« Sincerely Dearsレビューのようなもの | トップページ | Shining Tears × Wind 第1話「現代×異世界」レビュー »

近況報告のフリをした日記

文字通り近況報告。
人事異動の話はしたと思うのですが、どんな部署に異動になったのか、
と言う話を全くしてないことに気付きました。

新しい部署なんですが…病院事務でして。

医療現場といえば激務の代名詞。
直接窓口に立つわけではないのですが、前の部署以上に厳しい感じです。
当然、宿直当番もあり。先が思いやられます…

サイドバーにある「基礎知識」もあわせて更新しておきました。
どっちかと言うと、中の人ネタ関係の更新の方が多い気もしますが。

今週は水曜と金曜日が歓送迎会。
アルコールダメ、趣味引きこもりの俺にはこの連投キツイんですけど…

さて、ようやく体調も回復してアニメ視聴も再開。
日曜日分アニメ感想4本!
 
 ↓

【天元突破グレンラガン】
前回全然ノーマークだったんだが、オープニングが
しょこたんなんですな。普通に聴けるじゃないですか。
しかも良く見ると「作詞:meg rock」と来た。
やっぱり「分かってる」人が作るアニソンはレベルが高いようです。

決して面白くないわけではないが、現状厳しい感じ。
好みのキャラクターが見出せないんだよなぁ。
日曜朝は視聴枠に余裕があるんでもうちょい様子見?

【ハヤテのごとく!】
若本「いやいやぁまだ半パートも終わってないし!
 お詫びのサービスカットぉ!」

日曜日の朝っぱらからサービスカットとかすんなww
つか、若本御大だけで充分サービスでございます。

釘宮「だったらこの家で私の執事をやらないか?」
田中(うわぁい……)

釘宮理恵に田中理恵、二段構えで萌ゆるとは思わなかったぜ……

> ハヤテのごとく 完

釘宮「こ、こらー!まだB-Partも終わっとらーん!」
若本「そのとぉり」

二段オチは芸の基本、とはいえそれを釘宮&若本タッグでやられちゃ、
俺は泣いて喜ぶしかねぇ。

白石「次回!ハヤテのごとく!
 世界の中心でアイを叫んだり叫ばなかったりな獣とロボと執事」

釘宮「大丈夫さ!ハヤテならきっとなんとかできるよ!」

このサブタイのつけ方が超俺好みなんですけど!
俺の日記タイトルって毎回こんな感じじゃないですか。

そして釘宮ボイスの萌えっぷりが凄いことになっている。
今までこの日記でも何度となくその破壊力は記してきたところだが、
ナギの魅力は今までからさらにワンランクアップしてる感じ。
本編も同じ勢いでかっ飛ばしてくれれば。

【らき☆すた】
なにこの劣化版ハルヒ!

劣化と言うべきか進化というべきか……
明らかにハレ晴れユカイを意識してますよな。

平野綾の演技は相変わらず安定してるなぁ。
こんな演技は初めて見た(と言うか聴いた)が、
改めて声優平野綾の非凡なるセンスを見た気がする。

本編はひたすらキャラクターの会話。
原作はマン喫で読んだことがあるのだが、ひたすらこんなノリだった気がする。
ぶっちゃけ嫌いな作風じゃないが(平野綾ボイスのこなた含め)、
いやぁ…この作品に京都アニメーションって、何を考えてる……?
正直、原作が原作だけに「勿体無い」と言わざるを得ない。

いつもの野球の例えで行きますと、負け試合で岩瀬投入みたいな感じ?
岩瀬見たさに見るわけですが。

どうでもいいんだけど、大昔に巨人の長嶋監督(当時)が1点ビハインドの場面で
石毛(当時のリリーフエース、後の「ノミの心臓」)を投入して普通に負けたことを思い出した。しかも次の登板試合でも逆転負けだった気がする。もう忘れましたが。

【CM】
渚「朋也さん!」
渚「あなたは大切なことをなくしたことがありますか?」
渚「劇場版クラナド。」

これもまた、京アニ流の演出なのか……?

