« 冬のラノベレビュー(1) | トップページ | 壁紙リバイバル »

TBSに敬意を表する日記

22(金)、23(土)、24(日)と忘年会です。
アルコールは飲まないので内臓への負担はないのですが、
それでも3連投、しかも千葉の片田舎から全て都内は辛い。
月曜からはまだ仕事もあるわけで。
聴くところによりますと、小中高校は23日から1月8日まで
冬休みだとか。長すぎだろ!

さて、ただいま朝5時を回ったところでございます。
久々に無駄夜更かし。
そしてコードギアス~ウィンターガーデン~オーベルテューレを
リアルタイム視聴。
早速週後半分アニメ感想とまいります。

 ↓

【ネギま!?】
千和「いえ、謎のカエルです」
千和「私の謎はこのあたりじゃないかとーイイ意味で」

夕映とモツのやりとりの馬鹿っぷりがたまらん。
モツが意味不明なのはいつものことながら、
夕映のイジられっぷりは面白くて仕方ない。
あと千和ボイスによる非人間キャラの演技っぷり。

千和「ご安心ください。いい意味で」

ネギ先生チュパカブラ化ktkr!
って、全員にネタバレってどんな超展開だよ。
夕映のキス意味ねぇじゃん!
正直、見てる側置いてけぼりにしすぎだ。

ところで黒薔薇男爵の中の人が沢城ボイスだという噂を
聞きつけてちょっと気にしてみたのだが……
全然分からない(汗)
言われてみればそんな気もするし、言われなきゃ全然分からない。
沢城ボイスならあの程度の演技軽々できそうだしなぁ。

【あさっての方向】
あれ?オープニングって子供ショーコ×大人からだったっけ?
最終話専用?

「五百川はすっげぇちっこいんだよ!」
「あんな……大人なわけないだろ」

クリスピーは鉄壁の炉趣味認定。

「それってもしかして貴方のことだったりして」

今週もことみのカッコはエロいなぁ……
エロさわやか。
日ハムにそんな選手がいるんでしたっけ?

【B-Part】
「もうこれ以上、私に優しくしないでください」

もはやからだちゃんの女神っぷりは無敵です。

クリスピーは引っ込んでてください。
と言うか、クリスピー網野がお姉さんからだを
受け入れるのがちょっと急ぎすぎかなぁ。

クリスピーとからだちゃんが仲直りして、
兄貴とショーコさんもなんだか知らんが和解。

「ヒロ兄~!ショーコさ~ん!」

最後はちょいと駆け足にて終わってしまいました。
ことみの願い石登場は全く持って唐突だし。
もう1話掛けてゆっくり消化すればなお良しだが、
そこまでも求めるのは贅沢か。
てか、ショーコさん24歳だったのか……

さて総括。
こんなにデキがいいのに全然話題にならないのか不思議な作品。
それほどレベルの高い作品でござった。
素人目にみても絵に手抜きはないし、
シナリオ展開、適度な萌え加減と申し分なし。
これは間違いなく評価されてしかるべき作品。

「知ってたんですよね。俺たちが本当の兄妹じゃないって」
「これからも、妹で居ていいですか?」←コレ
「これからも、兄でいさせてください」

伝説ワード認定。
そして俺の中で本作の殿堂入り認定でございます。

【コードギアス】
熱いぜ日本解放戦線ッ!
藤堂将軍が熱すぎて燃えるバーニンハート。

ユフィ「なにがあろうと動くなと総督の厳命。だから、だから……」
厨房男「ユーフェミア副総督。お願いします。特派に命令を与えてください」

今週も正義の味方気取りUZEEEEEEEEEEEEE!!!!

年増「卑怯者!後から撃つとは!」
ゼロ「ほぉ~ではお前たちの作戦は卑怯ではないと?」

この悪役っぷりがたまりません。

年増「皇女として最後まで戦うのみっ」
ゼロ「フンっ、つまらん選択を……」

このタイミングで突入するスザクはホント空気嫁。

カレン「そんな武器なんかぁっ!」

機体の中のカレンがグリグリ動きすぎで最高です。

ゼロ「これ以上は消耗戦になる!撤退だっ!」

伝説のワード

消 耗 戦(By ファフナー)


ゼロ「冗談じゃない、お前に借りを作ったままで」
C.C.「やめろっ今はっ……」

物理戦闘から精神崩壊まで今週は盛りだくさんですな!
そしてシーツーが初めて人間らしさを見せた。
と言うか、人間じゃないんじゃないかとさえ思ってただけに、
この展開はある意味において意外。

ゼロ「だから……一度しか言わないぞ。ありがとう」

これは驚いた。
ルルーシュは極上のツンデレ。

「っ、また軍人か」
「おれんじじゃないんれす……ゼローーーッ!」

今週もオレンジktkrww

【次回予告】
次回はシャーリーたんの恥らう表情がッ!?
しかし2週間先とは長い……

【おまけ】
名無しキャラに中の人の苗字そのまま使ってる?
杉山とか千葉とか。

【Winter Garden前編】
SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!

