« スキップ連休 | トップページ | 08春期アニメ視聴リスト »

宴は終わらないロマンティックはとまらない

一歩足を踏み出すと、身体中に生ぬるい風がまとわりつく。
不快だ。
空を見上げると、一面、厚い雲に覆われている。
不意に冷たいものが首筋に当たった。
雨が降ってきた。
みるみるうちに雨は勢いを増し、容赦なく身体を叩きつける。

ふと遠くに目をやると雲がオレンジ色に染まっていた。
雲の薄いところから陽が差しているのだろうか?
こちらは灰色の雲が大粒の雨を降らせているというのに。

生ぬるい風と激しい雨を身体に受けながら見るオレンジ色の雲は、
さながら近未来SF映画の終末のような光景で、
ただでさえ陰鬱な気分はいっそう深くなり、重い足取りがさらに重くなっていた。

 ↓

と言う今朝の出勤風景でした

アニメ感想「RD洗脳調査室」「狂乱家族日記」2本。

 ↓

【RD洗脳調査室】
みなもの存在意義がこんな形で与えられるとは。
とはいえ、流しつつ見ている限りではその理由が今ひとつ不明瞭で、
やっぱりミナモと言うキャラありきで、
単にミナモを出したかったから出しただけなんじゃないかと。

ところでDIME誌を買ったところこんな記事が。

Dsc05393

「機種の開発方法から見直しを図るウィルコムの挑戦」

> ヒロインの蒼井ミナモが使う通信端末は、ウィルコムのデザイナーと
> 未来の通信の姿をディスカッションしながら、作り上げました。

冒頭こそ『RD洗脳調査室』で入るものの、この一文が関係するくらいで、
どちらかと言うと「どれも代わり映えしない最近のケータイ」の話がメイン。
別にこの引用は要らなかったのでは……。
ミナモをこんなデカデカと起用する理由はないような……。
やっぱりミナモを出したかっただけなんじゃ……。

【狂乱家族日記】
今週から水曜深夜の千葉テレビ視聴。
エンディングが局ごとに違うと聞いていたが、
千葉では優歌が歌っていた!(tvk版は凶華)
全局見られる人なんて居ないのになんて斬新な試みなんだ。
これはローテーションorシャッフルするんだろうか?

本編早くも第2話から本格的に展開。
ラノベ1巻=アニメ6話の法則(ソースはハルヒ)に従えばちょいと急ぎすぎか。
全知全能の狂乱展開はもっと爽快感残る印象だったんだけど、
これは展開優先で伏線不足による弊害かなぁ。

ところでやたら早口なTVCMの凶華喋り、中の人は本当にこれを喋ってるのか?
倍速とは言わないまでも加工が掛かってるとしか思えない。
逆に雹霞の喋りは少しエフェクトが掛かっていた方が良いかもしれんな。
決して中の人が嫌いと言うわけじゃないんだけど、
あれはタマちゃんにしか聞こえない(笑)

生ぬるい風って嫌いじゃないんですが俺だけですかそうですか。

|
|

« スキップ連休 | トップページ | 08春期アニメ視聴リスト »

アニメ感想(08年04月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/40983483

この記事へのトラックバック一覧です: 宴は終わらないロマンティックはとまらない:

« スキップ連休 | トップページ | 08春期アニメ視聴リスト »