« DQ3プレイ日記(13)ネクロゴンドにご招待! | トップページ | 現代アニメーションにおける斧の役割に関する考察 »

School Days放送中止及びNice boatについて

School Days:京都の父殺害事件で最終回の放送見送る(毎日新聞まんたんウェブ)

この記事、ヤフーでも配信されていて一時的にヤフートップにも出てました。
ご多分にもれず、自分もそこで知ったわけですが、
まさか職場のPCで(サボっているわけではないです、決して)
「伊藤誠」だの「桂言葉」だの「西園寺世界」だのの
ワードを目にするとは予想だにしませんでした……。

実は最終話ということで最速となるtvkを録画していたりしたんで、
早速見てみた。

> 都合により、番組を変更してお送りしています

変更も何も「番組」ですら無いよ!
無駄に30分、綺麗な風景を見てしまった。
あんな病的な展開が、こんな美しい最終回を迎えるなんて……!

Schooldays

千葉テレビも今宵OA予定でしたが既に放映中止が決定。
(終)の文字がむなしい。
それにしてもこのタイミングで放映中止とは「あのね商法」もビックリだぜ……。

 :

気を取り直しまして、アニメ感想「エルカザド」「ひぐらし解」「ドージンワーク最終回」
「なのはStrikerS」4本。

 ↓

【エル・カザド】
「魔女の力はお前にも、ある」
「リリオ……!」

リリオ喋ったよッ!
ここまで引っ張っただけのことはあるな!
操られてるんだかなんだか知らないが、
ブルーアイズさえ覚醒させるとは。

そして蘇ったエリスが今度はナディを復活。
なんと言うザオリクごっこ
そして逃走したはずのローゼンバーグと一騎打ち。

ローゼンバーグ「エリス……わたしはあなたが、ねたましい」
ブルーアイズ「こうして二人は、長い旅を、終えた」

綿密に分析してしまえば意味が分からないのだが、
ナディ&エリスの「二人の旅路」(copyright うたわれRadio)をずっと描いてきたことを
思えば申し分なし。そうやって見てきたからこそここまでついてきたわけで、
変にローゼンバーグが頑張っちゃったりしてたら萎えてた。

次回、最終回は後日談?
とことんナディ&エリスを描いちゃってください。

【ひぐらしのなく頃に解】
ぶっちゃけ、この作品こそ打ち切りの憂き目に合いそうな気がしてなりません。

【ななついろ☆ドロップス最終回】
BRAVIAの大画面でこんなアニメを見てる俺は本当にダメだと思う
まぁ、ダメなのは分かっていますし、
そもそもこのアニメ、途中の10話くらい見ていないんですけど。
ありがとうW録。

えーと、10話くらい吹っ飛ばした後にクライマックスを乗り越えた後の
後日談「だけ」を見てしまった。
ここに至るまでの過程が大事なんじゃないのか?>俺

「一発で変換されるくらい、俺は何度もこの名前を打った!」

ごめ、ちょっと感心した。
ケータイの予測変換が普通にシナリオで使われるご時勢だなぁ。
ギャルゲアニメとしては及第点なんじゃね?などと投げ槍にコメント。
光を多用する作品は、大画面だといいなぁと改めて思いました。

【ドージンワーク最終話】
モモコ「頑張って書きましたもんね~」
きみこ「もうヤダ!」

最後まで良いクオリティでした!

見事、同人誌即売会に漕ぎ着けたわけですが、
肝心の即売会は単にヲタクが映ってるだけでかえって見苦しいものでありました。
とりあえず企画としては成功したんでよろしいのでは。
二番煎じは空振りそうだけど。

> 10月2日(火)からは「げんしけん2」を放送します

ドージンの次もヲタクっすか。
えーと、秋新番についてはそろそろ別記事に仕立てます。

【リリカルなのはStrikerS】
今日の記事は「School Days」最終話を最後に持ってくれば綺麗にまとまるな、
とか考えていたんですが。全部おじゃん。
亡国首相(現職)みたいなことされました。
仕方ないので週後半分に載せるつもりだったなのはStrtikerSを持ってきました。
今週も無駄に長いです。

ヴィータ「なのはも、もう玉座についてる頃だよな……」
柿原「Yeah!」

2週間、一言も発しないで何やってたんですかゲボ子。
なんでボロボロだったのかももはや覚えてないし。
それにしてもグラーフアイゼンは中の人がシモンだと思うと、
それだけで笑えてきてしまう。

ゼスト「本当に守りたいものを守る、それだけがなんと難しいことか」

守りたいものって、クオリティですか?

