« 年の瀬クライマックス | トップページ | DS版FF4プレイ日記(4)踊る人形カルコブリーナ »

DS版FF4プレイ日記(3)屈辱の再プレイ

Dsc04504

突然ですが公式攻略本を書店で目撃し衝動買いしてしまいました。
と言ってもストーリー攻略とか見るのは素敵な難度を誇る
DS版の面白さを半減してしまう気がするので、読むのは設定部分だけ。
先にネット攻略を見てしまった俺が何を言うのかという感じですが。

前回までのあらすじ。
セシル・テラ・ヤン・シドの平均年齢40代の男達が紡ぐ物語は、
ダークブレスを操るダークドラゴンの前に潰えようとした。
そのときプレイヤー(鏑木)が取った行動とは?

 ↓

 ↓

プレイ続行を断念

DS版がここまでハードだとは思いませんでした。
正直ナメてました。
懐古厨なのでハードゲーになると逆に燃えてしまうんですけれども、
ムサパーティーで頑張るのはちょっとどうかと
思うフシもありまして、残してた途中のセーブデータからやり直しを決意。

> スロット2 暗黒セシル・幼年リディア・ギルバート・ヤン(ファブール乗船前)
> スロット3 パラディンセシル・パロム・ポロム・テラ・ヤン(カイナッツォ撃破前)

はじめスロット3からやり直そうかな、と思ったんですが、
どうやらデカントアビリティに取り忘れがあるらしくスロット2まで遡ることに。
セーブデータから逆算するとプレイ時間にして約3時間が消失。

セシル、リディア、ギルバート、ヤンの4人パーティ。
こんなメンバーでカイポまで戻るなんてことオリジナル版でもやったことないぞ。
幸いにしてDS版はリディアがケアルラまで使えるので苦労することなく、
(そもそもヤンが強いので回復の必要性もあまりない)
カイポに到達してデカントアビリティ「アイテムのちしき」回収。
これはのちに「オートポーション」とともにポロムにセット。

ファブール乗船前にデカント「カウンター」をもらってセシルにセット。
「カウンター」超強ぇぇ!
敵が強い分、単純にこちらの手数が増えるのは絶対的に有利。
1週目(?)はデカントとか良く分かってなかったんで無視してたんだが、
これは難度激変するわけだ。

試練の山辺りからレベルアップを重点的にこなしていく。
(後で考えると暗黒セシル、パロム、ポロムのLVを上げても仕方ないじゃないか!)
スカルミリョーネはつよがる&ファイラでねじ伏せ、セシルパラディン化。
セシルのレベルアップ兼ねて徒歩下山でデカント「のろい」回収。
「のろい」を試しにパロムにセットして使ってみるがイマイチ効果が分からん。

バロンに抜けてヤンと合流、ここも丁寧にダンジョンを回ってレベルアップ。
ベイガンをつよがる&ブリザラで殴り倒してセーブ。
ようやくスロット3(1週目)に追いつきました。

左:スロット3のレベル/右:現在のレベル

セシル 19→23
パロム 25→28
ポロム 25→28
ヤン  24→26
テラ  26→27

無駄にレベルが高まったところでカイナッツォ再戦。
今度は行動パターンも読めてるのでこちらもそれを見越した行動を取ります。
まず事前にパロムとポロムの武器だけ装備解除(どうせここでは使わん)。
1ターン目、ヤンためる、パロムつよがる、セシルプロテス、ポロムスロウ。
テラはコマンド開いたまま待機して次のキャラのATBゲージが溜まったらYボタンで飛ばす。
水を溜め始めたらすぐサンダー。
1週目プレイ時は1回しか溜めてこなかったのに今回はすぐ水を溜めてきた。
下手に攻撃するとカウンターホールドが面倒くさいので直接攻撃はヤンの「ためる」だけにして
セシルはひたすら防御。役立たず。
メインはひたすらパロムのつよがる&ブリザラ。
「weakness!」の表示がだんだん快感になってきた。
最後には「とじこもって防御体制」になったが、お構いなしにブリザラ。
とじこもってるくせにカウンターは卑怯な気がするが、かまわずブリザラ。
ほぼノーダメージ完勝。やっぱコイツ弱ぇ。
と言うか、これじゃカイナッツォいじめのためのレベルアップだ。