【sola】
久弥直樹×七尾奈瑠のコラボレーションとして話題の本作。
夏と空をテーマに描いた作品で、麻枝が書いたのが「AIR」なら
久弥が書いたのが「sola」だとどっかで見かけた。

能登「トマトしるこ?」

ヒロイン味覚障害まで同じなんですね……。
しかしヒロインが能登ボイスか……。
珍しい「正統派」ヒロインのせいか、さほど嫌悪感はない感じ。
精一杯ほめると許容の範囲内かなぁ。

「開けて」
「すごいです!ど~してこうなるのでしょうか?」

中原麻衣×清水愛のコラボレーションキター!!
綾波系の中原麻衣とコテコテの妹キャラ清水愛。
このお二人は何処の世界に行っても鉄壁のコンビを組んでますね……

しかもこの中原ボイス、主人公の姉なのか。
実姉なのかどうか分からないが、姉キャラで綾波系を配する理由がわからん。
キャラ設定的にもキーパーソンになりうるポジションだし。

そして剣を振るう変なオッサン。
便利な言葉として使わせてもらうと、予想以上に「鍵属性」で攻めてくるようで。
もっとネタ方向に話を振ってくるもんだと思い込んでいただけに想定外。
らき☆すたが思ったより空ぶった感だったがそれを補って余りある。

能登ボイスヒロインが俺の好みに合うかどうかのボーダー線上、
それさえクリアしてくれれば今期の有力作に躍り出るかも?

 :

「ヒロイックエイジ」「瀬戸の花嫁」以下、視聴追いついておりません…。
続きはまた後日。

|
|

« Sincerely Dearsレビューのようなもの | トップページ | Shining Tears × Wind 第1話「現代×異世界」レビュー »

アニメ感想(07年04月期)」カテゴリの記事

コメント

>病院事務

(真剣に)大丈夫ですか?また世間では風邪がどうこうと流行ってるようですが…。とりあえず体は壊さない程度に頑張ってください。

>泣いて喜ぶしかねぇ。

そのとぉり(何

>らきすた

あー、うん。何か惜しいんですよね。
とりあえず今の所の総評としては「微妙」

投稿: シール | 2007.04.10 21:44

>シール様
いつもありがとうございます。

■病院事務
内示が出た3月末から相当凹みました…
今は逆転の発想で「体が壊れるまで頑張る」ことにしました(笑)

■若釘
正直、これを上回る組み合わせは思いつきません。

■らきすた
ぶっちゃけ第1話だけなら「微妙」のレッテルを貼らざるを得ない感じがいたします。

オープニングの異常なクオリティの高さを見せられてしまっては迂闊に切ることも出来ない感触でもあります…

投稿: 鏑木 | 2007.04.10 23:37

>当然、宿直当番もあり。先が思いやられます…

 キツそうですね…なんとかご自愛下さいませ。

>ナギの魅力は今までからさらにワンランクアップしてる感じ。

 どうも、この作品は基本的に釘宮ありきと思うようになってきました。
 というか全体的に、いつの間にか中の人目当てに見てます。

>石毛(当時のリリーフエース、後の「ノミの心臓」)を投入して普通に負けたことを思い出した。

 うはは、当時の巨人打線はビハインド取り返せない位の貧打でしたからね~。
 石毛も更に傷口広げてくれようなことしてくれちゃったり。
 思わず石毛ネタに反応してしまいました。

投稿: サトシアキラ | 2007.04.11 17:45

>サトシアキラ様

■宿直
実際の当番は5月からなのですが、週1ペースらしいです…。超恐ぇぇです…。

■ナギ
確かに仰る通りかもしれません。
もしナギが釘宮ボイスじゃなかったら?
もしナレが若本御大じゃなかったら?

元より中の人目当てで見るのが私のスタイルですし、序盤は元々微妙、との意見もありますので今後に期待しつつ。

■石毛
まさかこんなところに反応があろうとはw
実は当時は巨人ファンだったのです。世間と同じように徐々に興味が薄れていきましたけれども……
石毛ネタはCLANNADで使われてるのに大爆笑したものです。

それでは!

投稿: 鏑木 | 2007.04.11 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/14635025

この記事へのトラックバック一覧です: 近況報告のフリをした日記:

« Sincerely Dearsレビューのようなもの | トップページ | Shining Tears × Wind 第1話「現代×異世界」レビュー »