« 2級FP技能士挑戦記(1) | トップページ | 夏のラノベレビュー(7) »

カテゴリの見直しについて

自然の猛威には人間様などひとたまりもありませぬ。

さて、どれほどの需要があるのか分からんのですが、
ブログのカテゴリ分けを見直してみました。
従来、アニメ感想関係を「アニメ・コミック」(ココログデフォルト設定)に
振り分けていたのを以下に分類。

■アニメ感想
通常のアニメ感想。
今期アニメが始まった7/2付日記より適用。
それ以前は従来どおりのカテゴリのまま。

■アニメ評価・視聴リスト
改変期の視聴リストとか、定期的に参加させて頂いてるアニメ評価とか。
元々、これを分離したいと言う意向があっての見直しだったり。

日々更新分は最新10件が表示される従来どおりの設定ですので、
あまり影響は無いかと思いますが、カテゴリ検索の際はご注意を。

 :

さて、週末アニメ感想「絶望先生」「ひぐらし」「グレンラガン」「ハヤテのごとく」
「らきすた」「ゼロの使い魔」「瀬戸の花嫁」「もえたん」以上8本。

…多すぎ。

 ↓

今週から高校野球地区予選の関係で千葉テレビの深夜アニメ放送枠が
ダイナミックに変動しておりまして。
日曜深夜なんてテレ東の「瀬戸の花嫁」挟んでアニメが2時間連続で4本とかなんだこれ。

【さよなら絶望先生】
先週が吉野家で今週は宇宙ヤバイ。
オープニングのコピペネタは毎週変えるのか。
1クール、12~13個……それくらい有名どころはあるか。
言えと言われても言えないけど。

> マッガーレ
> オレンジじゃないんです
> グゥレイト!
> 廊下は全力で走れ

今週も安定して黒板ネタ。
本編のシュール加減も安定してるが、意外と中の人豪華なんだな。
井上マリナボイスは一発で把握できるようになった。

【新番組・ひぐらしのなく頃に解】
千葉テレビが裏番組の都合で見れなかったのでtvk視聴。
千葉テレビより一週間近く遅いとは参った。

しかしこの作品、前シーズンっていつだったっけ?
微妙に忘れてる気もするんだよなぁ。
フォローしつつ展開してくれるといいんだけど。

とりあえずレナ4x歳には驚いた。

【天元突破グレンラガン】
実写wwwwwwwwwwwwwwwwww

さすがグレンラガン、単なる総集編かと思ったらこんな変化球かよ!
余計なモノローグとか一切なしで各キャラクターに焦点を充てるスタイルは
総集編としては理想形かもしれない。

「……ホント、後ろは無防備だね」
「10倍返しだ。戻ったら10倍返しだ。覚えとけよ」

この場面は何度見ても泣ける。
カミナのカッコ良さは強烈な印象に残ってるんだけど、
このときのヨーコの可愛さもまた異常ですな。
中川翔子のエンディング曲がまた良かった。
お宝映像さながらのイメージイラストは圧巻。

【次回予告】
「7年のときが過ぎた」

( ゚Д゚)!?!?

7年後って噂には聞いていたが、成長したシモンに感激。
何処までカッ飛んでいくんだこの作品は……。
これでまた一週間生殺しとか悶絶。

【ハヤテのごとく】
なにやら変則3パート構成。
CMは間に1本だけだから通常構成と言ってもいいんだけど。

問題のC-Part。

> クラウスの食いしん坊万歳
> 全世界の車窓から
> 今日のわんこ
> クラウスのお宅探訪

……一体何をしたいんだ。
クラウスの真似が微妙に上手くて笑えたが。

ナギ「はぁ面白かった。じゃあまた次回!」

『じゃあ』って何が『じゃあ』なんだ。
いや釘宮に言われたら許すけどさ。

ハヤテ「臆さぬならば、掛かって来い!」

あれこれなんだっけ?
伊藤静ボイスとともに蘇ってきたのだが、元ネタを忘れた……

【らき☆すた】
桜吐いた挙句に、中途半端なコスプレ付のだかぽネタに死ぬほど笑った。
「サクラサクミライコイユメ」まで投入して挿入歌がやたら豪華な事態に。

> エンディングクレジット
> 恋のミノル伝説
> 作詞 白石みのる
> 歌  白石みのる
> 出演 白石みのる(白石稔)
> 構成 白石みのる(白石稔)

挿入歌がハイクオリティを誇る一方で、斬新過ぎてついていけないエンディング。
しかし「恋のミノル伝説」って語呂良すぎだよ!
そしてそんな伝説見たくない。

【ゼロの使い魔2】
ウェールズって誰?