確かにでじこの面影はあるが、普通に美少女化してることに驚きを禁じえない。
まったくTBSはたまに途方も無く良い仕事をするから困る。

【CM】
「♪せかいーでいちばーん」

たしかにこりゃ凄い伝説だ。
このタイミングでそのCMのインパクトは凄まじい。

【本編】
真田「お待たせしました。さんぜんさんびゃくえんになります」

どうみても別人です本当にありがとうございました。

真田「これがそのケーキ」
沢城「なるほどーでは食べよう」

どうみても別人です本当にありがとうござ……
いや、こっちはむしろ面影があるな
毒舌キャラっぷりもさることながら、この年齢の沢城さん(仮称)を
難なく演じきってる沢城ボイスの天才的演技に感服。

【B-Part】
「姉ちゃん幸せそうだねー」
「えっ?そう?どのへんが幸せそう?みえみえ?」
「全体的にミエミエ」

普通に平凡に面白いじゃねぇか……

「はじめまして」
「あ。妹です」
「姉がお世話になっております」
「はじめましてセンバタクローです」

こんなやりとりしてなお、真田さん(仮称)と沢城さん(仮称)の
名前を出さない徹底っぷり……

センバタクローは物凄い軟派野郎な気がするんですけど、
中の人の演技が微妙な同棲女は……妹と言うオチを期待する。

> 超ジャンボなメロンパン

「デカすぎ」

あのですね、私昨日ジャンボメロンパンを食したんですよ。
カリカリモフモフを食べたくなりましてですね。
で、袋開けた第一声が

「デカすぎ」

実際、食べ終わるまでに10分以上掛かりました。
ホントどうでもいい話。

> デジ・キャラット 真田アサミ
> プチ・キャラット 沢城みゆき

普通に吹いたww
超ストレートに役名あるじゃねぇかッ!!

いやーこれは面白かった。
真田さん(仮称)が物凄く常識人(しかも恋する乙女)になってるのに
沢城さん(仮称)がそのままと言う構図は天才的。
だいたい真田さん(仮称)はナントカ星の王女様じゃなかったのか…

【ローゼンメイデンオーベルデューレ前編】
銀様キター!

アリプロキター!

銀様が果てしなくカッコええ。
そしてこれだけのためにアリプロを投入する心意気を高く買う。

「♪大掃除ー大掃除ー終わったらはなまるさーん」

野さくUZ(略
ところで人形一派が揃ってるってことは時系列としては
トロイメントより前ってことでOK?
偽ローゼンも出てきてるしトロイメント本編の真ん中?

沢城「まったく。油断も隙もあったものじゃないわね」

って、これ中の人が真田&沢城じゃねぇかッ!!
そんな共通項があるとは普通に気付かなかったわッ!
しかも沢城が突っ込みって構図が全く同じでバロスww

銀様「そうねぇ。私はその花が嫌い。ヘドが出るくらい」

これは極上の銀様プレイですね!

【B-Part】
サラ「なんでもないわ、お父様。ちょっと思い出し笑い」

なにこの真田アサミアワー

銀様「お父様……何処に行ってしまったの……」

なんてしおらしい銀様。これは破壊力抜群。

【エンディングテーマ】
霜月はるか/Kukuiまできっちり用意する鉄壁ぶりに感動。

あさっての方向、コードギアス、ウィンターガーデン、
ローゼンメイデンとこんなクオリティの高い作品群を
取り揃えるTBSはまったく油断ならん放送局です。

|
|

« 冬のラノベレビュー(1) | トップページ | 壁紙リバイバル »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

あぁ、ウインターガーデン&ローゼンメイデン、リアルタイムで見ればよかった。録画はしてあるのですが。
何を血迷ったか、3時間、外で星を見ていまして(笑)。
今から前編を見て、そのまま後編に突入しようと思います。

投稿: 電波部長 | 2006.12.23 20:02

■電波部長様
ウィンターガーデンが予想以上に良い出来で
とてもご機嫌な気分です。
アニメは絵が良けりゃいいってもんじゃないんだなぁ、と再認識。だからと言ってキャベツが許されるわけではないですが(ぁ)

私事ですが、今宵から明日の夕方まで出かけてきますゆえ(カラオケです)、後編を見るのは最速で明日の夜……身悶える思いです。

投稿: 鏑木 | 2006.12.23 21:32

確かトロイメントの前で合ってたような気がします。

>オレンジ
やっぱりwwwwww

>でじ
びっくりしますた。良い意味で。

ところでGiftの絵は終わったんですねw

投稿: シール | 2006.12.25 12:59

>シール様
■オーベルテューレ
結局、トロイメントの前でも後でもメインの銀様ストーリー
には関係ないお話でした。しかしこれは正直、特番の存在意義自体を疑ってしまうデキでした…

■オレンジ
本編のシリアス展開を全部持ってくオレンジ卿に嫉妬。

■ウィンターガーデン
意外と評判が芳しくなかったようで。
俺は大好きなんだけどなぁ…

■Gift壁紙
元々期間限定を銘打ってましたし。
なにより俺自身が耐えられませんでした…

投稿: 鏑木 | 2006.12.25 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/13167066

この記事へのトラックバック一覧です: TBSに敬意を表する日記:

« 冬のラノベレビュー(1) | トップページ | 壁紙リバイバル »