« Shining hoshi X hoshi | トップページ | 御礼110000HIT »

記事ナンバー800

いわゆる通過点です。

さて今週は結構バタバタしておりまして。
明日が火曜日から飲み会だったり、木曜日にまた当直だったり、
しばらく続いてた連続日記更新記録がそろそろ途絶えそうな感じです。
実のところ4~5月は毎日更新で半ば強引につないでる感もあったのですが。
DQプレイ日記なんて新ネタも投入してみたり。
(サイドバーのカレンダーを見ると5/12が抜けてるのだが、
 リンクの方がうまくいってなくて5/12付日記は確かに存在する)

日曜アニメ「グレンラガン」「ハヤテのごとく」「らきすた」「sola」感想。
今日も月曜から残業させられたりで視聴ペースがやや落ちる予感……

 ↓

【天元突破グレンラガン】
「はじめまして。私ニア申します。あなた、お名前は?」

今週も良い感じに空気読めてないヒロインを演じてますな。
この中の人はこんなキャラならアリだな。
ごくごく一般的なヒロインキャラには相当難があると思われますが。

「黒の騎士団の長兄で、今はこのグレン団のリーダーさぁ!」

あれ?
キタン=リーダーっていつの間にか既成事実化してるのね。

「アンタの背中はこのライフルで狙ってる。
 妙な真似したら、ためらわないわよっ!」

ヨーコカッコ良すぎる。
その背後からの援護射撃もお約束とはいえ清々しい。

「ダメだよ…。俺は兄貴にはなれない」

その兄貴のポジションは真逆のキャラ設定を付与されてるはずの
ニアがかっさらってしまったわけで。
少なくとも大グレン団の精神的支柱は今後もニアが持ってくんだろうなぁ。
あとは、シモンがいつまでこんなグダグダキャラなのか。

【ハヤテのごとく!】
マリア「♪おしゃべりーはもう止めにしましょー」

あの、その☆型の髪飾りはやっぱり中の人ネタなんですか?

> ゲームは一日一時間
> とかちつくちて

ここでもぱにぽにネタにお目にかかるとは……。
日曜深夜→平日夕方→日曜午前、と徐々にランクアップを見せております。
どんどん切れ味は落ちておりますが。

「酢メシビームぅ!」

これは良いなんちゃって未来人。
やっぱりハヤテ、中の人ネタで期待を裏切ることは無いな!
しかしゴトゥーザ様が今回限定のゲストキャラなら空鍋も見たかった気がする。
もちろん未来人を外すことはできないわけですけれども。
と言うか酢メシビームってなんだよ。

ヒナギク「いざ尋常に勝負なさい!」

赤ずきんコスとは想定外ww
芸が細かすぎるよ!

しかし今回はいろんな意味でカッ飛び過ぎててついてけない感。
単にカオスを見せたかっただけなのか。
某有名RPG、DBのカリン塔のようなものからマリア17歳ネタまで、
オリジナル回と銘打って実験回をやりたかったとしか思えん。
時系列が同じである必要性も全く無かったし。

「ナギの!執事通信!」

執事通信までハヤテレスでお送りする徹底振り。
というかナギは執事じゃないだろうと。
台詞無しの執事は背景で女装しているという、やっぱりカオスか……。

【らき☆すた】
やっぱりこのオープニングがオリコン2位とか信じがたい。
どんだけ終わってるんだこの国。

「アンタはギャルゲとRPGで、私はシューティングだからー」

俺はこなたとジャンルが被ってるのか……!

「あーあのとぅーは「み、み、みらくる!
「神岸あか「みーくるんるん!

これは原作でもネタになってるのかなぁ。
今回は思わず笑ったが、同じネタは3度までと言ってみる。

「懐メロなんて言ったらキョンキョンに失礼だよー」
「♪出会~いは風の中~」

分かっていてもこなたとマジ声平野綾ボーカルが同じ人とは信じがたい……

【sola】
蒼乃「あなたはもう……居ないの。そう、居てはいけないのよ。
 さよなら、茉莉」

ところでこの蒼乃の特殊能力がイマイチわからんのですが、
単に「折り紙」に力を与えるだけでなく(触れずに動かしたり殺傷力を持たせたり)
折り紙自体を生み出すことが出来るっぽい?
というか、それもはや攻撃方法としては無敵に近いんじゃ。
紙で覆った鉄柱(?)ごと落下させるとかマジ恐ぇぇ。
あまり蒼乃お姉ちゃんを怒らせない方がいい……。

こより「蒼乃さんも呼んで、みんなでカレーパーティでもしてはいかがかと」
「いえ……なんでもないです」

こより切なすぎる(つД`)
こより自身は何も悪いことしてないのに、完全に決裂した蒼乃と真名に
巻き込まれてしまって……。
逆に言えば、蒼乃 vs 真名決着のキーパーソンになりうると言う事か。

【B-Part】
怒涛の勢いで辻堂&繭子の過去話。
これはなんという青春劇。

「約束する。俺が繭子を、元に戻してやるから」

「だからって!お前の願いを犠牲に出来るかよ!」

辻堂カッコ良すぎる。
繭子&辻堂株が急騰しまくりですよ。

と言うわけでよもやの辻堂&繭子ルート分岐。
気合い入ってると思ったら久弥氏自らの脚本ですか。
さすがに急ぎすぎじゃないかと思う気もするが、
これは「茉莉に空を見せる」って約束の伏線になってるんだろうか?
出所不明の謎の剣で夜禍を倒せば救われるって……
錯乱状態の依人なら蒼乃を斬ってしまいかねないな。

それにしても蒼乃に狙われ、辻堂に敗北し、痛めつけられっぱなしの茉莉は
さすがに不憫になってきた。

おまけ。
sola公式サイトより蒼乃スクリーンセーバー

これはなんというクオリティ……!

|
|

« Shining hoshi X hoshi | トップページ | 御礼110000HIT »

アニメ感想(07年04月期)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/15317915

この記事へのトラックバック一覧です: 記事ナンバー800:

» sola 第9話・「ヤクソクノハテ」を見て寸評 [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 何というか…初っ端から激しいバトルで一体どんな作品かと思ったが、最後は切ない…切なすぎるよっ!そうか、そんな関係だったのか。長い間その為に夜禍を追い回していたのに、ここで『もういい』と言われたら…しかも、繭子自身にだもんなぁ。止めるしかないわなぁ。  と言うわけで、こっちの件は一件落着ということになったのかな。後一歩のところまで追い詰めた辻堂だけど…問題はこの後だよなぁ。どうやって生きてくんだか。  で、もっと問題なのは茉莉と蒼乃の方だ。相変わらず物騒な闘いが続いていて、見てる方がハラハラして... [続きを読む]

受信: 2007.06.05 00:41

« Shining hoshi X hoshi | トップページ | 御礼110000HIT »