« DS版FF4プレイ日記(5)夏のサマカンテ | トップページ | 記事ナンバー1000とデザイン変更 »

DS版FF4プレイ日記(6)寝落ち

昨日徹カラに行ってきたんですが、朝まで歌い続けられなくなってきたのを
実感してしまうと、嫌でも年を感じてしまう今日この頃いかがお過ごしですか。

その帰りの電車内、いつもは最寄り駅まで爆睡するところ、
FF4が中途半端なところで止まってたのを思い出しDS取り出してプレイ開始。
だが睡魔には勝てず、
戦闘でコマンド入力してたはずなのにいつの間にか戦闘終了していたり
アクティブタイムバトルで寝落ちとは俺も度胸がありますね。

ゲーム中の寝落ちも久々なら、電車内の寝落ちなんて初めてですよ……。

 ↓

 ↓

前回はルビカンテ戦ムービーで終わっていたのでその続きから。

■BOSS・ルビカンテ
「かえんりゅう」が鬼。
魔法防御力が低いエッジが3000超のダメージ喰らって瞬殺。
怒りで力を引き出した程度では話にならないようです。
HPが低いリディアも同時死亡。

フェニックスの尾とローザのれんぞくまを駆使して戦況建て直し。
下手に攻撃すると「カウンターファイラ」を喰らうので攻撃もできない。
(エッジがまた死ぬ)
マントを開いた変態フォームを狙って氷系魔法を叩き込む戦略で。
忍術「すいとん」でもいいが威力自体が低いので余り期待できないし。
一番有効なのはブリザガだと思う。さらにセシルのカウンターと、
ブラッドランスを装備したカインのジャンプが主力。
かえんりゅうをもう1回喰らいながらも凶悪化した他のボス戦に比べれば危なげなく勝利。

バブイルの塔から地底に下りてドワーフの城へ。
「ルカの首飾り」を使って封印の洞窟に向かうことに。
ゴルベーザが手も足も出ない、と言うなら
わざわざこっちから封印を解くことも無いと思うんだが……。

ストーリーに突っ込んでも仕方ないので大人しく従って
シドに飛空艇を改造してもらう。これで地底世界は全て回れるように。
封印の洞窟は後回しで、行けるところを先に潰しておきます。

まずトメラの村で装備品購入。
「ひきつける」をセットしてるセシル用にダイヤ防具を購入。
オリジナル版ではレアアイテム扱いだった「どうのすなどけい」とか
「ほしのすな」とか買えてしまうんですな。使わないけど。

続いてシルフの洞窟へ。
ローザが「レビテトが無いと厳しそう」とヒントをくれるが、
ダメージ床の回避方法が分からずレビテト無しで特攻した昔が懐かしい。
隠し通路の多さが3Dになってるぶんさらに厄介。
オリジナル版でもモルボルのくさいいきが嫌らしいダンジョンだったが、
DS版でも健在。スリプルとかサイレスとかの連発も面倒だ。
オリジナル版だとトードが良く効いたのに全然効かなくなってるので、
耐性防具装備させて正攻法で削るしかない。
唯一トーディウィッチだけトード効いたのでフルボッコにしておきました。
レベルが低いと理不尽に難しいダンジョンゆえゆとりはそろそろ投げてるだろうな。

ここで拾えるエルフィンボウはアイテムでシェルの効果があるので便利。
ここまで来て初めて弓攻撃をしたが「矢」が消耗品じゃなくなってたのか。
しかも結構強い。しばらくこれで行こう。
ローザは「いのり」が便利すぎてあまり攻撃しないけど。

さらに幻獣の洞窟。
シルフの洞窟ほどの凶悪さは無く、ずっとレビテトかけてれば
敵の「地震」も回避できるので楽勝。
ここで「ディフェンダー」を拾ってセシルに装備。
守備力も上がるので「ひきつける」役には最適。
幻獣の町では「イージスのたて」「ひかりのローブ」を購入。
セシルがだいぶ強くなりました。
雑魚と戦ってるうちにレベルも上がったのでセーブしたら即幻獣戦にチャレンジ。

■BOSS・アスラ
初プレイ時、向こうの攻撃が全部カウンターとは知らずえらい苦労をしたものです。
結局クリアレベル近くまで上げて殴り倒しした思い出が。

なにはなくともまずはアスラにリフレクを掛けるところから始めにゃならない。
先にプロテスを張られてしまったので、ディスペル&リフレクのれんぞくま。
カウンター攻撃はすべてセシルに集中するので、
セシルにブリンクを貼るのを待ってから攻撃開始。
リディアはリフレクを貫通する召喚ドラゴン。
黙っててもアスラのケアルダが跳ね返って回復するので楽勝でした。