ヴィータ「はやて……みんな、ごめん」

鉄槌の騎士ヴィータ&グラーフアイゼン散る。
どうみても犬死にですが
今まで高みの見物を決め込んでたはやてに突如出てこられてもなぁ……。

【B-Part】
なのは「見つけた……!」

さすが白い悪魔!最深部とか壁とか全然関係ないぜ!
無茶苦茶もいいところだが、これこそ俺が望み続けたなのはクオリティ。
もはや手遅れだけど。

はやて「行くよ、リィン!」

はやてが既にリィンとユニゾン済みな件。
そしてこれで出番終了。おいおい見せ場無しですか。

ヴィヴィオ「強くなるって……約束したから」

いささか強くなりすぎたようです。
そんなわけでヴィヴィオもすんなり撃破。
しかしヴィヴィオ(水橋かおり)と言い、クアットロ(斎藤千和)と言い
中の人は味方より敵が目立っちゃってるのはなんて皮肉。
同じ声のキャラクターが遺伝レベルでつながってる?系統のネタは
ちょっと期待してたのにそれもないようで。

中原「スバルー!」
千和「ティア!」

まだ居たのかねキミたち
第1話と逆に、スバルがなのはを助けて結末かな……と思ったら後日談?
次回予告で動いてるヴィータ出しちゃダメだろ。
最後までgdgdな感じです。残念。

|
|

« DQ3プレイ日記(13)ネクロゴンドにご招待! | トップページ | 現代アニメーションにおける斧の役割に関する考察 »

アニメ感想(07年07月期)」カテゴリの記事

コメント

>School Days放送中止

例の事件が原因というのが事実なんでしょうけど、事件=アニメという関係をまるで証明してしまった様な一件ですな。それだけに放送局に正直がっかりでしたよ。というか、その前にやってた「クレイモア(かなり残酷なシーンが多々あった)」を放送した日テレって…。

>綺麗な風景

「実写に迫る神作画!」このフレーズを見て吹きました。

>ひぐらしのなく頃に解

今最も危機に立たされた作品ですな。シーンカットか、あのね商法かなあ…。

>なのは

もう根性だけで見てる作品です。いかん、つまらなさが種死と並んでしまった(だいぶ前から)

>はやて

あれ?アナタ誰ですか?

>最深部とか壁とか全然関係ないぜ!

むしろ最初からそうしろと小一時間ry

投稿: シール | 2007.09.19 23:26

>シール様
■放送中止
いったいどんな最終話だったのかお蔵入りとなった今現在では確認のしようがないわけですが…殺人描写のあるアニメなんて少なからず存在するわけで、それだけにタイミング悪かったなぁ、と感じます。

■神作画
城に描かれてる画ですよね。
さすがSchool Days、我々の斜め上を行きますな!

加工画像を結構拝見しましたが「上映会」の映像がnice boatに差し替えられてるバージョンに爆笑しました。
…もしかすると、これは伝説の目撃者になれたのかも知れません。

■なのは
確かに種死のがっかり感に通じるものがあります。
一方で裏切られた感で言えばD.C.S.Sに匹敵するんですよね…。D.C.S.Sと同じタイミングでOAされ、神アニメと評したのがなのはA'sだったのはなんたる皮肉でしょうか。

それでは!

投稿: 鏑木 | 2007.09.19 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/16505520

この記事へのトラックバック一覧です: School Days放送中止及びNice boatについて:

» School Days 第12話(最終話)「未定…」 [ネギズ]
今や問題のSchool Days最終話。 通称斧女の事件で放送中止。 残念極まりないな・・・。 [続きを読む]

受信: 2007.09.25 18:48

» School Days スクールデイズ 第12話「スクールデイズ」 [まったり☆ヲタ日記]
「都合により、番組を変更してお送りしています。」(つд⊂)ゴシゴシ(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? ニコニコに12話があがっていたので、よし見ようとクリックしたらこれですよ・・・ 放送できないほどの内容だったのか・・・チバテレもどうやら中止みたいだし。 だいたい11....... [続きを読む]

受信: 2007.09.27 19:01

« DQ3プレイ日記(13)ネクロゴンドにご招待! | トップページ | 現代アニメーションにおける斧の役割に関する考察 »