« 今日はひなまつりです | トップページ | アニメ感想の狭間的日記 »

Kanon第22話 追想の交響楽~symphony~

相変わらずイレギュラー視聴を余儀なくされているBS-i版Kanon。
今回は2話連続にて。
いよいよ佳境に入ってまいりました。

京アニ版においても名雪ルートの冷遇っぷりは各所で言われているところですが、
これはヒロイン各シナリオの同時進行という形態をとる以上、
やむを得ない構成だと言う世間一般の擁護をしておきます。
全キャラフォローするだけマシじゃん!D.C.S.Sなんて以下省略。

ここで黒歴史版アニメの話。
黒歴史版オリジナルの

「あゆちゃんなんていなければ良かったのに!」

は俺の中で未だ黒伝説として語り継がれています

決して嫌いではなかった名雪像が崩壊し、
前後して色々あった中の人の影響も悪い方に働いて、
どちらかと言うと微妙なキャラクターになってしまいました。
黒歴史版は作品としてのデキは決して悪いものではない、
との評価もありますが、これがある限り、俺の中では黒です。
暗黒です。漆黒です。
もしくはアゴです

では本題として神作こと京アニ版の話。

 ↓

【#21 君のいない輪舞曲~ronde~】
あゆ編と名雪編の同時並行。
俺は1000%SPARKINGであゆ派(中の人がほちゃに決まる以前からあゆ派)ゆえ
安心してみていられるのだが、この2人が並んだところでどう見たってデキレース。

原作であるところのゲーム版ではさすがに同時進行はしないのだが、
7年前の祐一、あゆ、名雪の三角関係はそれこそ同時進行だったので、
これはこれでアリと言う見方も出来る。

それにしたって祐一に気を遣う名雪が痛ましくて仕方ない。
徐々に名雪のことを思い出してくる祐一だが、
こちとらあゆの方が気になるんじゃ!!
と言う気持ちは祐一に感情移入するための誘導だとしたら凄いと思うがさすがに深読みしすぎか。

それにしたって秋子さんの事故は強烈。
「音を出さない演出」の効果的な使い方も良くわかってらっしゃる。
潰れたイチゴケーキの描写が全てを物語る。
つか、あんなクルマの突っ込み方したら助からんだろ……

【#22 追想の交響楽~symphony~】
原作版では全く出てこなかった病院の描写がメイン。
全くの推測だがあの病院、栞も、舞も、あゆも居るんじゃね?

あゆ編を絡ませつつも基本的には名雪ストーリーを追いかける展開。
あゆを失って落ち込む7年前の祐一に告白する名雪、
秋子さんが事故にあって同じように落ち込む名雪に無遠慮な声を掛ける祐一、
これをやり直すのが名雪編のキモだと思うんだが、
このままカットされてしまうんだろうか。
そもそも名雪と相思相愛になってるのが原作版に対し、
そこまで至ってない本作(それどころかあゆに首ったけ)では……

雪うさぎの描写をあんな繰り返し流さんでもと思うが、
ともあれ、これを引き金に遂に取り戻したあゆの記憶。

なるほど、あゆは後ろ向きに落ちていたんですな。
はっきりと絵で描写されたのは初めてなので(何故か黒歴史版の記憶は無い)
妙に感心してしまった。突風で転落、と言われてもピンとこないものがあったんだが、そこは京アニクオリティ。
確かにあの風なら少女が木から転落しても不思議ではないか。
雪が赤く染まっていく様もしっかり再現していただきました。

これこそが真の意味で「アニメ化」って奴なんだよなぁ。
最近のアニメ化は勝手に独自解釈を加えてたりするから困る。

記憶を取り戻した祐一は、名雪を完全放置。
「なゆきのへや」を見向きもせずに飛び出してく様は完全に名雪ルートを捨てた模様。ギャルゲ主人公の王道として吹雪く山を走り回る祐一、そしてダウン。

「ごめんな……みんな……」

いやいやいやいやッ!
そこで真琴とかワケわかんないですよッ!
ここに来て原作にはない超展開が?

