« DQ3プレイ日記(4)アッサラームなショッピング | トップページ | 記事ナンバー800 »

Shining hoshi X hoshi

タイトルは「シャイニング保志クロス保志」と読みます。
ホントどうでもいい。

昨日の宿直の話。
10時頃までは結構平和で当直室で「すべらない話」とか見てたんですよ。
ナレーションがどう考えても若本御大でここが一番すべらないと思ったり。

そこから呼び出し喰らったりして就寝が深夜1時半。
その後の呼び出しが午前3時と5時55分。いつ寝るねん。

結局仮眠2時間と帰宅後に3時間睡眠。
日曜日も自宅でダラダラ過ごしてしまいました。
ダラダラ過ごすのはいつもじゃないかと言われると耳が痛い。

先週分アニメ感想「アイマス」「おお振り」「保志×保志」の3本。

 ↓

【アイドルマスターゼノグラシア】
真っ黒に日焼けしてる伊織が何事かと思ったが、あれか、
海の話の続きと言う解釈でよろしい?
まさか日焼けがゴキブリに使われるとは思いもよらなんだが。

「妹が死んだんです」
「え?」
「idolに殺されたんです」

なんのこっちゃと思ってググってみたのだが、原作版は双子設定だったのか。
それを知ってればサプライズだったのかも知れないが、
知らずに見てる側としては唐突に何の話だ?と言う程度の印象しか抱かず。

> 双海亜美 名塚佳織
> 双海真美 斎藤桃子

うわ、たったあれだけの出番のために斎藤桃子をキャスティングしたのか!
(原作版は両者同じ中の人がやってるらしいが)
なんという贅沢な起用法。これは追って出番ありと見るべきか……

【おおきく振りかぶって】
「シノオカ、足元に蛇」
「ふひゃあぁぁぁぁーーーーっ!!!!」

これはなんというイジメ。
初めて出番を与えられた気がしますこのマネージャー。

しかしこのエセ教師のなんちゃって精神修養は絵的に面白くないな。
毎週阿部の心理戦を見せてくれよ。

> 脚本 井出安軌 黒田洋介

この回でこの豪華脚本陣を配する理由がよく分からない……
そんなキーとなる回だったのかな。

【シャイニングティアーズクロスウィンド】
桑島「また物語を聴きに来てくれたのね」

本気で訊きたいんですが、ゼクティはなんのために死んだんですか?

千和「ちょ、ちょっと~!なにこれ~」

猫耳動きまくりんぐwwww
まったく千和ボイスは何から何まで最高だぜ。

エル「雪の精霊よーちょっとでいいから休んでー」
エル「闇の力の増大で……」

保志「分かった分かった。そーゆーことにしとこう」

エルウィンに対するソウマの投げやり感がたまりません。
先週までそうでもなかったのに今週いきなりエルウィンが
いじられキャラに変貌している……が萌えられればなんでも良い。
広橋涼ボイスの名前の通り涼しげな御声はかなり好みですゆえ。

保志「トライハルト!ソウマだ!話があって来た!」

その程度で攻撃やめんのかww
もはやなんでもアリだなこの男は!

眼鏡「それよりソウマ。お前に預かって欲しいものがある」
保志「これは……」
眼鏡「希望だ……」

そ れ は ギ ャ グ で 言 っ て る の か

エル「ねぇ、どこ向かってんのー?」
保志「出口を探してんだ」

遂には空とぶ魔法のほうきかよww
受け答えになってない問答なんてもはや吹っ飛ぶ勢いで
男がほうきにまたがって飛ぶ様はあまり気分の良いものではないと認識した。
ま、この作品以外でお目にかかることは無いと思いますが。

川澄「お待ちください。順番にご案内しますから」

なんで王女がメイドになってんだよ!
もはやカオスもいいところだ。
さっきまで「あなた達は、自由!」とか吠えてた中の人と同じと言うのも
カオス感をますます増幅させてくれる。

ジジィ「ミスリルはエルデにもあるはずじゃ。RPGとやらに出てくるとか」
保志「RPGって……ゲームの中でかよ!」

これは吹いたww
逆手に取ったネタのつもりなのか、はたまた自虐ネタなのか、
さっぱり判別がつかないのもシャイニングクオリティ。
この作品だから笑えるけど、シリアスゲーでこんなこと言われたらドン引きだし。

ワニ「ならば!俺から抜け……心剣を!」
保志「男のお前から……抜けるのか」

男のお前から 抜けるのか
男のお前から ぬけるのか
男のお前から ヌケるのか

来るところまで来たな保志……

川澄「あなたがフィリアスの王になると決めたのですから。
 私はその盾となり、あなたを支えます」

その弟クンがいつフィリアスの王になるなんて話になったのか
誰か俺に教えてくれないだろうか。

千和「久しぶりにお日様を見たせいか、目にまぶしいや~」
川澄「まるで日陰者が言うみたいな台詞だな」

川澄&千和が一人二役で大車輪の活躍しているというのに、

堀江「綺麗……」
水樹「ホント……」
石田「…………」

この豪華キャストが空気と言うのはどういうことなのか
誰か俺に教えてくれないだろうか。
あまりにキャラが多いからキリヤ、シーナ専用フォント色まで用意しているのに
使う機会がないじゃん!(暇人俺)

「希望」とやらがなんのことかと思ったら、
オレンジ養成液に浸かってるゼクティで盛大に吹いた。
とりあえずこの「シャイニング」の世界では
桑島ボイスが重要な役割を果たしているらしいと把握。
復活のみぎりには桑島ボイスで「おはようございました」とうわなにをするやめr

|
|

« DQ3プレイ日記(4)アッサラームなショッピング | トップページ | 記事ナンバー800 »

アニメ感想(07年04月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/15305675

この記事へのトラックバック一覧です: Shining hoshi X hoshi:

« DQ3プレイ日記(4)アッサラームなショッピング | トップページ | 記事ナンバー800 »