« 秋のラノベレビュー(11) | トップページ | CLANNAD~#14「Theory of Everything」レビュー »

DS版FF4プレイ日記(8)巨人の原

Dsc04658

きょじんのはら → 巨人の原

なんて言ってた時代もありました。
オリジナル時代の16年前、巨人の原は現役。
チャンスに弱く、消化試合でホームランを良く打ち、
「僕の夢には続きがあります」なんて恥ずかしい台詞を堂々と言える、
そんな原こそ俺の中で永遠の巨人の4番打者。
俺の原回想はどうでも良いですかそうですか。

前回はバハムート入手したところまで。
満を持してバブイルの巨人に挑みます。

 ↓

 ↓

ここは終盤の盛り上がりポイント、ボイス付だろうと思ってたら見事に期待はずれ
おいおい。
さすがに萎えつつも巨人内部に突入。

また敵が鬼強いのかと覚悟していたがそんなでもない。
雷属性が弱点なのは健在で、セシルのカウンター+けりと
リディアのラムウでたいてい一掃できる程度の強さ。
強いて言えば機械竜の「ほのお」が怖いくらい。
ちょっとレベル上げすぎたかもしれない。
ラムウは5000~9000ダメージとか強すぎじゃないか。
フースーヤのサンダガなんて全く霞んで見える。

セーブポイントまで到達。
空気読めてないハミングウェイが居るのが意味不明だが、
回復アイテムを売ってくれるので巨人内部のハマり防止か。
セーブだけしてさらに奥へ。

待ちかねたぞッ!
「先の戦いで、お前達にィ教えられたのだ。
 力を合ァわせると言うことをなァ……!」
「持てるちからのォ…の全てでェ…掛かってこいッ!」

いきなり御大ヴォイスが響き渡ってビックリ。
四天王が全部喋るとかそりゃ驚きますよッ!!

■BOSS・四天王
第1ラウンド:スカルミリョーネ
リメイク版で強くなってたとしても雑魚は雑魚。
というわけで今のうちにシェル・プロテス・ヘイストで守備固め。
攻撃はリディアの召喚イフリート。3回で撃沈。
たまにくらやみにされるのでめぐすりで回復。
カウンターが面倒なのでエッジはアイテム係。以下ずっと。

第2ラウンド:カイナッツォ
あれ、オリジナル版は次にルビカンテじゃなかったか。
雷か氷か、どっちが弱点か判断しかねたが、
シヴァを使ったらweakness!と出たので以下連打。
スリプルがウザいので眠らされたら速攻エスナ。
「閉じこもって防御体制」になったと言うことは、DS版は形態変化攻撃アリか。
とはいえ大津波が来ることもなくシヴァ3発で撃破。

第3ラウンド:バルバリシア
開幕と同時に竜巻バリア。
ジャンプも無いのにどうやって解除すりゃいいんだ。
……と思ってるうちにミールストーム。

素で全体瀕死攻撃なんて反則もいいところだ。
とりあえずローザがケアルダとスロウのれんぞくまで対処。
竜巻バリアのおかげでセシルのカウンター攻撃すら当たらないんじゃどうしようもない。
他に攻撃手段が思い当たらず、リディアのバハムートが攻撃のメイン。
ミールストーム対策でローザを常にコマンド待機にしておいて、
ひたすらバハムートで攻撃。9000超のダメージを与えてほどなく撃沈。

第4ラウンド:ルビカンテ
やっぱり強いんだろうなぁ、と思いつつ、マントを開いたところで攻撃開始。
メインはリディアのシヴァ。
エッジがふうましゅりけんを投げたら9999ダメージ与えたのはいいが、
カウンターの全体ファイガでフースーヤとともに死亡。
ローザのれんぞくまレイズで復活させようとしていたところで、
リディアのシヴァ2発目が発動して撃沈。
案外あっさり勝利してしまいました。

抜け目なくいったん戻ってセーブののち、奥に進む。

■BOSS・制御システム
フースーヤ「まず防衛システムを叩かねば制御システムは修復されてしまうぞ!」

知ってます。
だから防衛システムから、と思ったら開幕と同時に透過レーザー。
エッジとフースーヤ即死。
回復に手間取ってるうちに2回目透過レーザー。
全滅。

( ゚Д゚)……

フースーヤ「まず防衛システムを叩かねば制御システムは修復されてしまうぞ!」

じーさん嘘ついてるんじゃねぇよ!
と言うわけでどう考えても迎撃システムを先に叩くしかない。
開幕透過レーザーを受けるのは仕方ないとして、
速攻建て直し&風魔手裏剣投げる以下制御システム総攻撃。
迎撃システム自体のHPはそんなに高くないので撃破は余裕。

制御システムを残すと死ねるのはDS版も同じだろうから、
続いて制御システムを攻撃。
防衛システムの「かいふく」は厄介だが回復量は多くない。
オリジナル版は3000くらい回復してなかったか?
直接攻撃は3桁程度しか与えられないのでエッジは不要な武器を投げる。
ロッド投げても1000程度は与えられるのか。
制御システムはリフレクが掛かってるんでリフレク貫通の召喚魔法のうち、
単体を狙えるシルフが主力。
シルフはこのボスで一番威力を発揮すると思うんだが、
攻略本でもサイトでも一度も記述してるのを見たことがない。

時間こそ掛かるものの迎撃システムを倒してしまえば攻撃は何もしてこないんで楽勝。

フースーヤ「おぬし……父の名を、覚えているか?」
ゴルベーザ「父……クルーヤ……」

銀河万丈と鹿賀丈史が織り成す凄まじい重厚感

エッジ「アァニキかよ?」

この男の軽さがまた一段と際立ちます。
そしてボイス付&リメイク版固有イベント連発。
喋るリディアいいなぁ。最高。
追加イベントは大昔にファミ通で見た裏(?)設定とは微妙に異なってる気が。
裏設定の記憶もあやふやなんですけれども。
他のイベントもこれくらいやってくれれば大満足だったのに。

そしてFF4最終ダンジョン・月の地下渓谷へ。
2D版FFでも屈指の美しさを誇るダンジョンが
雑魚の大幅パワーアップを受けて帰ってまいりました。
ひとまずセーブポイントを目指そうと記憶にある最短ルートをなぞりつつ
だいぶ奥まで進んだところで迂闊にも宝箱をオープン。

> クリスタルの盾を手に入れた!
> とつぜんモンスターがあらわれた!

ブルードラゴン2匹。
慌てて逃げようとするも無常にも「にげられない!」の文字。
テレポ・けむりだまもダメ。
腹をくくって全力で戦いを挑むもふぶきの猛ダメージの前になす術無し。

Dsc04662

全滅した……

( ゚Д゚)……

俺の一時間を返せッ!

ゲームで一時間もロスするなんていつ以来だろうか……

 ↓ 同情した人(または原ファン)の数

|
|

« 秋のラノベレビュー(11) | トップページ | CLANNAD~#14「Theory of Everything」レビュー »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/17730568

この記事へのトラックバック一覧です: DS版FF4プレイ日記(8)巨人の原:

« 秋のラノベレビュー(11) | トップページ | CLANNAD~#14「Theory of Everything」レビュー »