« 現代アニメーションにおける斧の役割に関する考察 | トップページ | 夏の終わり、夢の終わり »

ぶるぁぁぁぁぁヴィア

BRAVIAのCMナレーションは若本御大にお願いするべきだと思いました。
嘘。

そんなわけでアニメ視聴もスゴ録+BRAVIAにシフト。

今までPCで録画&視聴してて画像サイズは最大でも17インチ、
それが一気に地デジ20インチになったわけで。
スゴ録の予約録画は聞きしに勝る快適さだし。
満足満足。
しかし世間のヲタ達はもっと大画面で見ているというのか。
うーむ。いかに自分が乗り遅れていたかと言う話ですよ。

さてアニメ感想「おお振り」「スカイガールズ」2本。

 ↓

【おおきく振りかぶって】
「夏祭り」なんて久々に聞いたよ!
このアニメの真髄は動きもさることながら、雨の描写と
本物さながらの吹奏楽と思っている。

「花井ッ!」
「うるぁぁぁぁぁぁッ!!」

犠牲フライ刺してゲッツーとか熱すぐる。
まさか勝つとは。
ちょうどスラムダンク全巻読破ところなんで、この試合で全力尽くして
次の試合でボロ負け「第1部完」なんて結末に1票。

【スカイガールズ】
音羽「エリーゼだっておうちの人に会えたら嬉しいでしょ?」
エリーゼ「そんなのどうだっていいじゃない!」

あれ、エリーゼって確か家族全滅してたんじゃない?
単なるアニ様フラグかと思ったが、
毎回毎回深いテーマを練りこんでくるな。

音羽「あたしにも双子の弟が居たんだけどさー」
「ユウキって言うんだけど、行方不明になっちゃって」

弟について言及したのはたぶん初じゃなかろうか。
勝手にお亡くなりだと思い込んでいたが。アニ様も。
結局アニ様は一言も発しなかった上に顔すら出てこなかったんだけど。

可憐&エリーゼはなかなか絶妙な炉……コンビですな。
エリーゼは音羽タイプのトラブルメーカーだと思い込んでいただけに、
普通に溶け込んでたのは意外。
そんなわけで追浜基地を後にした一行、
いよいよシリアス展開に……なるわけないか。

Dsc03967


どうみても斧です
即刻(略

【さよなら絶望先生】
の10巻を読んだ。

「樹海ガールズ」と「おおきくぶれまくって」には大爆笑した。

|
|

« 現代アニメーションにおける斧の役割に関する考察 | トップページ | 夏の終わり、夢の終わり »

アニメ感想(07年07月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/16538853

この記事へのトラックバック一覧です: ぶるぁぁぁぁぁヴィア:

« 現代アニメーションにおける斧の役割に関する考察 | トップページ | 夏の終わり、夢の終わり »