« 抜糸終了 | トップページ | 癒されたいエンジェル隊 »

冬のラノベレビュー(3)

週末はドライブを兼ねて温泉に行っておりました。
あぁ、休みがもう一日欲しい……

Dsc00269

なんだかんだで前回から1ヶ月近く経ってしまったラノベレビュー第3弾。

 ↓

【涼宮ハルヒの溜息】
「憂鬱」に続く小説版の第2弾。
ハルヒの自主制作映画の話。

これはあれか、アニメ第0話超監督涼宮ハルヒによる
「朝比奈ミクルの冒険」の原作バージョンですか。
それにしたって、アニメ第0話の裏にはこんな遠大な裏設定が隠されていたとは。
アニメ版を先に見てから原作に入ると、流してしまうこともしばしばあるのだが、
(「憂鬱」の場合は典型例。サクサク読める利点もあるのだが。)
これは新鮮だった。
正直、古泉のパートとか冗長すぎて嫌になったけど。
そーゆー場面はほぼ間違いなくキョンが飽き飽きしてるので狙ってやってるのかもしれんが。

と言うわけで気分良く読了、第3弾に続きますよ。

【けんぷファー(2)】
> ナツル:白石涼子
> 紅音:堀江由衣

でお届けする(お届けしてるのは俺脳内のみ)シリーズ第2弾。
スタチャが喜びそうなキャストなんでアニメ化よろしく。

第2巻にして設定に破綻が見え隠れしてきました。

女の子ナツルが同姓同名、女の子の中の人は男の子で優柔不断(文中にそんな表現はないが、俺はそう感じた)なもんだから、
女好きの百合少女 or 男ナツルが好きなんです」(ネタバレ伏字)
な二択を迫られる事態に。
その二択の状態に作者は持って行きたかったのかな。
ここからどうやって展開させていくのかはミモノ。

だがしかし、女の子ナツルが胸を揉まれてる挿絵は反則です。

【ぼくのご主人様!?3巻】
男子高校生が異世界に飛ばされてメイド少女になっちゃったストーリーの3巻目。
といいつつ、2巻以降は本来のメイド少女の世界の話になっちゃって、
一番面白いところがもはやスポイルされてしまった感。

今回は佐倉邸にやってきた執事の中の人が実は異世界(現代日本)から
やってきた女性だったという話。
だが肝心のメインテーマはそっちではなく、吉香と真琴のラブ話。
う~ん……悪くは無いが微妙。
どうせなら現代サイドの吉朗&麻琴の話の方が面白いと思うんだけど。
元々「中の人」はこの2人だったんだし。

あとがき含めて217ページで540円はお高い気が。
それともラノベの相場ってこんなもんなのか。

■現時点の積みラノベ
終わりのクロニクル4上、下(5巻以降未購入)
カレとカノジョと召喚魔法6巻(5巻未購入)
狂乱家族日記(弐~六)
涼宮ハルヒシリーズ(5~7巻)
とらドラ!(1巻&2巻)

…だいぶ減ってきましたですな。

|
|

« 抜糸終了 | トップページ | 癒されたいエンジェル隊 »

レビュー(ラノベ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/13788900

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のラノベレビュー(3):

« 抜糸終了 | トップページ | 癒されたいエンジェル隊 »