ん、え~い!」

アイシア「どうですか?」
工藤「……いや、別に」

こんなに馬鹿正直にテキストを書き出してどっかから訴えられやしないかと
ちょっと不安になったりもしますが、要するに駄展開です

鈍一「人を無駄に感動させた罰だ!朝倉スリーパーホールドを喰らえ!」
工藤「おい、本当に苦しい、やめろ、朝倉……」

いやいやいや。本当に正体知ってるなら女の子にそんなことしないだろ。
相変わらず甘い脚本だな。

工藤「やめ……ろ、やめ……て、朝倉君……」
鈍一「悪い工藤、大丈夫か」
工藤「もう、酷いよ。朝倉君……いきなり後ろから抱きつくなんて」

みゆきち演技による男女ヴォイスの絶妙な切り替え!
残念ながらこのテキストではまったく伝わっていないが、
これは正直、感動した!

アイシア「音ですよ!音!」
「つまり、大きな音をきっかけに魔法が聴いたり切れたり。
 工藤の意識の中で、スイッチみたいな役目になったんだと思います」

ご都合主義炸裂のB級脚本は逆にセカンドシーズンぽいスメルがいたしますな。
この糞脚本陣が。

鈍一「あのーもしかしたらお前も行くつもりか?」
○夢「もちろん!それによくよくメンバーを考えてみると、兄さんに杉並君、工藤君、白河さんって
 男子の中に女の子が一人なんて不自然だし、私が居たほうが白河さんは安心できると思うの」

本気でUZE(略
久々に○夢のウザっぷりを体感した。お前が居ると安心どころか不快感が増幅するわッ!
まぁ、これもだかぽクオリティだけどな……

杉並「むぅ……ほんのりとシャンプーのシトラスの香りが漂ってくる。
 こうしていると、改めて工藤が女だということを実感して、
 ボクは……ボクはもうおい朝倉早く突っ込め」

迂闊にもワロタ

工藤「目を覚ませば……全てが、元通り。最後の、チャンス」
 (雷鳴音)
工藤「わたしの……思い」

鈍一「ん……誰か……俺の布団に入ってきてる?」
工藤「朝倉君……」
鈍一「頼むから……頼むから、離れて」
工藤「いやっ、このままで居たいの……」

全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください。



 ↓


 ↓


最後に用意された引っ掛けまでは読み切れなかった。
あー悔しい。
セカンドシーズンごときに負けた気がして壮大に悔しい。

ラストワンシーンは工藤と○夢が言葉を交わすんだが、
やっぱり工藤のコンビ役としてこのポジションはことりが入るべきだよなぁ。
ことりが活躍する貴重なシナリオなんだから。
結局、○夢が中心に回ってるセカンドシーズンでしたとさ。

アイシア「まぁ、なんにしても良かったです!工藤も元気そうだし!
 詳しいことはわかりませんが、きっと、工藤の思いは叶ったんですね!」

せめてこのシナリオをセカンドシーズン本編でやってくれれば、
少しは評価も変わっただろうに……。

評価
★★★☆☆(60点)

男女の演じ分けが完璧なみゆきち加点が90点。
杉並が10点。シナリオも10点。
ウザい奴(○夢)の存在自体が-50点。ことりは空気。
少なくとも3000円出して買うほどのもんじゃない。

ちなみに第1巻は音夢不在時の眞子編(ジャケットはことり&眞子)、
第3巻はアイシア・さくら・鷺澤がジャケットになっているが詳細不明。
どちらもノーチェック。
もしお聞きになった方が居れば情報と感想をお寄せ頂ければ幸いです。




D.C.S.S三部作はこれにて終了。お付き合いありがとうございました。

|
|

« なつかしのアニメレビュー(6)D.C.S.S~ダ・カーポセカンドシーズン(後編) | トップページ | デラックスなシングル »

D.C.ダ・カーポ」カテゴリの記事

レビュー(他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/41270732

この記事へのトラックバック一覧です: アニメレビュー番外編~D.C.S.S外伝ドラマ「ジキルとハイドと工藤と叶」:

« なつかしのアニメレビュー(6)D.C.S.S~ダ・カーポセカンドシーズン(後編) | トップページ | デラックスなシングル »