« 【決定版】春の新アニメ2007 | トップページ | テイルズ最萌ヒロインに関する考察 »

あの山を越えれば海が見える

……というタイトルの小説?をむかし中学校の国語(多分)で
読んだ記憶があります。(どなたかご存知ないですか?)

どんな話だか忘れてしまったが、タイトルだけ鮮烈に覚えてて、
思い返すに、なかなか含蓄のある文章だと思います。
いま目の前にある山を越えれば、海は見えるのでしょうか…?

珍しく綺麗に入ったところでいつも通りアニメ&ボイスドラマ感想。

 ↓

【コードギアスSTAGE12.55 夢 の チケット】
BIGLOBEで5時間限定(4/17 19:00~24:00)で配信されていたドラマCD。
7分の短編でお手軽にサクっと聴けました。

第1回はギアス発動前のシャーリーの妄想劇場。
いやぁーやっぱシャーリーは良いキャラですな!
演ずる中の人込みで大好きだ。

次回は5月らしいが、配信時間の制限が厳しすぎません?
そもそもこの存在に気付いてない人の方が多い予感。

【ケータイ少女】
第5話山田綾乃編。

役所入って知ったのだが、世の中意外と同姓同名って多いんです。
(俺の本名をご存知の方は思い出して頂きたいが、おそらく県内で100人はいる)
と言うことで2次元キャラクターが奇をてらった名前が多いのは、
同姓同名を回避するための策として有効だろうと思う今日この頃。
(最近は事実は小説よりも奇なり的なお子様の御名前が多いようですが)
ということで、この「山田綾乃」と言う比較的ありふれた名前の人物は
日本中探せばおそらく実在することであろう。長い前フリ終わり。

本編。

「綾乃さん!ヒロでーす!」
「ひゃっ!」

なにこの優遇キャラ!
設定みても明らかに人気でそうなキャラだしなぁ。
最後に配した理由も理解できようと言うもの。

ということでこれで各キャラクター編終了。
人気投票で一番になったキャラでもう1回やるんだっけ?

気になったので公式サイトに行ってみました。

> 第5回キャラクター投票(全5回) 締め切り4月22日
> 山田 綾乃 38.3% 85人

綾乃がぶっちぎりトップです(1票は俺)
ただし、第1回~第4回(おそらく動画公開期間に合わせた締め切り)を
各キャラクターが1回ずつ取っているのでどうするのでしょう。
各キャラが1回ずつってのもいささか恣意的な気がいたしますけれども。
第2回でトップ、第1回と3~5回で常に2位につけてる巴沙代が総合計では優位?
残念ながらあまり印象に無いキャラではあったが……

しかし一昔前なら王道だったはずの幼馴染属性持ちヒロインいちるの不人気さには泣ける。

【エル・カザド】
「服脱ぎな。風邪引くよ」
「いえっさ」

いえっさとは「Yes,sir!」であり「sir」は男性の敬称ですよ?
おそらくわざとやってるんでしょうけれども。
これがかわいいは正義!ってやつか…

「なにやってるの?いっぱい出てるじゃない~」
「……おいしい?」

この無駄な気合の入りっぷりがたまりません。

「でもいずれキミにとって大切な存在になる」
「ならないよ」
「見ているよ。いつでもキミを。それを伝えるために来た」

今日び堂々とストーカー宣言。
エリスの掴みどころのなさっぷりは良いですな。
そしてストーカーをストーキングしている男。
これが黒幕なのかなぁ。なんの黒幕か全然分かりませんけど。
つか、依然としてナディ&エリスの目的が分からん。
雰囲気が楽しめてるのでそれはそれで充分なのですが。

今週のゲストキャスティング、「オカマ」の豪華っぷりに笑った。

【ながされて藍蘭島】
すず「朝ごはん冷めちゃうよ?」
野郎「新婚家庭ってこんな感じなのかな……」

それはヲタの妄想だと思いますけどね!(何故強気)
ところでケータイ電話が「圏外」になってる描写があったが、
そもそも水没してる段階で動かなくなってんじゃねぇの?

