« 映画と戦国と萌えに関する考察 | トップページ | 07年2月度検索ワードランキング »

今年の花粉は手ごわい

…と毎年言ってるCMは、今年もやってるんでしょうか?

今年は飛散量少なめと言われてる割に、
例年より症状が酷い気がします。
と言うか、九州に行ってから酷くなったような(鬱)

 :

毎年事後に気付くんですけど、
田村ゆかりさん3回目の17歳の誕生日おめでとうございます

週末分アニメ感想3本。

 ↓

【SHUFFLE!memories】
「凛ちゃんが、ボクを初めてデートに誘ってくれたんだもん。
 嬉しかった。すごく嬉しかった」

でも俺は反吐が出そうだった

本編を知らないので時系列がはっきりしないのだが、
この裏では先週見てしまった楓への放置プレイが催されていたわけだ。
どう見ても泥棒猫です本当にありがとうございました。

【B-part】
「亜沙先輩、禁止!」

吹いたww
パクリだよなこれ。
どっちかと言うと斎藤千和ボイスのヒロインにやって頂きたい!

亜麻さんの魔族設定は猫耳フードの段階で気付かずには居られないわけだが、
この展開は結構俺好みかもしれないなぁ……。

「俺には何も思いつかなかった。そして、こんなことしかできない。
 俺は亜沙さんに生きていて欲しい。
 だから、どうあっても魔法を使っていただきます」

ひぃぃぃぃぃッ!!
「楓編前編」で感じた背筋が冷える思いをまたここで喰らうとは思わなかった。
だがこれも楓編の描写があってこそ生きてくるんだなぁ……。

楓の空鍋祭りから原作では(おそらく)脇にすえられるべきポジション
キャラクターであったであろう亜沙をメインヒロインに持ち上げた本作の
意欲的なシナリオは興味深い。
それが俺の個人的な好みかどうかはこの際さておき。

【まなびストレート】
「学園祭中止のお知らせ」

って見ると、2chの定番スレを思い出してしまう俺は病的。
そういえば最近2ch見てないです。全然関係ないですけど。

えんえんと続くまなび一人演説。
一揆からイッキに流れ込んでめーちゃんの突っ込みまでの流れも鮮やか。
結局なに言ってるんだか分からないまなびに代わって、
まともの提案をするのもめーちゃん。やっぱり時代はめーちゃんだ。

「今日からここんチの子にしてください」

吹いたww
この作品の登場人物全員が年齢不詳だとは思っていたが、
よもや兄貴の彼女が理事長とはぶっ飛び設定。
この手の「若い理事長」ってたまに見かける設定だが、
現実にはありえないと思うのだが、どうか。

まなびのまっすぐごーがシリアス方向に開花した感じだが、
先週までのデキが素晴らしかっただけに気持ち微妙。
「模様替えしよう!」みたいなノリがやっぱりいいなぁ。

【松澤由美ベストアルバム】
普通に驚いた

まだ、いらっしゃったんですね……。

【京四郎と永遠の空】
「馬鹿野郎」
「ふぇぇっ?」

もうね、スタッフは狙ってやってるんでしょうけれども、
空が可愛すぎて参っちゃいます。お兄さん参っちゃいます。
マジレスをいたしますと、絶対天使の破壊が目的な
京四郎が空を抱くわけないと。

【A-Part】
いきなりのDJトークにスピーカーがぶっ壊れたかと思った。
一方、白馬を置いて湖に飛び込む京四郎。
何をやってもギャグになりますねこの男は。

「うわぁ……綺麗だなぁ」

幻想を抱いたままダイブ。
そこに現れた京四郎。
どこまでネタ野郎なんだこの男は(笑)

「キミと過ごすうちに……何かが変わり始めた」
「乾いた戦いの大地に、水がしみこんでいくように……」

ちょww
そんな素振り全然なかったじゃねぇか!
この回想の空がまた一段と可愛くて仕方ない。
今さら京四郎が何を言ったって空は俺の嫁。

「だって…私は絶対天使で」
それがなんだと言うんだ

おまww
『絶対天使の破壊』って絶対条件を軽々と破るなよ!

「カズヤ兄さんとは話したよ…心の中で。何度も…何度も…」

拝啓私のお兄様』とでもやってんのかこの男は……

【B-part】
「お休み、かおんちゃん……」

眠っているとは思えない速度とパワーでひみこのスカートを掴むかおん、
全力でキスするひみこ。やっぱりこいつらガチだ……
そもそもこのシーンの必要性がわからない

「その前に、俺にはつけなきゃいけないけじめがある」
「せつなだ」
「俺はせつなに酷いことを……本当に酷いことをしてきたんだ」

自覚症状はあったのか……

「待ってます。いつまでも待ってます!」

ちょっと待て!
そんな嬉しそうに指きりしてないで京四郎を止めろよッ!!

「まさか……あれは……」
「王子…様……」

パピヨンばりのポーズの登場に爆笑した。
楽団のファンファーレ付で登場とは、
京四郎の濃度を2倍にしたような野郎だな!
そして物凄い勢いでぶっ飛ばされる京四郎はやっぱり一流のネタ師。

「行こう……いっしょに」

これぞ俺の望む超展開(×蝶展開)。
終盤までノンストップで突っ走ったと思ったら、また理解不能な締めですよ。
京四郎と相思相愛になったところで空が王子様についてっちゃったりしたら超シュール。なにしろ相手は本物の王子様だからなぁ……。

ヒロイン特権で死ぬことは無い(と思われる)空よりもむしろ、
せつなの動向が気になり。

|
|

« 映画と戦国と萌えに関する考察 | トップページ | 07年2月度検索ワードランキング »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/14071609

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の花粉は手ごわい:

« 映画と戦国と萌えに関する考察 | トップページ | 07年2月度検索ワードランキング »