« CLANNAD~#5「彫刻のある風景」レビュー | トップページ | なつかしのアニメレビュー(4)「アンドロイドアナMAICO2010」 »

辞任ブーム

昨日は出身大学の学園祭へ。
千葉から遠路はるばる神奈川の山奥に出向いてそのまま飲み会、
終電を逃し帰宅できず。
神奈川在住の同級宅で始発までニコ動で時間を潰し、
7時前に帰宅して爆睡。気がついたら夕方でした。

日曜日は無為に過ごしてしまいました。
そして既に眠い。(執筆現在21:30)

起きてからまとめて消化した週後半アニメ感想「Myself;yourself」「スカイガールズ」「二ノ宮くん」「シャナII」「ガンダムOO」5本。

 ↓

 ↓
【Myself;yourself】
「で、おじさまお話はそれだけですか」
「舞の舞台の件、やはり篝火はライトを使うことにしたからそれを伝えようと思ってな」

疑問1 何故オジサマと住んでいる?
疑問2 何故篝火を使えない?

キャラ同士のやり取り(Not主人公)で視聴者に疑問を与える手法は
古典的ながら秀逸。

「むしろ心配なのは心のほう」
「年明けにお孫さんをなくしてから、少し様子がおかしくて……」
「どこで何をしてたのか、帰ってきたときには両手泥だらけにして」

何この不気味なフラッシュバック
ななかにもバイオリンのトラウマが発動。篝火の一件とあわせて「火」がキーワード?
日高君の空気の読めなさはエロゲ主人公のスタンダード。

「サナちゃーん!迎えに来たよー」
「アオイちゃん、浴衣下ろしたんだ」

日本人離れした体形だと似合わないと言われてるんだぜ?
アオイちゃん自身はそうだが金朋はしゃっぎっぷりはそれだけで笑えるぜ。

「あの……だったら私に……」
「あーっ!イエティ君だぁーっ!」

ななかの報われなさは異常。
日高君の空気の読めなさはもはや諦めた。
むくれてるななかは可愛すぎるぜ。
どうも順当にメインヒロインの座を射止めてくれそうだが、
報われないヒロインスキーとしてはもうちょっと日高君には
空気読めないっぷりを発揮していただきたい。

「けど、朱里がそんなことに詳しいなんてちょっと意外だな」

間違いなく田村ゆかりに「桜の伝説」を喋らせたかっただけで、
梶井のお婆ちゃんは後付け設定!間違いない!
きっと朱里は何千回もこの祭りを繰り返してるですよ。
だからあんなに詳しいんですよッ!
つか、祭り→舞のコンボってひぐらしにインスパイヤされすぎだよ……。
これじゃまるで踊ってるななか死亡フラグ。

【次回予告】
「次回は皆さんお待ちかね!
 大人の魅力たっぷりの私が、大活躍しちゃうよ!
 セクシー女子小学生と色々持て余してる男子高校生が一つ屋根の下で、
 むふふふ~~~!」
「内容は、王道ラブコメですから!変なシーンはないですからね!」

ダ・カーポ×ひぐらしを繰り出して来たかと思いきや、
今度は「こどものじかん」と「過度な期待はしないでください」ってことですかッ!

と言うか、梶井のお婆ちゃんはまさか1話完結?
王道ラブコメどころか、ひぐらし未完ばりの後味の悪さなんですけど…
セクシー女子小学生とか、ななかのトラウマなんぞより、
梶井ひぐらし伝説の続きが気になって仕方ない。
そしてこの後味の悪さと、エンディングいとうかなこボーカルがマッチしてしまうからまた困る。

【スカイガールズ】
何このにわかにシリアス展開。
そろそろワームの正体とか明かされてきてこのままシリアル路線に走るのか。
前クールのマイペース感を買っていた身としては少々残念。

「やってきた謎の少女は、私が敗北したソニックダイバーテストパイロットだった」

次回予告でネタバレって斬新にも程があるぞ。
さてこの謎の少女がどんな展開に持っていってくれますやら?

