« D.C.IIコンシューマキャストに関する考察 | トップページ | 劇場版CLANNAD速攻レビュー(舞台挨拶つき) »

ストレス社会におけるナントカ性胃腸炎

病院と言う場所に勤務して感じたことなんですけど、
病名って「いい意味で適当」につけられたりするんですよね。
外傷とかならまだ分かりやすいんですけど、
検査とかせずにその場で医師が診断する内科系疾患とか。

たとえば「上気道炎」。
素人が見るといったいどんな病気かと思うんですが、
これをググってみると「いわゆるかぜ(感冒)と呼ばれるもので」
なんて書いてある。そんなもんみたいです。

迂闊なことを書くと怒られそうなのでこれくらいにしまして。
(決して悪意は無いです)

週前半アニメ感想「エルカザド」「ひぐらし解」「ドージンワーク」「スクールデイズ」4本。

 ↓

【エル・カザド】
「甘いな。命の保障をした覚えは無い。
 これは仕事じゃない。俺はこいつらを守ると決めた。
 地獄で飲もうぜ。アミーゴ」

アミーゴタ・コ・ス♪(幻聴)
リカルドかっけぇぇぇ!

と言うことで満を持してローゼンバーグ登場。
影で糸を引いているのが彼であることくらい、これまで散々描写されていたので
驚きには値しないが、逆にネタバレが淡々としすぎているな。

「地獄で飲もうぜ。アミーゴ!」

アミーゴタ・コ・ス♪(幻聴)
リカルドかっけぇぇぇ!

いともあっさりエリスへの想いを消され、これまたあっさり記憶復活し、
最後まで凄まじい噛ませ犬っぷりを発揮したエルエー。
リリオをエリスと勘違いしたまま絶命とどこまでも哀れ。
試験管レベルでの想いとか超シュールだし。
リリオにこのポジショニングを持ってきたのは上手いな。
おかげでリカルドに死亡フラグがちらつきっ放しだったが、
死亡フラグを乗り越えた男は強いぜ。

【ひぐらしのなく頃に解】
「はぁ~市政は町会の太鼓もちじゃなし~
 特定の町会ばかりに便宜を図るのはどうもね~」

台詞はともかく、この態度が俺の上司そっくりで吹いたwww

結局役所を動かすにはトップを叩くしかないんだよねぇ。
変なところで共感してしまった。

実際はトップも無能で中間管理職が責任なんて取るわけも無く、
末端にしわ寄せが取るわけですけれども。

【ドージンワーク】
きみこ「クオリティーってそもそもなに?」

そんな発言を繰り出す貴方が一番クオリティが高いと思います!

桃子「最近露理のブルマが発売されたらしいんです」
きみこ「はくの?」

どうだったんだろうか……。
謝罪会見が楽しみでなりません。

【School Days】
光「わたしまでアンタとこんなことになってるのが」

んな馬鹿なァァァッッッ!!
先週の段階で充分狂気だったのに、そのうえ第5の女とかありえねぇ。
常に俺の想像の斜め上を行ってくれるぜ。

> メールを送信できませんでした
> おかけなった番号へはお客様のご都合により……

虚ろな目のまま電話を掛け続ける言葉はまさに狂気。
周囲の人間はなんとも思わないのか。何か思ったところで普通は引くが。

誠「言い出したのはそっちだろ~。ウチまで来といて今さら」

『みんなの誠』ってそーゆー意味かよ!
5人どころの騒ぎじゃねーぞ!
正直、こんなシナリオを思いつく人は天才だと思う。
または変態。

誠「そんなこと俺に言われたって……わかんないよ」
世界「誠の子なんだよっ!真面目に考えて!」

妊娠発覚、そしてヘタレっぷりを発揮する誠。
最低なんて言葉すら似つかわしくない。

乙女「ひとつ聞いときたいんだけどさ」
誠「世界のことなら俺のせいじゃないよ!」

挙句、乙女にまで逆ギレ。本当にもう氏ねよ。

誠「なんだよみんな。どうして誰も出てくれないんだよ。
 くそっ……なんで俺が、こんな目に」

なんででしょうね(笑)
電話が総留守電で水溜りで滑って転ぶ様はm9(^Д^)プギャー

誠「言葉、俺、言葉のこと……!」
言葉「誠君……」

そしてこの期に及んでどんでん返しとか。
もう何が何だか分からねぇ……。

> 次回 スクールデイズ

救急車のサイレンとは生々しすぎるぜ……。
特に病院勤務者としては。
いよいよ最終回、これは「ハッピーエンド」を期待せずにはいられませんな。

|
|

« D.C.IIコンシューマキャストに関する考察 | トップページ | 劇場版CLANNAD速攻レビュー(舞台挨拶つき) »

アニメ感想(07年07月期)」カテゴリの記事

コメント

>周囲の人間はなんとも思わないのか

周囲にはきっと見えてないんですよ、あの「死んだ魚の目」が!!

>なんででしょうね(笑)

主人公のアホさ加減を注意するいわゆる「大人キャラ」がいないというのも原因でしょうけど、これは…完全にお前が悪い。

>「ハッピーエンド」

この世界(キャラではない)の原因である父親諸共誠をこの世界(キャラではない)から消すのが一番のハッピーエンドなんでしょうね。

>名前

しかしこの作品のキャラの名前はめんどくさい…世界と言葉、普段から何気なく(主にアニメに)使う方としては、紛らわしい…。

投稿: シール | 2007.09.14 18:46

>シール様
■周囲
そういえば成人キャラクターは全然見掛けないですねぇ。この狂気な世界観では成人もマトモなんだか怪しいところではありますが…

■設定
「血筋」の件はどこぞで拝見しましたがさすがに唖然。そりゃ狂いもします。
12人の妹まで絡んでくるとかこないとか…

■名前
一度逆手に取った日記タイトルを使った気がします(笑)初期の頃、世界と言葉の区別がつかなかったのは内緒です。

投稿: 鏑木 | 2007.09.15 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/16438437

この記事へのトラックバック一覧です: ストレス社会におけるナントカ性胃腸炎:

« D.C.IIコンシューマキャストに関する考察 | トップページ | 劇場版CLANNAD速攻レビュー(舞台挨拶つき) »