« まだ火曜日 | トップページ | AM3:55起床 »

なつかしのアニメレビュー(3)神無月の巫女

印象的なちょっと昔のアニメ作品を取り上げる短期集中シリーズ第3弾。
予告どおりこれが最終回です。
実はこの作品を取り上げたくてやりました

その作品は……これだ。

005

 ↓

【神無月の巫女@第1話】
006


「ごきげんよう。来栖川さん」

この時点でこの作品があんな化け方をするとは誰が予想しただろうか。
第1話Aパートでは親友にしてルームメイトのマコちゃんや
どうみてもヒーロー級の大神ソウマが空気になろうとは誰が予想しただろうか。

誰が見てもマリみてのオマージュ、良くて百合路線の学園モノ。(←同じ)
という視聴者を欺くには充分な完璧フェイク。

「私ね…千歌音ちゃんと会えて…
 おともだちになれて…本当に……」

誰がお友達以上の関係になってしかも別の世界のお話でもなお
「女の子同士のキスです!」とか言われる関係になると想像したろうか。

Bパート。


007_1 Dsc00253


同じ作品です

心臓マッサージやら白熱ロボバトルやら色々ありすぎて、
既に完璧視聴者置いてけぼり。

ソーマ「姫子ぉぉぉぉぉぉぉッ!!
千歌音「ハッピーバースデー
ソーマ「うおわぁぁぁぁぁぁッ!!


008_1


ソーマ「俺はッ!オロチとッ!戦うッ!姫子は渡さないッ!

拝啓私の王子様。
キスです!女の子同士のキスです!

そして何がなんだか分からないままエンディングに突入
エンディングテーマがKOTOKOってんだから恐れ入る。
第1話でココまで度肝抜かれたのは唯一。


009


「agony」は未だに神曲認定してたりする。
アニメ視聴を続けてるのはこれ以上の衝撃を求めてるからなのかもしれない。
「京四郎と永遠の空」も電波はこれに通ずるものが相当あるが、
残念ながら本作には及ばない(今のところ)。

ちなみにこの作品がOA開始した2004年10月は他にも

・舞-HiME
・魔法少女リリカルなのは
・ローゼンメイデン
・スクールランブル
・月詠-MoonPhase
・GUNDAM SEED Destiny(笑)

の放映開始時期。
著名作だけ挙げてもこのラインナップ。
前回紹介した「プリンセスアワー(W~ウィッシュ&φなるあぷろーち)」もこの時期。
マジ神掛かっておりました。
アニメの視聴本数が激増したのもこの頃からですな……

と言うか、なるべくバリエーションに富んだ映像を選んだつもりが、
姫子×千歌音ばかりだ
実際、この作品では「それが全て」なわけですけれども。

とりあえず本シリーズはこれにていったん終了。
また機会がありましたら。

|
|

« まだ火曜日 | トップページ | AM3:55起床 »

レビュー(他)」カテゴリの記事

コメント

>2004年にOA開始

なるほど…もうずいぶん懐かしい気がします。

投稿: シール | 2007.02.22 20:47

■2004年10月
なのはや舞HiMEの初代ですから、3ヶ月サイクルで新作が出てくる昨今のアニメではだいぶ昔になってきました。

それでもやっぱ頭一つ(おかしな方向に)突き抜けてるのが本作。
蝶お勧め。(作品誤)

投稿: 鏑木 | 2007.02.22 21:35

そして蝶サイコー(違

投稿: シール | 2007.02.23 17:14

 どうもこんばんはです。

>どうみてもヒーロー級の大神ソウマが空気になろうとは誰が予想しただろうか。

 そういえば彼は完全に置いてけぼりにされてましたねw
 女の子同士であそこまでやられてしまうともはや何も言えませんでした。

投稿: サトシアキラ | 2007.02.24 16:10

>シール様
ある意味、蝶とは真逆の世界観ですね。


>サトシアキラ様
お世話になっております。

■大神ソウマ
彼は最後、どうなるんでしたっけ…。それさえ全く覚えておりません。

> 女の子同士であそこまでやられてしまうと

アニメ版はボカされたんですが、コミック版は文字通り「やられてしまう」んですよね。コミック版の方でも改めて衝撃を受けました。

それでは。

投稿: 鏑木 | 2007.02.25 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/14001160

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしのアニメレビュー(3)神無月の巫女:

« まだ火曜日 | トップページ | AM3:55起床 »