« DS版FF4プレイ日記(3)屈辱の再プレイ | トップページ | 第7回2008冬終了アニメ調査(2007/10-12月期)に参加する »

DS版FF4プレイ日記(4)踊る人形カルコブリーナ

→黒い甲冑ゴルベーザと続くBGMの流れは神。

プレイ日記にコメントいただきました。

> 店員「いらっしゃいませ!何になさいますか?」
> ミクル。 あ、間違えた、ユキで。

これは上手い!
是非注文したいところです。
魔法少女ミクルは何の役にも立ちそうもないですが、
ユキはやっぱりバランスブレイカー?

前回はようやくダークエルフのイベントを終了したところまで。
ムサ男達の戦いはまだまだ続きます。

 ↓

 ↓

続いてゾットの塔へ。
うっかりしていたが、ここで一時的に飛空挺が使えなくなるんだった。
森があるところは黒チョコボで行けるんだけど、ミスリルの村が使えない。
そこまで致命的ではないが……。

ここは炎属性に弱い敵が多いのでファイラを撃ちながら戦ってれば楽勝、
って印象だったのだが、やっぱりそうはいかないDS版。
それどころかブリーズビーストの「ふぶき」とか
問答無用で1000近い全体ダメージは反則。HP満タンでもテラ即死だし。
雑魚戦でシェル必須とか先が思いやられます。

やけに広々と感じるマップを丁寧に歩いてアイテム回収。
敵と戦えばレベルも上がっていきますし。
と言うか、マップ100%でちょうど良いレベルになるよう調整されてる気がする。
途中でフレイムソードを拾ってセシルに装備。
弱点が突けるようになって多少は戦いが楽に。
フレイムシールドとアーマーは防具が弱いシドへ。ふぶきダメージ軽減は大きいな。
テラは相変わらず即死だけど。
物凄い勢いでフェニックスの尾が減ってゆく。

■メーガス三姉妹
サイレスが効くと先に聞いてしまったので、
プロテスとシェルで守りを固めた後、ラグにサイレス。

「マグ姉、はね返して!」
「デルタアターックッ!」
「…………」

なんて間抜けな。
まず叩かなければならないマグ(真ん中)が「カウンターたたかう」を
撃って来るのがちょっと面倒だったが、ヤンのためる&攻撃で対処。
それどころか、リフレクの掛かってるマグにさらにリフレクを掛けつづけた結果、
パーティ全部にリフレクが掛かってしまった。
と来れば、逆デルタアタックのチャンス

味方全体に向けてバイオ、三姉妹に跳ね返ってダメージが溜まってたマグ撃沈。
次のターンで味方全体にファイガ、ドグとラグに5000超のダメージを与えて撃沈。
SFC版初プレイ時にさんざん苦しめられたのが嘘のようなDS版での大勝利でした。

続いてテラのメテオイベント。
肝心のメテオ発動はムービー扱いですらないのですか!
オリジナルも戦闘画面だったんで予想はしてましたけれども。
ローザ救出ののち、バルバリシア戦なんだが、
ここで負けるとまたメテオイベントから見直さなければならないので、
その意味でも負けられない戦い。

■BOSS・バルバリシア
オリジナル版どおりなら「風のバリア中」のバルバリシアは
ジャンプで崩すしかない。で、それはDS版も同じ。
決定的に違うのはバリア無し状態で攻撃すると「カウンターかみなり」で
シェル無しでは800~1000ものダメージを食らう。
HPが560しかないローザ即死。(テラでさえ1000超えてたのに!)
最初やられたときはもうダメかと思ったですよ。
ちなみに魔法を使うと「ミールストーム」で全員瀕死。
うっかりライブラなんて使ったから大変なことに!

こうなるとスロウも使えない。なんとか体勢立て直して、
セシルとローザの2人がかりでプロテスとシェルを張る。
セシルがこの2つの魔法を使えるようになったおかげで、
本当に絶妙なバランスが取れてるな。DS版スタッフ理解しすぎ。

あとはひたすら持久戦。
バリアを張るまでひたすら待機、張った瞬間にカインがジャンプ、
バリアを崩したら「ためる」状態で待機してたヤンが殴り、この繰り返し。
シドはアイテム回復に専念。フェニ尾はとうとう底を突き、
ローザの残MPが気になりだした頃、ようやく崩れ落ちてくれました。

カインからマグマの石を受け取った後、地底への道を探すのだが、
ここは全くのノーヒント。この辺りが昔のRPGって感じですな。
そう、昔のゲームは「船」とか「飛空挺」とか手に入れたら、
マップの隅々まで行って自分で次の目的地を探したものです。
最近のゲーは勝手に次の目的地を指定されるから困る。
ちなみにオリジナル版プレイ当時、意外とあっさりアガルトは
発見できてしまいました。