いったんセーブしてコテージ使った後幻獣王のもとへ。

■BOSS・リヴァイアサン
開戦と同時に放ってくる「おおつなみ」が鬼。
もたもたしてるとブリザラ・ブリザガ放たれて2~3人死ぬ。
と言うか全滅した

行動パターンを把握したところで再チャレンジ。
最初のおおつなみは避けようが無いので諦めて、
ただちにローザがケアルダ&スロウのれんぞくま。
スロウが掛かれば敵の連続攻撃にも耐えられる。
その後回復しつつシェル、ヘイストで守りを固めて
最大ダメージを与えられるリディアの召喚ラムウを中心に攻撃。
カインはジャンプ、エッジはらいじん。
しばらく粘ったら意外とあっさり勝ちました。

いよいよ封印の洞窟へ。
本ルートと関係ない部分が多くてマップ100%のために
無駄に歩き回らなきゃならないのが厄介。
雑魚の「ブレイズ」がまた凶悪ですよ。
さすがにここまで来ると一撃で死ぬことはないが、
安定して1000前後の全体ダメージ。
エッジなんか2回喰らえば死ぬ。

封印の洞窟と言えば全てのドアに仕掛けられてるアサルトドアー。
ターゲッティング→9ディメンジョンの一撃必殺は回避不能、
といわれていたが、リフレクで跳ね返せるそうな。
「ひきつける」効果で必ずターゲッティングがセシルに掛かるので
ローザがリフレク。次のターンで9ディメンジョンが跳ね返って
アサルトドアー自滅。なんて楽勝。
1回あたり経験値が5000入るので経験値稼ぎにも最適。
マップ100%に達したところでいったんセーブして最深部へ。

■BOSS・デモンズウォール
とにかくスピード勝負。
ローザはれんぞくまでスロウ&全員にヘイスト、
その後カインとエッジにバーサク。
よくリディアは詠唱時間の短いバイオを……と解説されるが、
カウンターの石化にらみ(徐々に石化)が意外と厄介なので、
1発のダメージが大きい召喚リヴァイアで攻めます。
そろそろクラッシュダウンが来るかな、と思ったところで撃破。

2つサブイベントやったおかげで若干レベル上げすぎてるかも。
封印の洞窟を出るわけだが、オリジナル版では使えたはずの
デジョンが使えなくなってる(テレポは元々不可)。
結局、ちまちまと歩いていく羽目に。ブレイズうぜぇ。

エッジ「なるほどね、行きはよいよい帰りは怖いってことかよ…」

言葉が身にしみます。
出口付近でカイン裏切りイベント。

カイン「おれは…もう…しょうきにもどった!」

平仮名なのが無駄に怖いです。

む、カインの装備剥ぎ取るの忘れた。
このまま進めようかとも思ったがブラッドランスが消えてしまうのも嫌なので
致し方なくリセットして封印の洞窟最深部から歩きなおし。
かったる。
カインに裏切ってもらってドワーフ城に戻って飛空艇再改造。
ミシディアに行って魔導船復活イベント。
長老しか話さないのに無駄にボイス付ですかッ!
FF4屈指に名場面ではありますけれども。

とりあえず魔導船の中を歩いてみる。
当たり前だが構造はオリジナル版と同じ。
分かりにくい回復ベッド(DS版は回復ポッド?)も健在。
メカニカルな船内に違和感たっぷりのデブチョコボは……


Dsc04641


メカっすかww
話し掛けるとちゃんと機械音出すあたり凝りすぎです。

ついでなのでイベントシアターでルビカンテ戦のムービーを見る。
この場面は何度見ても最高だな!
やっぱりリディア合流場面はボイス付にして欲しかった……orz


 ↓ あなたは子リディア派 or 成人リディア派?

|
|

« DS版FF4プレイ日記(5)夏のサマカンテ | トップページ | 記事ナンバー1000とデザイン変更 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/17592361

この記事へのトラックバック一覧です: DS版FF4プレイ日記(6)寝落ち:

« DS版FF4プレイ日記(5)夏のサマカンテ | トップページ | 記事ナンバー1000とデザイン変更 »