« なつかしのゲームレビュー「エストポリス伝記」 | トップページ | ラニーニャたん萌え »

週末ニートの勧め

決してお勧めしません(ぁ)

そうして迎えた日曜の晩の空虚感と言ったら……。
これからは毎週末何かしらの予定を立てておこう。

さて、すっかり溜め込んでしまったアニメ感想。
「藍蘭島」「アイマス」「おお振り」「かりん」「保志」以上5本!

 ↓

日曜午前分までしっかり見終えてるんだけど合計7本は多すぎるので
明日以降に放出します。

【ながされて藍蘭島】
すず「雨の日は、みんな仕事お休みだよ」

俺の新しい係長は雨が降ると休むような人です……
『体調悪い』って言い訳がもはや狼少年状態。
いや、狼オッサンか。

係長、憎めないタイプの人なんですけどね。
憎むべきは補佐。全力で失せろ。
ってなんでアニメ感想が職場の話に。

すず「それじゃあ将棋!」
行人「おっ、それいいな!」
すず「やったぁ~!うわーいわーい!」

ほちゃボイスの少女が将棋で大喜び!
なんというシュールな光景。
何気にすずが振飛車、行人が居飛車の第1手を打ってるあたり芸が細かい。

すず「こんな雨の日は…よく相手してもらったから」
行人「へぇ、誰に?」
すず「お母さん……だよ」

なんか有耶無耶のうちに(前回ちょっと見え隠れした色恋路線も有耶無耶)
行人の妄想癖に持っていかれてしまったが、
すずとお母さんの思い出はさすがに威力抜群。
唐突なお涙頂戴路線に感じられなくもないが、
ちょうど疲れてるときに視聴したもんだからストレートに染み渡りました。

あと、あの系統のほちゃボイスで寂しげに「お母さん」なんていわれると
あゆあゆを思い出さずにはいられません。
先週のことり風と合わせて声ヲタ的にはなんとも美味しいキャラですハイ。

【アイドルマスターゼノグラシア】
伊織「やった……やったぁーー!!」
真「アイドルに……心なんてあるものか」

なんという明と暗。
ここまでの流れ見てて真に感情移入する余地はないし、
逆に伊織株は高止まりだったからこれで全然良いんだけど。

つか、あずさは何の目的があってあんなことをしたんだ?
立場を考えればそんな回りくどいことしなくても、
伊織を追い落とすことは出来たろうに。
真の方が泣いてるのも良くわからんが、
黒幕はあずさで真は言いなりなだけなのか?

もしや舞-HiME後半で見せた鬱ロードを突っ走るのか?
これはちょっと伊織が可哀相すぎる。なんらかの救いを求む。

雪歩「これ、頼まれた資料です」
伊織「さんきゅ」

久々に見たほちゃ&ゆかりんクロストーク。
既に空気と成り果ててしまった雪歩と同じように、
伊織も同じ道を歩むことになるのだろうか……

【大きく振りかぶって】
「やっぱ笑顔がいいねッ!」
「っ!」

ヤオイ臭が全力全開です。とても嫌悪感。

「あたしもみんなと一緒に頑張るぞ!」

マネージャーの出番は今後もなさそうですハイ。

【かみちゃまかりん】
石田「温泉に行こう!」
中原「すみません話が見えないんですけど…」

話が見えないのは俺のほうです。
実は先週見逃したんですよ。
このオッドアイ野郎はどう考えても石田何某ボイス!
ちょっと見ないうちにいったいどんなヤヲイ展開があったんだ……

つか、いつの間にか和音の根幹設定にまで触れていたり?

【シャイニングティアーズ】
保志「よぉ、おはよう」
水樹「おはようソーマ」

いくら朝だからっていきなり「おはよう」は無いだろう。
この違和感はこの作品全編で感じてることですけれども。

保志「希望……だそうだ」
石田「ゼ……ゼクティ?」

そういえばゼクティは消滅時に光の粒になってたんじゃないか。
なんで復活したんだ。

桑島「キリヤ」
石田「ゼクティ!夢じゃない!ゼクティ!!」

キリヤが何ゆえそこまでゼクティに傾倒しちまってるのかさっぱりわからない。
たかが数時間(視聴者時間にして10分未満)穴に閉じ込められただけでしょ?
そもそも貴様はクレハ&シーナという両手に花状態じゃなかったのかッ!