アガルトでプディングウェイのイベントをこなして地底へ、
なのだがその前に装備チェック。
オリジナル版では「しゅうじんのふく」だけと言う
トンデモ装備だったローザがいやしのつえやらさんかくぼうしやら
さらわれる前より充実した装備をしてらっしゃる。
ゴルベーザもいいところがあるじゃないか。
いや、むしろこれはカインの趣味か。広がる妄想。

そんな変態竜騎士もバルバリシア戦ではちょっと物足りなかったので装備強化。
シドに持たせていたフレイム防具をカインに。
さらにエブラーナで拾っておいた「ブラッドランス」を装備させる。
ステータスダウンがちょっと気になるが無視。
シドの装備は全部外しておきます。

ここからしばらくイベント続き。
エンタープライズ墜落してドワーフの城へ。
到着時点では設備関係がまったく使えないのが痛い。
王に謁見してクリスタルルームへ。
カルコブリーナの気持ち悪さが3Dになって増幅しているな。

■BOSS・カルコ&ブリーナ
「すなどけい」でカルコの動きを止める……というのがオリジナル版の攻略法。
試してないがどうせ効かなくなってるだろうから、
ひたすら殴り攻撃。ブリーナ1体だけ残してカルコを順に叩いていたら、
ブリーナが自爆してローザ死亡。
復活させる暇もなく、ジャンプで落ちてきたカインが最後のカルコを倒して戦闘終了。

カルコブリーナに合体しなかったのでモンスターリストは埋まらない気がする。

■BOSS・ゴルベーザ&黒竜
やべぇ、レディアントブレスがカッコ良すぎる

そんなわけでオリジナル版初プレイ時、突然のミストドラゴン登場と
リディアの復帰に大興奮した対ゴルベーザ戦。
リメイク版ではどんなパワーアップを見せてくれるのか、期待大。
ところが、そんな期待どころではなく大幅なパワーアップを受けている
リメイク版ゴルベーザ。
リディア復帰とともに「バリアチェンジ」。

なんですと!?

オリジナル版は炎が弱点だったので「フレイムソード」を装備したまま、
ゴルベーザが撃って来る魔法も強力で、2発喰らったらリディアが死ぬ。
リディアは回復に回るのを余儀なくされ、
セシルがアイテムでローザ復帰を……とおもったら、
なんとフェニックスの尾がない
バルバリシア戦で使い切ったんだった!

ローザの復活が出来ず、やがて回復が追いつかなくなり、
ライブラで弱点を見破る間もなくリディア、セシル相次いで倒れ全滅。
おそるべしリメイクゴルベーザ……

|
|

« DS版FF4プレイ日記(3)屈辱の再プレイ | トップページ | 第7回2008冬終了アニメ調査(2007/10-12月期)に参加する »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

初めましてこんにちは。ゲームをやっていると人の感想も見たくなる症候群によってたどり着きました。1回目から見ていますが今回初めてコメントをさせていただきます。

が、

ゴルベーザ強いですよね;下手な魔法も数うちゃ弱点!というよくわからない心構えで、相手を回復させたり弱点をついたりがむしゃらに倒したのはいい思い出です。バクチっぽくラムウを打ったり(笑)

あと、マップ100%にすると丁度いいレベルというのは同意です!まあ、おかげでGBAでクリアしたレベルに、ラスダン前なのにたどり着いたりしていますが・・・

投稿: でご | 2007.12.31 01:00

>でご様
はじめまして、鏑木と申します。
第1回から見ていただいてるとのこと、ありがとうございます。励みになります。

ゴルベーザには本当にしてやられました。
バリアチェンジは反則ですよね。ただでさえ少人数で苦しいところ相手の弱点さえ分からないなんて(汗)
そんな中、バクチ攻撃で撃破したとは敬服に値します!

第1回で書いた通り、FF4ならソラで攻略法言えるくらいやりこんでいるんですが、自分のような人間は間違いなく大ハマりしていることでしょう……。

実プレイはもう少し進んでいるんですが、果たしてクリアレベルは幾つになるのでしょうか……。
プレイ日記は最後までお届けしますのでよろしければ今後もお付き合いください。
では!

投稿: 鏑木 | 2007.12.31 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/17518620

この記事へのトラックバック一覧です: DS版FF4プレイ日記(4)踊る人形カルコブリーナ:

« DS版FF4プレイ日記(3)屈辱の再プレイ | トップページ | 第7回2008冬終了アニメ調査(2007/10-12月期)に参加する »