« 枯れるのではなく散るのです | トップページ | スバルの軽自動車撤退によせて »

ルーンファクトリー2プレイ日記(10)父はどこまで娘を試す

すっかりご無沙汰してしまったルーンファクトリー2プレイ日記。
2部になったはいいものの、ゲームの目的が依然見えてこない。
カイルの残していった古文書とか華麗にスルーですかそうですか。

二部で変わったことと言えば、電源ON時のタイトルコール「ルーンファクトリー2♪」が
アリアヴォイス仕様に。
これは半ば予想通りなのだが、肝心のヴォイスがゲーム本編で出てこないような
ハイトーンな炉声なのでちょっと萎える。(中の人は誰なんだろうか)
うーん。

 ↓

第2部に突入すると「学校」が追加。
午前中にマナが料理・アイテムの作り方、午後にバレットが武器の作り方を教えてくれる。
なんて実践的な授業なんだ。
このシステムがなかなか凝ってて、必要なアイテムを(授業で)教えてもらって、
自分でチェックしていく(=記録される)仕組み。
ん?言われたとおりにチェックしないと間違えたまま記録されるってこと?
怖ぇぇ。

必要なもの揃えて、鍛冶をやってみた。
まずはジョウロ。普通に成功。8歳児が鍛冶、しかもジョウロ……?
まぁ、これで水撒きが少し楽になったので良しとします。

さらに2部に入って変わったことと言えば、

Dsc05261

新キャラクター登場。
ドロシーやセシリア、ロザリンドの子供とか言われると凹むな。
セシリアはいつまでもカイルを待ってるんじゃなかったのかッ!
ロザリンドは俺のものだッ!

……まぁそれはさておき。
新キャラクターの子供が登場するのはいいとして、他の人たちのグラフィックが
全然変わってないってのはどうなんだろう。仮にも8年経過してるんだぜ?
百歩譲って大人はいいとしよう。
ロイ&カノンが子供のままと言うのはどう考えても納得がいかん。

相変わらず敵が強いと言うか、1部と同じ敵でもやっぱり強くなってないか?
おまけにうっかり奥まで入り込んだらいきなりボス戦
いやぁ、焦った。
幸いにして回復魔法をセットしてあったので、
昔なつかしのアクションRPGよろしく、ヒット&アウェイを繰り返してなんとか撃破。
アクションRPGなんていつ以来だろうか……。
結局第2部でやるべきこと(カイルを探すと言う目的はともかく)は、ゲーム内で示されてないんだが、
とりあえずダンジョンのボスを倒していけばいいのか?

一部結婚後激減した依頼も復活して、やることも急増。
授業を受けつつ、親父が放棄した農場を耕し、魔物と戦い、依頼をこなす幼女……。
なんとなく第2部はおまけかと思っていたが、第2部が本番っぽい気配。
幼女が本番ですか……


変な意味に取った貴方が変態です

|
|

« 枯れるのではなく散るのです | トップページ | スバルの軽自動車撤退によせて »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/40843033

この記事へのトラックバック一覧です: ルーンファクトリー2プレイ日記(10)父はどこまで娘を試す:

« 枯れるのではなく散るのです | トップページ | スバルの軽自動車撤退によせて »