« 07年2月度検索ワードランキング | トップページ | 今日はひなまつりです »

春のラノベレビュー(4)

Dsc00287

またしても約1か月ぶりのラノベレビューです。カテゴリ「レビュー」としては
間に「なつかしのアニメレビュー」が入ってたりしますが…
既に3月、「冬の」と言うには少々厳しい時期になってしまいましたゆえ、
タイトルも「春のラノベレビュー」に衣替え。
それでありながらナンバーは従来の続きで(4)と言う姑息な俺です。

去年に買った積みラノベを少しずつ少しずつ切り崩しております…

 ↓

【カレとカノジョと召喚魔法(5)】
俺の中で貴重な「スタンダードラノベ」と位置づけてるシリーズ。
全6巻のうち第5巻といよいよ佳境になってまいりました。
実のところ1~4巻と6巻はだいぶ前から揃ってて5巻だけが
なかなか古本屋になかったもので、間隔が空いてしまっておりました。

4巻までに積み上げてきたキャラクター陣とその設定をきちんと消化してるのは
丁寧で好感が持てる。特に西苑まどかは完璧と天然を併せ持つ萌えキャラに
すっかり変貌してて、ここまで化けるとは初登場時には想像もしなかった。

前半はいつも通り?白銀雪子が中心の展開ながら、幕間に
本当の(?)主人公、水瀬遊矢の日記が挿入されており、
今後の明らかな伏線として楽しみを増幅させてくれる。

その甲斐あってか「第4章 帳の中の結末」は圧巻。
遊矢 vs 玲の息詰まる戦いから、何も知らない雪子の描写まで、
サプライズ好きの俺を喜ばせる展開続き。
つか、完全に「6巻に続く!」的な構成で、実際のところ5巻~6巻は
ぶっ通しで読んでしまったりしておりますが、6巻の感想はまた後日。

そしてこの巻は挿絵の挿入タイミングがまた神掛かっておりました。

【狂乱家族日記弐さつめ】
久々に読んだシリーズ第2巻目。
「6さつめ」まで買ってしまっているので先が長ぇー

正直、典型的な「キャラクターの顔と名前は一致していない症候群」に
侵されてしまっている俺でございますが、
この作品に限って言えば、各キャラクターの個性が濃すぎるおかげで
「顔」が分からなくても大勢に影響なし。
おそらく背景に込められているであろう、細かいメッセージングは無視して、
凶華の暴走ぶりを楽しんでおくだけで良し。

ところで、凶華の「俺脳内ボイス」は斎藤千和に強制変換されてるんですが、
これはガチだと思いません?

【涼宮ハルヒの退屈】
短編3本構成の3巻目。

題名自体に「退屈」とついてる1本目から。
これは野球大会ネタですな。
改めてアニメ版がいかに忠実に原作をなぞってるかを思い知った。
アニメから入ってしまったものとしては、
そのままテキスト化されたようにすら感じる。
そして今更ながら「妹」にも名前が無いことを再認識した。

続いて「笹の葉ラプソディ」。
これはアニメ化されてない部分ですな。
短編作ながら、地味に重要なパートを握ってる気が。
エンディングではこれ見よがしに「七夕について」と出てたんで、
意図的に回避したと見るのが妥当か。

最後に「孤島症候群」。
アニメ版はキョンとハルヒが嵐の中、崖っぷちを歩いてる様が印象強すぎて、
結末を忘れてしまっていたので普通に楽しめた。
アニメではなく、ラノベで読めば軽い推理小説モノですな。
古泉がハルヒ(と言うかSOS団全員)を騙してる時点で推理小説にはなりえないけど。ストーリーが面白い以上にこの作品はテキストが面白い、と思った。

【涼宮ハルヒの消失】
これは凄かった。
文字通りハルヒが消失……と言う半ばミスリードを誘うためのタイトルなのだが、
それだけにハルヒ登場時には本編中のキョンに見事に感情移入。

短編作「笹の葉ラプソディ」が伏線だったとは思わなかった。
つか、タイムパラドックス系の改変ネタって大好きなんですよ俺。

これは是が非でもアニメ化していただきませんといけませんよな。
ハルヒ登場までじっくり時間掛けていただいて。
人間ぽい長門も是非アニメーションで見てみたい。
第2期はほぼ確定事項ぽいですし、期待大。

全然関係ないけど、ハルヒのキャラソンのキョンバージョンが馬鹿売れなんだとか。
中の人効果も少なからずあるんだろうけど、
このフィーバーっぷりはいつまで続くんですかね……

|
|

« 07年2月度検索ワードランキング | トップページ | 今日はひなまつりです »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

>フィーバーっぷり

完全に冷めるまでですね。
しかしオリコン等でアニメ、マンガの曲が上位にランクインされても、よく無視される罠w 認めたくないという意向でしょうか。

投稿: シール | 2007.03.08 22:40

■フィーバー
踊らされる側として、どうせなら冷める前に次の手を打ってほしいものです。「God Knows」で魅せた平野綾ボーカルと京アニクオリティなら幾らでも踊らされてみせます(マジ)

オリコンはまだマシだと思うんですが、露骨なのはテレビ局ですよね。
「のだめ」あたりは普通にプッシュしてるくせに。

投稿: 鏑木 | 2007.03.08 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/14107521

この記事へのトラックバック一覧です: 春のラノベレビュー(4):

« 07年2月度検索ワードランキング | トップページ | 今日はひなまつりです »