前シリーズで犬死した王子……だったかなぁ。
ヒゲ騎士の方は覚えてるんだけど。

「水の精霊が月明かりに惹かれて湖面に姿を現したのかと思ったんだ。
 綺麗になったね、アンリエッタ。君は水の精霊より美しい」

これは笑うところ?
3年前のアンリエッタがめちゃくちゃ可愛いのにビッチなんて。

「なんなりと誓いますわ。何を誓えばいいの?」
「僕を忘れると。僕を忘れて、他の男を愛すると誓って欲しい」

うーん……。
同じ「ボクのこと忘れてください」なのに全然感動できないのは何故か……。
何故も何も、こんな端折り展開じゃ感動も何もないんだけど。
むしろ物凄い勢いで空気を読んでないエンディングに泣いた

【瀬戸の花嫁】
「別にまわりはパトロールのつもりで同行するだけだからね!」

あれ、まわりってツンデレだったっけ?

だ が こ れ は い い。

そういえば、委員長って「委員長」であって、名前本当にないのか(笑)
ようやく迎えた当番回でこの仕打ち……
だが久々のまわりが可愛かったので予想外の収穫。満足!

> 本日のおススメ!!
> 委員長の名前入りサラダ
> フナムシのあら汁

これはもしかして毎週変わってたりする?

【もえたん】
田村「うわぁぁ~これは!怖いよぉ!」
檜山「小学生は黙ってろ!」

世が世なら赤メットと犬のコラボレーションが今度は魔法少女と猫とは!
THE・豪華声優無駄遣い。

田村「変身なんてしてないよー!パステルインクは私じゃないもん!」
田村「あぅぅーあぅぅー」
田村「どうしよう…バレちゃった。このままじゃ、このままじゃ……どうなるの?」

小野坂「どうにもならねぇよ」

既存の魔法少女概念を覆す超展開!
パステルインクの前にはリリカル魔砲少女もななついろなドロップスも真っ青だぜww

> 深夜アニメが多すぎませんか?スタッフ大丈夫ですか?

実際、この作品は日曜日6本目の締めですよ!

しかし妙に饒舌なこのゆかり英語は合ってるんですかね。
どんなダメアニメかと思ったが、無駄な方にクオリティが高くて参る。

|
|

« 2級FP技能士挑戦記(1) | トップページ | 夏のラノベレビュー(7) »

アニメ感想(07年07月期)」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。台風に地震、あと火事さえあれば大抵のものは揃ってしまう様な気がします。

>井上マリナボイスは一発で把握できるようになった。

 おお、結構耳慣れてきたんでしょうかね。私は女性声は分かりますが、何分少年役の方が多いような気がするので分かりません。

>この場面は何度見ても泣ける。

 カッコいいんですけどどう聞いても明らかな死亡フラグなんですよね(涙)…本当に良いアニキでした。

>伊藤静ボイスとともに蘇ってきたのだが、元ネタを忘れた……

 私は視聴していなかったのですが(では何故知っている)、カボチャとハサミのアレではないかと。余計なお世話かも知れませんが。

>むしろ物凄い勢いで空気を読んでないエンディングに泣いた。

 まあ第二話で特殊EDブチ込むのも難しかったんでしょうかね。どちらかというと世界観から外れてるのは今回のエピソードだと思うのですが。

>どんなダメアニメかと思ったが、無駄な方にクオリティが高くて参る。

 未然に突っ込まれると思われる部分をセルフパロディにしてますよね。これは上手いと思います。

 それでは。

投稿: 資格は普通免許しかないサトシアキラ | 2007.07.17 00:01

>サトシアキラ様
お世話になっております。
実は来月新潟に行く予定がありまして…
どうなりますか様子見です。
様子見してる事態でもないようですが…

> 私は女性声は分かりますが、何分少年役の方が多いような気がするので分かりません。

あぁ、少年役だとまだ厳しいかもしれません…。シャウトからダウナー系、少年少女どちらもOKと、本当に急成長された感があります。

> カボチャとハサミのアレではないかと。余計なお世話かも知れませんが。

パンプキンシザーズ!
…なんで出てこなかったんだろう(汗)
余計なお世話なんてとんでもないです。喉のつかえが取れたようです。ありがとうございました。

> まあ第二話で特殊EDブチ込むのも難しかったんでしょうかね。どちらかというと世界観から外れてるのは今回のエピソードだと思うのですが。

今回が特殊と言うのは私も事後に知りました。が、何も第2話で、しかもこんな超展開でやらなくても…と感じたのが率直なところです。第1期の悪い傾向はそのまま引き摺ってるようで。
エンディングについては、逆にこれはこれで(笑)

> 未然に突っ込まれると思われる部分をセルフパロディにしてますよね。これは上手いと思います。

最近流行のセルフパロディですが、この作品は半歩くらい先を行ってる感があります。設定からして突っ込みどころ満載ですし(笑)

それでは!

投稿: 既に挫折しそうな鏑木 | 2007.07.17 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/15782361

この記事へのトラックバック一覧です: カテゴリの見直しについて:

« 2級FP技能士挑戦記(1) | トップページ | 夏のラノベレビュー(7) »