と言うか、粒子レベルでも復活しちゃうんなら、
ゼロが手をかけたリュウナとワニが生き返るくらいなんともないな。

リュウナ「マオさん、お久しぶり」
千和「うぇぇぇぇぇっ!?」
千和「二人とも、生きてたのッ!?」

そこでワニかよッ!ゼロじゃねぇのかよ!
ミスリードなんてチャチなもんじゃねぇ、もっと恐ろしいシャイニングクオリティを味わったぜ…

千和「こっちは、ずっと……ずっと探してたのに」
千和「ゼロは何処?」

保志「しらねぇ」

千和ボイスの泣き演技は天下一品ですな。
喜怒哀楽その全てが超一級で初めてプロであるべきですハイ。
ことこの作品はプロ揃いなんですけどね。中の人は。

保志「…………」

ゼロ盗み聞きかよww
つか、ソウマが延々と語ってくれたゼロの葛藤とかそんな描写あったっけ?
あったとしても保志の一人演技に夢中で覚えてない

【B-Part】
千和「テンプーの塔の機能が戻れば、リーベリアの風の循環も回復する」
石田「そうなれば淀んだ空気が浄化され、エルフの森が元に戻るんだな」
桑島「うん」

CM明けたら場面がものすごい勢いで場面が切り替わりすぎだろ。
と言うか、ゼクティ・改の頭に生えてる小さい羽根は何?
しかもあっという間にすべての状況を把握してるっぽいし。
そんな些細なことは盛大にスルーするのが本作の楽しみ方ですかそうですか。
ちなみにこの色の千和ボイスはホウメイを指します。

保志「いま大事な会議中だから後でな」

ところで先週から加わってるそのマスコットは何者ですか?
例によって突然登場してなにも説明が無いわけですけれども。

化物「人間の女たちもなかなかイケる。俺、お前達にメロメロだぜ」
千和「馬鹿者。お主、何を言ってるのだ」
水樹「慣れないことはやめた方がいいよぉ」
化物「ううっ……」
鳥「アホぉーアホぉー」

やめれwww腹がよじれるwww
こんな一発ギャグを挟む余裕はあるんだなww

千和「受け取ってソウマ」
保志「ああ」

いきなりソウマが超美形wwwwwwwww
笑いがとまらねぇww
ぶっちゃけ心剣の発動条件が指輪だったとか全然覚えてないし。
直前に背後から炎の蹴りをかますマオにもかなり笑えたが、
形勢逆転するなり敵を瞬殺する展開にも死ねる。

ここまで数々のフラグを立ててきたソウマの相方はマオで決まりか?
既にクレハのことなんか全然覚えてないんだろうなぁ。
つか、クレハ(とシーナ)はキリヤに付いてるものの、
キリヤは完全にゼクティにご執心だし、何この恵まれないヒロインっぷり。
堀江&水樹なんて超豪華Wヒロイン体制を敷いておきながら、
そのいずれも空気化するとは、シャイニングティアーズ、なんて恐ろしい子…!

|
|

« なつかしのゲームレビュー「エストポリス伝記」 | トップページ | ラニーニャたん萌え »

アニメ感想(07年04月期)」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。

>何気にすずが振飛車、行人が居飛車の第1手を打ってるあたり芸が細かい。

 ほほー、結構見てますね。しかも居飛車振飛車の区別が分からない私には謎の呪文です←コマの動かしかたしか知らない

>ちょうど疲れてるときに視聴したもんだからストレートに染み渡りました。

 なかなか良い感じに締めてくれたという印象が強かったです。
 もともとしんみりした側面(特にすずの家庭環境)も持っているとは思ったのですが…

>堀江&水樹なんて超豪華Wヒロイン体制を敷いておきながら、
そのいずれも空気化するとは、シャイニングティアーズ、なんて恐ろしい子…!

 取り敢えず女子で心剣抜かれてる子はヒロイン候補なんでしょうか…
 それにしてもあまたヒロインが居る中で、当初から繋がりのあったこの二人をスルーするシナリオには脱帽です。

 それでは。

投稿: サトシアキラ | 2007.06.10 23:43

>サトシアキラ様
お世話になります。

> しかも居飛車振飛車の区別が分からない私には謎の呪文です

本文中で触れようと思ってやめたのですが、一時期将棋に凝ってた時期がありまして…
第2手以降が一切描写されなかったのが残念でなりません。

> もともとしんみりした側面(特にすずの家庭環境)も持っているとは思ったのですが…

設定としてはクライマックスに持ってくるべき切り札と思うのですが、今後どんな展開を迎えるのでしょうか…。基本的には最終話までドタバタ?

> 取り敢えず女子で心剣抜かれてる子はヒロイン候補なんでしょうか…

実は原作版の設定すら知らないのですが、特定の一人と好感度を高めると心剣が強くなるとか言う設定なのでしょうか。節操なく心剣抜いて戦うゲームと言うのもなんだか…(ソウマは抜いてますが)
もしやワニ(ラザラス)も攻略可能なのかッ!?

うっかり取り乱してしまいました。
それでは!

投稿: 報われないヒロイン好きの鏑木 | 2007.06.11 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/15388062

この記事へのトラックバック一覧です: 週末ニートの勧め:

« なつかしのゲームレビュー「エストポリス伝記」 | トップページ | ラニーニャたん萌え »