« 日記のカテゴリを整理する | トップページ | サプライズ人事――何も無し »

冬のラノベレビュー(12)

今日は午前中に出掛けたんですが、やっぱり花粉には勝てません。
午後から引きこもりました。
俺の3月週末ニート率は異常。

さて、忘れた頃にやってくるラノベレビュー。
既に春じゃないかと言う突っ込みは甘んじて受けます。
読んだのが冬だから、と言う言い訳は前回と同じなんですが、
酷いのだと読んだのが2ヶ月前とか混じっていたり……。

Dsc05188

 ↓

【AKUMAで少女】
病弱勝気ツンデレ少女とちょっと気弱な普通の少年が入れ替わるTSモノ。
展開としては比較的王道路線なんだけど、どっちかと言うと文体が気になって仕方なかった。
ジュブナイル何某の作者がラノベ書いてみましたーと堂々と書いてるのはいいんだけど、
この人も萌えとエロスの境界線を理解していないようだ。
テキストは60点。挿絵は100点満点

【ナハトイェーガー】
鍵ゲーで有名な涼元悠一氏によるラノベ。
自身が書いてるように百合色満点の本編に加えてこのイラストもかなり癖あり。

氏の作風は好みなんだけど、この作品に限って言えばちょっと難解すぎたかなぁ……。
肝心のキャラ設定が俺好みではなかったのも減点要因。残念。

【とらドラ!4】
3を読んだのはもう半年ほど前のことでしょうか……。

そんなわけでツンデレラノベの代名詞の4巻目。
大河、みのりん、亜美と男2名の計5名でプライベートビーチへ。
前回までなかなかクローズアップされてこなかったみのりんが
三角関係の中に入り込んできてちょっと面白くなってきたかもしれない。
ここ最近、変な飛び道具に頼るラノベばかりだったんで、
この王道展開には久々にドキドキ感を味わえました。

【狂乱家族日記番外その2】
珍しい千花外伝4本立て。
狂乱ファミリーの中では比較的常識人で、
かつ本編にも非常識キャラが比較的少なかったこともあって、
予想外にサクサク読めてしまいました。

・ビタミンCの森
狂乱シリーズにおける千花のポジショニングをフルに活かしつつ、
オチが星新一的シュール感を漂わせる一作。
千花外伝でも狂乱ノリなのねーと思わせておいて、読後の微妙な感触がなかなか。

・マイちゃん破壊魔伝説
うむ、百合とはこーゆーのを言うのだよ。
若干狂乱色が濃いですけれども。
是非映像化していただきたい一作でもありますな。

・乙女心ラビリンス
2本目に引き続いてマイちゃん登場。
そんな落とし方をしますか(笑)

・ミルクシュガーキス
「犯人はミルク 凶器はシュガー 動機はキス」

いやいやいや。
これは「狂乱」らしからぬ中途半端な落とし方ではないか?
作風はともかく、肝心のトリックが強引過ぎたのは残念感。

総括としては千花外伝でここまで楽しめるとは嬉しい誤算。
4本ともタイトルのつけ方が秀逸ですなぁ。
そして春からアニメ化する本作、この狂乱ワールドがどう映像化されるのか楽しみであります。

|
|

« 日記のカテゴリを整理する | トップページ | サプライズ人事――何も無し »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。

>今日は午前中に出掛けたんですが、やっぱり花粉には勝てません。
午後から引きこもりました。
俺の3月週末ニート率は異常。

 やっぱり、辛いんでしょうね…今まで何ともなくとも、突然ソレはやってくるというのでビクビクしてます。ちょっとでも鼻がむずむずすると『はっ!?花粉症か?』とか思ったり。

>AKUMAで少女

 来ました、私も読んだことのあるラノベ!鏑木さんと心が重なる!←???

> この人も萌えとエロスの境界線を理解していないようだ。

 ここは私も気になりましたね~。エロ描写はいいんですけど、ヒロインの人間性描写による萌えになると途端に弱くなると言うか。

>挿絵は100点満点。

 思いっ切りジャケ買いしました。

 それではお大事に。

投稿: サトシアキラ | 2008.03.23 22:21

いつもありがとうございます。

> ちょっとでも鼻がむずむずすると『はっ!?花粉症か?』とか思ったり。

私の場合、元々鼻炎持ちなんですがスギはここ数年発症してしまいました。ある日(またはある年)突然やってくるのです…。
気のせいか、花粉を浴びると体調そのものが悪くなるような…

> 来ました、私も読んだことのあるラノベ!鏑木さんと心が重なる!←???

実はこれも長いこと「積みラノベ」になってまして…
サトシアキラさんのページで先に書かれたときはやられた!と思ったものです(笑)
やっぱり趣味嗜好は似通うものなのでしょうか?

> エロ描写はいいんですけど、ヒロインの人間性描写による萌えになると途端に弱くなると言うか。

分かっていただけますか!さすがです。
別にエロスを求めてないときに急にそんな話が出てこられると逆に困ると言う…(仕事の休憩時間にこんなものを読んでる俺が悪いのですが!)

> 思いっ切りジャケ買いしました。

その魅力はありますよね(笑)
これ、続巻出てるっぽいんですがどう考えても1巻完結なのにどうやって続いてるのでしょうか。2巻目をジャケ買いする度胸はないのですが…

それでは、花粉が過ぎ去るまで大人しくしております。

投稿: 鏑木 | 2008.03.23 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/40613461

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のラノベレビュー(12):

« 日記のカテゴリを整理する | トップページ | サプライズ人事――何も無し »