【ご愁傷さま二ノ宮くん】
「せんせ~い!」
「二ノ宮くぅ~ん!」

作品を間違えました
見ない宣言したのにスーパー沢城タイムと聞きつけて見てしまったよ。

最初に見込んだとおり、沢城お嬢メインなら面白いな。
悪意の塊の姉・兄がウザったいのを見切りの理由に挙げたが、
人畜無害の振りした保坂はそうとう不愉快だ。

とりあえず沢城ボイスの喘ぎ声に始まってサキュバス能力発動とはまさにスーパー沢城タイム。
これを聴けただけでも稀少。


【灼眼のシャナ】
「えっと…緒方は確か近かったな」
「んん?」

オガちゃんの可愛さはときに吉田さんすら凌駕する!
しかしオガちゃんまで巻き込んであのシリアス路線は
いったい何処へやらですよ。むしろ歓迎ですけれども。

ヴィルヘルミナ「全てのレシピを応用して、ひと手間加えているのであります」
アラストール「……応用?」

時おり見せるアラストールの突込みが面白すぎる件。
何気に食べ物が効果的に使われているのは好感。

【機動戦士ガンダムOO】
サジ「ねぇルイス。最後に言おうとしてた言葉ってなんなの?教えて」
ルイス「…………教えない」

これは凄まじいルイス回でござった。
キャラ設定的にはどうかと思うが千和スキーとしては満足。
そしてサジに嫉妬。

「さすがだ……ロックオンストラトス」

地上から狙撃って無茶苦茶にも程があるが、
その無茶っぷり込みがソレスタルビーイング(笑)
と言うことにしておこう。

|
|

« CLANNAD~#5「彫刻のある風景」レビュー | トップページ | なつかしのアニメレビュー(4)「アンドロイドアナMAICO2010」 »

アニメ感想(07年10月期)」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。

>千葉から遠路はるばる神奈川の山奥に出向いてそのまま飲み会

 お疲れ様です…っていうか、ひょっとして鏑木さんは神大(ryもしそうなら私の実家とそこそこちかい(ry

>キャラ同士のやり取り(Not主人公)で視聴者に疑問を与える手法は
古典的ながら秀逸。

 手堅いストーリーの進め方ですよね。この辺りが安心して観ていられる所以なのかもです。

>とりあえず沢城ボイスの喘ぎ声に始まってサキュバス能力発動とはまさにスーパー沢城タイム。

 今期の沢城タイム充実っぷりは凄いんですが、やっぱり神髄となるとこの作品でしょうかね。

 それでは。

投稿: サトシアキラ | 2007.11.04 23:12

どうもお世話になっております。

> ひょっとして鏑木さんは神大(ry

残念ながら神大ではないです。
神大なら山奥と言う表現はしないと思いますし(笑)いや、山奥のほうにもあるんでしたっけ…

> 手堅いストーリーの進め方ですよね。この辺りが安心して観ていられる所以なのかもです。

手堅さとサプライズのギャップが凄いことになってますよね。金朋ボイスに掛かれば全部サプライズになってしまいますが…

> 今期の沢城タイム充実っぷりは凄いんですが、やっぱり神髄となるとこの作品でしょうかね。

ですよね~。沢城ファン狂気必至です。
今期の沢城タイムはかなり多いと思うのですが、基本的には見切り(この作品含めて)となってしまいました…。

投稿: 鏑木 | 2007.11.05 07:22

いやいや、今回のガンダムはルイス回に見せかけてオッサン祭りでしょ。
「しかし……まだ乙女だ」
この台詞の為だけにあった回といっても、過言ではないね!!

…ごめんなさい。嘘です……オッサン気持ち悪いよ……

投稿: リョータ | 2007.11.05 17:30

>リョータたま
正直、オッサンが何をそんなに頑張っているのかについてはネタにしようか考えた。

オッサンですから、乙女大好きなんです。
オトメはボクに恋してるんです(勘違い)
それこそが未来の地球の姿と言う、ガンダムOO製作者からのメッセージなのですよ!(大嘘)

投稿: 鏑木 | 2007.11.05 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/16975234

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任ブーム:

« CLANNAD~#5「彫刻のある風景」レビュー | トップページ | なつかしのアニメレビュー(4)「アンドロイドアナMAICO2010」 »