« DQ3プレイ日記(8) ラーの鏡届けに | トップページ | ハルヒ二期に関する仮説 »

イチローが神すぎる件

映像で見たのが今朝なんですけどね、
メジャーでランニングホームランとか
どんだけ神なんですかあのイチローと言う人は。

外野手の予測と全然違う方向に転がる球とか、
「矢のように」と言う表現がしっくりくるような華麗な走塁、
挙句には楽々ホームインとか。まさに「神すぎてワロタ」状態。

さて、当直とか会議とか季節はずれの歓送迎会とか色々あって
全然消化が進まないアニメ感想。
「エル・カザド」「ななついろ」「ドージンワーク」「スクールデイズ」の4本。

 ↓

【エル・カザド】
「最近はオギャルとコタクってのが流行ってるらしいんだけど……」

汚ギャルは分かるけどコタクって。
小宅?
こんなフレーズを生み出すセンスがたまりません。

しかし西部劇に温泉ってなんつーコラボレーションだ。

清水「ぽちっ」
井上「ぁぁぁぁぁぁぁぁ」

迂闊にも萌えた。

久川「ニホンのスパでは、これが正式よ」

まぁそうだけどさ。
毎回ワンフレーズ笑いを取らなきゃならんのかw

【ななついろ☆ドロップス】
初出と思われるオープニングテーマ。
なかなかこれは心地よいボーカルだ。

「うわぁ!可愛いお洋服!」

海外で魔法少女のコスプレを作ってる母親にそれを
大喜びで着る頭がちょっと弱めの娘。
この頭の弱さはデフォルメキャラとの親和性が高いですな。

それにしても、父親の作家設定って流行ってるんですか?
引きこもりライフにあんな可愛い娘なんてめちゃくちゃ羨ましいじゃないですかッ!
おのれこなた父!(誤)

黒(緑?)髪の少女が鶴屋さんとダブって見えるのは俺だけですか?
性格はぜんぜん違うけど。

【ドージンワーク】
「お嬢さん、エロ本落としましたよ」

> 第2刷 はだかのお嬢様

めっちゃ笑った。
本編のレベルはおそらく他の作品より一ランク下なんだけど(笑)
このような頭が悪い、何も考えずに見れる作品が週に1本はあって良い。

「早く帰って18禁ゲームデビューを楽しむのよ」

バロッシュwww
俺のデビューはいつだったかな……思い出は遥か遠くになりけり……。

本 編
斉藤「私達にはオッサンにしか見えないんですが、
 テレビを見てる方には可愛いブルマくんが」

いろいろ突っ込みどころがある台詞が面白すぎる。
演技なのか素なのか分からんが、いい味出してるよなぁ。

こやま「耳ある?」
斉藤「ありますよっ!!」
こやま「ハゲけてたらごめんね」
斉藤「はげっ!?」

斉藤桃子がボケ役かと思ってたら、どっちもボケですかッ!
そして斉藤桃子が普通に上手くて泣いた。
『あたしたちに見えてるブルマくん』がめっちゃ生々しすぎですよww

こんなクオリティのアニメ(じゃねぇ)は見たことが無い。
こやまきみこいじりが俄然楽しみになってまいりました。

【school days】
初出となるオープニング。
いかにもエロゲ原作、って感じですな。いい意味で。
さわやか路線にしちゃー微妙に暗いしダーク路線にしちゃ明るすぎだし、
絶妙なバランス。
それにしたって「プロデューサー 伊藤誠」は笑って良いのか。

「ごめん……世界がさ……」

人のせいにした挙句ネタバラシってどんだけ最悪なんだ。
空気の読めなさから痛さ炸裂の暴走まで、
あらゆる点でこの伊藤誠と言う男のウザっぷりが強調されているアニメですね。
第3者視点で見てるはずのアニメでこうなんだから「主人公」としてプレイする
ゲーム版のストレスはどれほどのもんか。

「ばっかじゃないの!?」
「馬鹿はお前だ西園寺!」

迂闊にも爆笑した。世界良い子じゃねぇか。
こっからどうやって転ぶのかなぁ。
solaとは違った意味ですっげぇワクワクしてまいりました。

エンディングが前回と違った気がするのだが、
もしやこれは毎回変わる趣向でございますか?このクオリティの高さは大歓迎。

|
|

« DQ3プレイ日記(8) ラーの鏡届けに | トップページ | ハルヒ二期に関する仮説 »

アニメ感想(07年07月期)」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。

>イチローが神すぎる件

 色々と凄すぎますよね。言わば、古い価値観で言ったら王・長嶋と同等、もしくはそれ以上の選手が現れるとはとても思えませんでしたし。

>それにしても、父親の作家設定って流行ってるんですか?

 いつも家にいるけどステキな職業、という認識なんでしょうかね。羨ましすぎるのに代わりはありませんけど。

>このような頭が悪い、何も考えずに見れる作品が週に1本はあって良い。

 私も割と楽しんでます。斎藤キャラのツッコミが良い味出してますね。

>ゲーム版のストレスはどれほどのもんか。

 自分の選んだ選択肢とは別の方向に進んでいってしまうような作品らしいですからね…おそろしや。

 それでは。

投稿: 全く本を読んでいないサトシアキラ | 2007.07.12 23:51

>サトシアキラ様
返信遅くなりまして申し訳ありません。

> 古い価値観で言ったら王・長嶋と同等、もしくはそれ以上の選手が現れるとはとても思えませんでしたし。

私なんかは長嶋終身氏の現役時代を知りませんのでカリスマと言われてもピンと来ないのですが、今のイチローのような存在だったのでしょうか。
時代背景が違うので一概に比較はできませんが、天覧試合でのホームランなんかは今回のランニングホームランに通じるものがあるような気もします。

> 羨ましすぎるのに代わりはありませんけど。

こなた父は完全な勝ち組。
ギャルゲ主人公数あれど、こなた父ほど我々の理想を体現している人物はいないかもしれません(笑)

> 斎藤キャラのツッコミが良い味出してますね。

ちょっと抜けた子やらせたら天下一品でしたが、ダウナー系もイケそうな感じで。羽衣氏もそうですが、桃子氏もずいぶん演技に幅が出てきた気がします。

> 自分の選んだ選択肢とは別の方向に進んでいってしまうような作品らしいですからね…おそろしや。

なんと言うストレスゲー…。
あらゆる意味で伝説的なゲームだったようですね。アニメ版は今のところ原作に忠実なようで、超展開を期待したいところです。

それでは。

投稿: 積みラノベが消化できない鏑木 | 2007.07.14 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/15738909

この記事へのトラックバック一覧です: イチローが神すぎる件:

« DQ3プレイ日記(8) ラーの鏡届けに | トップページ | ハルヒ二期に関する仮説 »