« ちょwwココログww | トップページ | 冬のラノベレビュー(1) »

K・H・Nにようこそ

最近は小ネタとアニメ感想だけで食いつないでる感じの
更新(Kousin)のフリ(Huri)をした日記(Nikki)にようこそ。

ホントくだらないことだけは人一倍頭に浮かぶから困ります。

続々最終回を迎えつつある週前半アニメ感想。

 ↓

と、このGift背景で何事もなかったかのように記事は書き続けます(ぁ)

【NHKにようこそ最終回】
とても素晴らしい結末を迎えられました。
とても感動しました。(以上棒読みで)

えーっと。
後半からひたすら微妙路線でそのまま最後まで突っ走ってしまいました。この作品に感動路線とかイイ話を期待してたわけじゃないしなぁ……。
はっきり言ってしまえば期待はずれ。

「踊る赤ちゃん人間」を失ったのが致命傷でした。

【銀色のオリンシス】
ミスズ「わたしはズィルバを倒す。トキトは渡さない!」
幻聴「ぉぉぉぉぉぉオレンジだとぉッ!?」

さすがギアスの力、ミスズちんが全力で操られてるぜ!
……と、先週自分で振ったネタを今週も引きずってみましたが、
ミスズちんの行動は実際、ギアスぐらいでしか説明できない。
まさか本当にコウイチとトキトの区別がつかないわけないだろ?

銀髪「執政官め!無駄死になど!」

無駄死にじゃないかもしれないが、所詮は犬死

それにしたって急に反執政官勢力とか登場されてモナー。
「おりんしすしぇる」ってなんだよ?ちゃんと説明しろよ。

厨房「なにが……何が起きてるんだ」

だからその言葉そのままスタッフに(略)

シン「この聖地を荒らす侵入者などみんな死に絶えてしまえばいい!」
厨房「テア、あいつのマシン、この前と違う。黄金に輝いてる!」

わかった。あの機体アカツキだろ
今こそ不可能を可能にッッ!
(エンディングテーマ:「君は僕に似ている」←うまいこと言ったつもり)

ミスズ「トキトはテアを選んで仲間を捨てたりしない!」
厨房「ボクは皆を捨てたわけじゃ」

あまりにミスズちんが正論すぎて困る。
トキトに至っては反論になってないし。
セリフくらい考えてやれよスタッフ。

ミスズ「テア、テアって……あなたはそんなに……テアだけが大事なのッ!?」

糸電話キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!(誤認識)

正直、霧乃同様どう考えてもトキトに非があるからなぁ。
トキト&テアに肩持ちすることはどうやったって無理。
べ、別に恵まれないヒロインが好きなわけじゃないんだからねっ!

厨房「っ!おまえはいったいなんなんだよ!」
幻聴「アンタはいったいなんなんだーっ!」

迂闊にも吹いた。
そこまでインスパイヤしなくても良いだろうに。

次回最終回。
広げすぎた風呂敷はちゃんと畳んでくださいね

【らぶドル最終回】
ひつじが50000匹って、1匹1秒だとしても13時間以上だぜ?
検証くらいちゃんとしよーぜー?

さて本編。

モモーイ「ヒナが使えばレンジはドン」

冒頭から2度も爆発するのには笑った。
が、笑いどころは逆にそれくらいしかない。
かと言って超展開もサプライズもない超凡作。

最後の最後まで一度たりともボーダーを越えたことがない、
本来当然に第1話で切るべき作品を見続けた甲斐があった?
最後まで「絶対ダメだろこれ」ってネガティブ期待を裏切らなかった点は評価したい。悪い意味で。
強いて言えば、オンエアしたこと自体がネタ
あと、中の人の無駄遣い(ぉ
あと、酒井(略

ところでこれ「あのね商法」(第13話をDVD収録する手法)やるらしいですね。この世紀の凡作でいったい誰が釣られるんだww

【ちょこッとSister最終話】
消防「イクイク絶対!」
桃子「ゆりぴょん?」
釘宮「残念だけど、私は行けないわっ!」
釘宮「だからアンタんちのしみったれたパーティなんて行く暇ないの!」

これは超出席フラグ!

前の年のクリスマスにちょこがやってきてから一年。
ちょこがクリスマスプレゼントみんなに配り歩いて、出演キャラクター総ざらい。おじさんから黒豹まで魅力的なキャラクター陣に一切の隙なし。構成も完璧だ。

はるま「クリスマスプレゼントなら、もう一生分もらったからな」

兄貴め、イイこと言うじゃねぇか!

千和「メリーうにゃにゃん♪
みんな用意はいいかにゃー?
それじゃーレッツにゃんし~んぐ♪」

さすが千和www締めはバッチリだぜ!

これに留まらず花屋から温泉女にKEEPOUT、
ゆきちゃんとクロまでフォローするとは参った。
ねこにゃんダンス無しでも大満足。

総括。
OA前にどこかで聴いた「最強の妹アニメ」って触れ込み。

えー?いまさら妹?
しかも、シスプリを差し置いて最強よばわり?
無理無理www
挙句、半年前の「事前評価」はこんなこと書いてました。

> この期に及んで妹作品。完全にブームとか外してる気がするのだ
> が、どんな化け方をするのか、一縷の期待。

よもやここまで大化けするとは

斉藤桃子ボイス×ちょこだけでも破壊力抜群なところに、
第2クールから投入された釘宮ボイス×金髪ツインテールでツンデレ、千和ボイス×ぬこにゃんのお姉さんはもはや最強の布陣。
今後しばらくこれを上回る布陣は考えられぬ。

それにしても……斎藤桃子は出演作に恵まれてるなぁ。
その期待に応えるだけの実力もお持ちであると認識した。
特定の属性のキャラクターに関しては絶対無敵。
それに引き換え恵まれないクローバーその他も居るわけですけれども、今後の活躍とちょこシス第2弾の展開を期待しております。

|
|

« ちょwwココログww | トップページ | 冬のラノベレビュー(1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35958/13143726

この記事へのトラックバック一覧です: K・H・Nにようこそ:

« ちょwwココログww | トップページ | 冬のラノベレビュー(1) »