りん「ま、そんなトコがまたいいんだけどさ~」

しかしこの白石ボイス、男の子声に聞き慣れすぎてしまって(ハヤテとか)
逆に少女声になると違和感を感じるようになってしまった。

「でもなぁ~!ウチの姉さまに手を出したらタダじゃおかんぞ!」

最近はこの手の豹変キャラが流行ってるのですかね。

すず「ホラ、元気出して!2人でやろっ!」

何 言 わ せ て る ん で す か。

ほちゃボイスを生きる糧にしている俺にとっては神音声。

すず「本物は黒光りしてて、ちょっと酸っぱい匂いがする…ような気がする…」

マツタケのエロさ加減、わざとやってんだろうな……
そしてこのマツタケでこんな引っ張るとは思わなかった。

すず「この島でね、一人ぼっちなのは私だけなの」

これはなかなか重い告白。
鉄壁のヒロイン属性持ちのすずメインのこれなんてエロゲ展開。

今週はあやねがずっと漂流してたんで出番ゼロだったわけだが、
一応前回があやね当番回で今回がりん当番回に当たるんだろうか?
その割にどっちもオチをすずが持ってっちゃてるんで作品としては
いささか微妙な感がなきにしもあらず(そもそも原作通りか)。

だがほちゃスキーとしてはこれで全く問題ございません。
これは良いほちゃアニメです。

ほっちゃんマンセー!(決め台詞)

|
|

« 【決定版】春の新アニメ2007 | トップページ | テイルズ最萌ヒロインに関する考察 »

アニメ感想(07年04月期)」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんばんはです。

>あの山を越えれば海が見える

 確か、少年が海を見に行こうとして、おばあちゃんか誰かに『山を越えれば海が見える』といわれて出かけたはいいものの、
 『あの山』というのが言葉のアヤで、実際は『ひと峠』クラスだったのでなかなか到着しない…
 こんな話ではなかったかと。ラストは覚えてないので意味無しですけどね。

>しかし一昔前なら王道だったはずの幼馴染属性持ちヒロインいちるの不人気さには泣ける。

 ぶはは、目新しい属性がいくらでも排出されますからね。
 終いにはヤンデレなんて誰も勝てませんよ。
 ま、この作品にはニーソがあれば良いと思っているのですが。

>鉄壁のヒロイン属性持ちのすずメインのこれなんてエロゲ展開。

 無知と寂しさににつけ込んで襲わない行人に絶望し掛りましたが、やっぱしすずが一番カワエエですな。

 それでは。

投稿: サトシアキラ | 2007.04.19 23:56

>あの山を越えれば海が見える

思い出せそうで思い出せない…山を越えた先で事故現場に出くわしたのは思い出したのですが…(ぉ

>夢 の チケット

え?そんなのあったんですか?(←気づいてない奴

>藍蘭島

きっと耐水性に優れたモノなんですよ(必死
マツタケの話でエロいと思った自分は病気です(主に頭の)。本当にありがとうございました。

投稿: シール | 2007.04.20 01:33

>サトシアキラ様
お世話になっております。

> 『あの山』というのが言葉のアヤで、実際は『ひと峠』クラスだったのでなかなか到着しない…

そうですそれです!
この話、私のリアル知人で知ってる人は少数ゆえ、嬉しい限りです。

> ラストは覚えてないので意味無しですけどね。

結局海にはたどり着けず、それでも「あの山を越えれば」と海に向かって歩き続ける的な終わり方だったような……。かなり曖昧で自信の無い記憶ですが。

この話をご存知の方からの情報を引き続きお待ちしております。

> 終いにはヤンデレなんて誰も勝てませんよ。

基本的に王道スキーなのでここまで不人気だと逆に応援したくなってしまいます(笑)
が、やっぱりインパクトには負けますな。
そしてインパクトと言う点でヤンデレを上回る属性は無いか…。

> この作品にはニーソがあれば良いと思っているのですが。

ニーソ大プッシュですね!
確かにあのキャラデザで大きなウェイトを占めていますし。

> やっぱしすずが一番カワエエですな。

最近ほちゃボイスは不遇なポジションにいることが多いので嬉しい限りでございます。
実際のところ、恋愛感情はないのか?
と穿った見方をしてしまうわけですが…
そーゆー感覚が欠落してるあたりも魅力でしょうか。

それでは!

投稿: 鏑木 | 2007.04.21 00:14

>シール様
> 山を越えた先で事故現場に出くわした

そ、そんなシーンありましたっけ…。
グロ?
と言うか意外と有名なんでしょうかこの作品。

この作品のテーマに気付いたのが10年以上経過した今頃ってのはどうなのかと思います自分。

■ギアスドラマCD
次回の配信をお見逃し無く。

俺が忘れそうですが…

■防水ケータイ
そういえば最近、見た目普通のケータイで防水加工の機種もあるんでしたっけ(F703iだったかな)

ところで、どうやって充電すれば…?

■マツタケ
どうみてもエロスです。
私もアタマが通常ではないようです。
こちらこそありがとうございました。

投稿: 鏑木 | 2007.04.21 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/14780093

この記事へのトラックバック一覧です: あの山を越えれば海が見える:

« 【決定版】春の新アニメ2007 | トップページ | テイルズ最萌ヒロインに関する考察 »