次回予告、あゆモノローグに乗せての雪の描写は
ひたすら良い仕事と感心するばかり。
聞くところによれば残りあと2話、尺的にはあと1話あればあゆ編は完結できるはず。最終回まで、果たしてどうまとめるつもりか……

|
|

« 今日はひなまつりです | トップページ | アニメ感想の狭間的日記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>いなければ良かったのに

このフレーズを見て楓とさくらを思い浮かべる自分は重症。そして更にこのフレーズで二人の台詞を想像すると…ひああああ!(何

>事故
あれはいくらなんでも信号の無視し過ぎでしょう。

>真琴とか
ギャルゲー主人公の決まり事でしょうか?例え自分が前面的に悪くても思い出を美化するのは…。

>名雪
もう…もう…話の都合上、ルートは無かったという事でうわなにをするやめ(略

>助からない
最強の主婦ですから(言い切った。

投稿: シール | 2007.03.08 22:54

■いなければよかったのに
言われてみれば、最近流行の黒化フレーズですね。そんなところで先端を行ってたとは。確かに、楓とか霧乃あたりは言いそう(笑)

さくらは…そんなフレーズありましたっけ。
「音○ちゃんだけはダメなんだから!」は覚えてるんですが、黒化と言うより本性見えたりだった気がします。

■真琴とか
ここまで原作に忠実な展開を迎えてたのに急に逸れ始めたので一抹の不安が。

■最強の主婦
視聴者の10割(言い切った)は助かるもんだと思っちゃってますからねぇ……
助からないなんてサプライズは要りません。

■名雪とか
いっそ触れない展開もアリだったと思うんですが…あゆルートの設定上、それはありえないか。どう処理するかミモノです。

それでは。

投稿: 鏑木 | 2007.03.08 23:01

>さくらのフレーズ

すいません、自分の想像でした(ぉ

投稿: シール | 2007.03.15 22:41

> さくら
趣旨は似たようなものですし、無問題です!

しかしいよいよアンチメインヒロインが色濃くなってきた最近の俺です。あ、あゆは別(ぉぃ

投稿: 鏑木 | 2007.03.15 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/14134725

この記事へのトラックバック一覧です: Kanon第22話 追想の交響楽~symphony~:

» Kanon 第22話「追想の交響楽 ~symphony~」 [SERA@らくblog]
奇跡って起こせる――? 秋子さんが事故にあったことで自分を責める名雪。 名雪を慰めながらも彼女を7年忘れていた裕一。 裕一の中で、封じられた最後の記憶が甦る――。 あの森であった悲しい出来事… 裕一が7年前の記憶を封じることになった悲劇が明かされるとき… これで全ての記憶の欠片が揃ったかな。 ... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 00:14

» 『KANON』 第22話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
私、もう笑っていられないよ… ああ〜〜、とうとう、この台詞が出てきてしまいましたか… でも、原作にはなかった台詞が出てきました。しかし、その台詞は名雪さんの心情が物凄くこもっていたと思います。 『祐一と7年振りに逢うのが恐かったんだよ。もし私の事を忘れていたら…と思うと…』 それだけに、名雪さんは待ち合わせに2時間も遅れていたんですよね。 これって、結構、同人ではネタにされていて�... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 00:39

» アニメ「kanon」第22話 感想。 [夢の日々。]
第22話「追想の交響楽〜symphony〜」 ※管理人は原作未プレイです。ので、たまに変な事を言うかもしれませんがご了承ください。 祐一は、名雪と共に先生の車に乗ってゆったりと道路を走る。隣の名雪の表情は暗い。 辿り着いた事故現場。そこには、名雪が食べたいと言ったイチゴケーキが無残な形で残されていた。それを見て、肩を震わせる名雪を、祐一は見やり小さく名前を呼ぶ―― 病院で、祐一と名雪は医者から、全力は尽くすが、今の状態が続けば命の危険があると告げられる。秋子さんの状態はかなり痛々... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 17:06

« 今日はひなまつりです | トップページ | アニメ感想の狭間的日記 »