パロムポロムのムービーを鑑賞したあと、
カインのムービーはスキップ(スタートボタン2度押し)。
ただちにミシディアへ。

Dsc04503


ぶっちゃけファブールまで戻った理由はこれです。
デカント使いこなさなきゃこの先ますます厳しそうなので……

さぁこっから漢たちの荒行が始まります。
まずはエブラーナへ。
超強敵が潜む宝箱に敢えてチャレンジ。
エッジが仲間になるあたりで登場する敵キャラクター、
ただでさえ難度が高いDS版ではまともに戦えば即死級。
パロム&ポロムが命を懸けて道を開いてくれたのに、
廃墟の城でお宝物色中にムサいパーティ全滅とか間抜けすぎる

そこで一計を案じて「どうのすなどけい」で全体をストップ、
その隙に総攻撃。
貴重品のアイテムを使ってしまうのは惜しいが、DS版ではボスに
効かなくなってるぽいし1回あたり7000もの経験値を得られるのは美味しい。
逃げられないとは言え雑魚扱いなのでブレイクが効くので楽勝。
アイテム使う前にテラを殴り殺されたときは焦ったが……。

宝箱の中身として「ねむりのけん」「ブラッドランス」「パワーリスト」を入手。
ランス以外はセシル・ヤンの装備として貴重。
ねむりのけんなんて15も攻撃力が上がるじゃないか!
(どっちも磁力の洞窟では使えないのだが、パワーリストは何故NG?)

さて磁力の洞窟へ。今回は逃げずに戦います。
ここでまともに戦うなんて下手したら初めてじゃなかろうか。
セシルも金属製装備は全部解除、戦闘では役立たずなので、
後列に下げてひたすら防御。
ときおりカウンターが発動するが何の役にも立たない。

テラ「想像以上の磁力じゃ…!私のMPがどこまでもつか…」

地下2階で尽きました。

シド「磁力か…肩コリにはよさそうじゃが…」

何を言ってるんだ。

さて、基本的にはテラはフレイムロッドで攻撃。
ヤンとシドが殴り倒す作戦で一戦ずつ突破。
なんと「ねこのつめ」やら「マインドフレア」やら貴重なアイテムを入手してしまった。
マインドフレア(召喚魔法)なんてオリジナル版でも入手したことないぞ。

MAPコンプリートする頃にはセシルLv31、テラ33、ヤン32、シド29に達し、
セーブのうえボス戦にチャレンジ。
通算4度目となるひそひそうイベントを見る。

セシル「ありがとうギルバート。これで剣が使える…!
シド「おお!肩コリが…いや磁力が消えた…!?

おっさん何言ってるんだ!

■BOSS・ダークエルフ&ダークドラゴン
まさしくリベンジ。
過去2戦の反省からエルフの間に徹底的に守りを固めて、
装備も弱点属性をセット。

ヤン:攻撃(炎の爪+猫の爪)
セシル:プロテス
シド:改造(ボムのかけら)
テラ:スロウ→シェル

2ターン目以降はセシルも攻撃に参加(伝説の剣/聖属性)テラは回復に専念。
攻撃が激しくないエルフのうちに守りを固めるのが決め手でした。
ドラゴン変身後もダークブレスが来ない幸運もあって意外とあっさり勝利。
あっさりと言ってもやり直しのみならずかなりのレベルアップをしてるわけで…
苦労してボスに勝つ醍醐味を久々に思い出した。

いやはや、絶妙なバランスを誇るDS版万々歳です。

 :

おまけ。
トロイアのWブッキングウェイイベントにて。

店員「いらっしゃいませ!何になさいますか?」

Dsc04505

「ミルク」ってそれだけでも笑えるんだが、
これはもしかするとラムザ(FFT)をインスパイヤしてるんじゃなかろうか?
なんて遊び心溢れるDS版か……!


 ↓ ご注文は?

|
|

« 年の瀬クライマックス | トップページ | DS版FF4プレイ日記(4)踊る人形カルコブリーナ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/17499319

この記事へのトラックバック一覧です: DS版FF4プレイ日記(3)屈辱の再プレイ:

» 16年ぶり。 [++憂うつな月曜日++]
やはり時間は有効に使いたい。 16年ぶりのトリップを決行。 トリップ1時間後。 はい、 始めました。FFIV(NitendoDS)。 あまり... [続きを読む]

受信: 2008.01.04 03:35

« 年の瀬クライマックス | トップページ | DS版FF4プレイ日記(4)踊る人形カルコブリーナ »